CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
9月17日(土)羽咋見学 [2011年09月21日(Wed)]

9月17日(土)、いきものマイスターの講義として羽咋市の取り組みを見学してきましたので報告します。

能登半島の付け根部分に位置する羽咋市は現在、JAはくいと共同で自然栽培実践塾という講座を開き、外国産農産物にも負けない強い競争力を持つ安心・安全の国産無農薬農産物の生産を目指しています。また、羽咋市東部の富山県との県境付近に位置する神子原という中山間地区では、地域の棚田で収穫されるブランド米「神子原米」がローマ法王にも献上された米として一躍有名になったように、羽咋市は地域を挙げて農業による地域活性化に取り組み、広く注目を集めています。今回はいきものマイスターとして、農業という地域資源活用の実例について、お話を伺うことになりました。

この日はMRO(北陸放送)による「こどもみらいキャンペーン」という取り組みにより、親子19組による稲刈り体験「里山自然塾in神子原」 がありました。まずは神子原の稲刈り体験参加者に混じり、神子原の取り組みについてのお話を聞きます。

お話が終わり、親子19組は稲刈り体験へと出発します。この日の為に金沢など外部からやって来たようですが、台風が迫ったせいか、この日は結構な雨模様。ちょっと大変そうです。

体験参加者は稲刈りですが、私達は羽咋市農林水産課課長補佐の高野誠鮮氏から、羽咋市の現在の取り組みについてお話を伺います。高野氏は羽咋市の地域おこしの仕掛け人ともいうべき人物です。高野氏は神子原米のブランド化、農村と大学生の交流事業「烏帽子親制度」、地域の農家による直売所「神子の里」、他県からの12家族35名の移住促進などの実例を交え、市役所やJAに頼らない地域おこしと農業活性化の展望について、詳しくお話をして下さいました。更に、高野氏は現在の取り組みを羽咋だけではなく能登全域に広げたいとの展望を示されました。受講生からの質問に対しても、高野氏は1つ1つ真剣な回答を寄せてくれます。

高野氏との意見交換も終わり、昼食の後は自然栽培実践塾による自然栽培の水田を見学します。この実践水田は現在、自然栽培実践塾による稲作を実験的に行っている水田で、羽咋市や隣の宝達志水町を合わせて数箇所存在しています。実践水田では基本的に無農薬・無肥料を旨としており、実践塾の講師を務める木村秋則氏によれば、自然の力を利用すると共に、収量増加を目指す農法でもあります。

まずは神子原の実践水田へ行きます。場所は、今回の会場である神子原の集会所から歩いて10分ほどの圃場内にあります。管理するのは、農業を志す羽咋市農林水産課の職員です。現在、いきものマイスター受講生の研究課題として、羽咋市と宝達志水町の実践水田4箇所に棲む生き物を観察して自然栽培による生物多様性への影響を調べていますが、特にこの神子原の水田は他の水田に比べ種類・数共に多くの生き物が見られます。収穫が近いことから既に水は抜かれていましたが、この水田ではツブゲンゴロウ、ヒメゲンゴロウ、ゴマフガムシ、ミズカマキリなど豊富な水生昆虫が見られる他、アマガエルやトノサマガエルなどのカエル類、ギンヤンマやショウジョウトンボ、シオカラトンボ、キイトトンボ、オオイトトンボなどのトンボ類が多く見られます。豊かな里山が広がる神子原という地域の自然の豊かさと、自然栽培がこうした生き物を育んでいるのかもしれません。


次に神子原を出て沿岸部の千路町へ向かいます。千路町には羽咋市西岸沿岸部の潟湖である邑知潟の近隣を埋め立てた圃場が広がります。神子原と異なり平野部の水田ですが、近隣には眉丈台地という野山が広がります。水田ではクモ類やカエル類が多く見られる他、シオカラトンボやノシメトンボなどの中型トンボがよく見られます。この日は天気に恵まれませんでしたが、ノシメトンボを見ることが出来ました。



実践水田の見学を終え、この日の見学は解散です。羽咋には他にも、地域の美味しい野菜や工芸品を販売する神子原の直売所「神子の里」、更には神子原に隣接する菅池地区には自家製のカレーやコーヒーがとても美味しい神音カフェ など、見所は尽きません。今回はいきものマイスターの講義として伺いましたが、休日にフラッと訪れるのもお奨めですよ。
小学生の体験学習 [2011年09月20日(Tue)]
2011年9月20日(火)、珠洲市立三崎小学校の児童15名がいきものマイスターの拠点「里山里海自然学校」に体験学習をしに来てくれました。これは「こども森の恵み推進事業」という事業によるもので、小中学生らによる森づくり体験活動を目指す事業です。また今回は、里山林の整備等を含む「県民の理解と参加による森づくり」の推進を目的とする、いしかわ森林環境税のソフト事業でもあります。


この日は自然学校が管理する保全林を見せて、植物観察や保全活動を体験して貰う予定でしたが、生憎の雨模様。代わりに自然学校で里山についてのお話を聞いて貰い、薪作りの作業を体験して貰うことにしました。

まずは自然学校1階の里山里海学習室で、里山について学習して貰います。
ここでは案内用のパネルを使い、かつての里山の暮らしと現状について1つ1つ説明します。
かつて珠洲で盛んに行われた製塩業を例に、多くの薪の為に松を伐ってはまた植える持続可能な里山の暮らしを紹介しました。しかしガスや電気が普及した今日の生活では里山の木々は伐られずに放置されてしまいました。放置された里山の林では木々の世代交代がストップしてしまい、やがては老木ばかりでひしめき合う暗い林になってしまいます。こうなると、林を元に戻すことはとても大変です。生き物も住めず、マツタケを始めとした美味しいキノコも育ちません。里山を利用する暮らしによって里山を保全することの大切さを児童に伝えました。


次に、水槽でゲンゴロウを見せてみます。児童らは興味津々の模様です。
今回見て貰ったのはゲンゴロウとクロゲンゴロウです。かつては野山に普通だったゲンゴロウも、今では良好な里山にしか生息していません。自然の豊富なこの奥能登でも、ゲンゴロウを見たことのない人が増えています。今回の児童15名の中でも、実際にゲンゴロウを見たことがあるのは2人だけでした。
こうしたゲンゴロウ類の多くは里山の溜め池に棲んでいます。溜め池は農業用水の為に使われますが、農業をやめてしまうと溜め池の管理が止まって溜め池の水が滞り、溜まる一方となって荒れ、やがては埋もれてしまいます。溜め池も林と同じように、人が使わなくなると生き物が棲めなくなってしまいます。ここで私達は豊かな里山と生き物を支える、こうした里山の暮らしの大切さを児童に伝えます。
ここでは更に、珠洲でかつて行われていた瓦造りのことなどをお話して、学習室の案内は終わりです。


学習室で勉強して貰った後は、薪作り作業の体験です。
今回は、伐採した薪を集めて紐でまとめる作業を体験して貰いました。集めた薪を隙間なく詰めて薪の束を作る作業です。上手く詰めるのが意外に難しそうですが、班ごとに分かれた児童らはみんなで力を合わせて、10個ほどの薪の束が出来ました。


今回の学習はこれで終了ですが、三崎小学校の児童は来週もう一度来て、一緒に植物やキノコの観察会や保全活動に参加してくれることになっています。次回が楽しみです。
地域再生人材 大学サミット in 能登 [2011年09月14日(Wed)]

2011年9月2日(金)、輪島市で地域再生人材大学in能登 公開シンポジウムという催しがありました。これは、金沢大学、石川県、奥能登2市2町(珠洲市、輪島市、能登町、穴水町)により構成される能登キャンパス構想推進協議会が開催した催しです。地域再生を担う人材育成を行う大学、ここに紹介させて頂きます。


1.開会挨拶

2.基調講演1.
「気仙沼の海山川の復興から地域再生へ」
講師:NPO法人 森は海の恋人
代表 畠山重篤

3.基調講演2.
「地域活性化への新たなアプローチ」
講師:金沢大学イノベーション創成センター長
教授 吉國信雄

4.各大学ポスター発表

5.パネル討論「ニッポンの転機!大学は地域再生、その人材養成にどうかかわればよいのか」

6.閉会挨拶
7.各大学ポスター発表


石川県知事、金沢大学長、輪島市長らによる挨拶の後、基調講演に入ります。ここでは、講演のうち代表的なものを紹介します。

基調講演1.
「気仙沼の海山川の復興から地域再生へ」
講師:NPO法人 森は海の恋人
代表 畠山重篤


畠山氏は宮城県気仙沼市で牡蠣養殖業を営みながら、豊かな海を支える栄養分の供給源としての森の役割に注目し、森を育むことで海を育むことを目指す植林活動「森は海の恋人」運動に取り組まれています。この活動は大きな注目を浴び、畠山氏の元には環境学習の為に多くの小学校が授業に訪れ、また畠山氏自身も各地でこの取り組みについてお話をされています。ここ奥能登でも、金沢大学によるプログラム「能登里山マイスター」養成プログラムの講師として2度、講義をされている他、牡蠣養殖を通じて穴水町と交流をしてきたと言います。
その畠山氏が活動する気仙沼市ですが、3月11日の地震と津波により地域の養殖業は大きな痛手を蒙りました。養殖場と施設は壊滅、魚市場もようやく3分の1が回復した程度といいますが、畠山氏によれば、この地域での地震や津波警報は過去に何度もあり、最初は「またか?」という感覚であったといいます。津波の記憶といえば約50年前のチリ地震(1960年)のものであり、過去の話です。しかし今回の津波の規模は1000年に1度のものであり、チリ地震と比較しても約10倍に及ぶ、未曽有の災害でした。畠山氏の集落も50件中40件が流され、高台にある畠山氏の自宅周辺はみな流されてしまったそうです。
その他にも畠山氏は、これ程の規模の災害にも関わらず盛岡の病院には殆ど怪我人が来なかったという話を交え、津波に巻き込まれるというのは生きるか死ぬかしかなく、怪我人など出ないという津波の恐ろしさを語りました。
今回の講演で輪島のホテルに宿泊した際も、海が見える部屋というのは実に落ち着けなかったといいます。体験者にしかわからない津波の恐ろしさを如実に物語っていると言えるでしょう。

今回、畠山氏は津波の体験談を交えつつ、それでも各方面からの暖かい支援により畠山氏の地域は復興の途上にあることを語りました。震災後2ケ月は生き物の姿すら見えなかった海にもようやく魚が戻り始め、生態系は回復の兆しを見せているといいます。これほどの大災害を経験しながらも、畠山氏の意気込みは決して衰えてはいないようです。

この後、畠山氏は「森は海の恋人」運動を始めた過程、それでも各方面からの暖かい支援により復興の途上にあるとのことです。2ケ月間は生き物の姿すら見えなかった海でも、生態系は少しずつ回復していると言います。海と無関係と思われていた川の上流域の汚染やダム建設が海に赤潮をもたらした事実とダム建設中止を成功させた過程、ダム建設後に流域でのシジミ漁が壊滅した長良川の事例などを交え、森の落ち葉や川の水によりもたらされる鉄分が海にとっていかに大切であるかを説明しました。
現在では、畠山氏の取り組みは教科書でも紹介されています。畠山氏の活動は多くの共感を呼び、環境学習の為にと各地から多くの小学生がやって来ます。そこでは、畠山氏は小学生らにプランクトンネットで掬った水をコップで飲ませるといいます。沿岸域は人の出したものを真っ先に吸収する海域であり、人の流したもののことを何よりも実感出来る方法だと言います。
畠山氏の元には「朝シャンのシャンプーの量を減らした」「畑に農薬や除草剤を出来るだけ使わないよう、父親と話した」といった、体験授業を受けた子供達の感想が寄せられています。漁師らしい体験を通じての環境問題を伝える取り組み、そして震災を経験して尚衰えない畠山氏の今後の取り組みには、ますます注目が集まることでしょう。



パネル討論
「ニッポンの転機!大学は地域再生、その人材育成にどうかかわればよいのか」
パネル討論では、里山マイスター能登学舎長の川畠先生、畠山氏、吉國先生、科学技術振興機構プログラム・オフィサーの清水了典氏、群馬大学教育学部の結城恵先生、佐渡市生物多様性推進室長の山本雅明氏、いきものマイスター代表・里山マイスター代表・金沢大学の中村浩二教授、里山マイスター修了生で炭焼き職人の大野長一郎氏らがそれぞれの活動を紹介しました。そのうち、幾つかをここで紹介します。

群馬大学教育学部の結城先生は、群馬大学が取り組む「多文化共生推進士」養成ユニットという事業を紹介しました。外国人人口の多い群馬県では、地域ごとに外国人の構成相も異なり、取り組むべき課題も多岐に渡ります。そうした多様な人々の共生の為に「多文化共生推進士」を育成し、問題解決に取り組むことを目指すものです。外国人人口の増加による多様な社会を潤滑に進めようという意思が明確に示されるお話でした。


いきものマイスター代表・里山マイスター代表・金沢大学教授の中村教授は現在能登で進めている「能登キャンパス構想」について触れました。現在、大学などの高等教育機関のない能登ですが、能登全体をキャンパスとして地域再生に取り組むのが、「能登キャンパス構想」のテーマです。この能登キャンパス構想には大学は勿論のこと、奥能登の2市2町も積極的に関わっています。大学と自治体による、能登を地域再生のモデルとしようとする意気込みが伝わります。

里山マイスター修了生で、珠洲で炭焼き業を営む大野長一郎氏は、周囲の炭焼き職人が減少する中でも炭焼き業を続ける若手の炭焼き職人です。その大野氏は炭焼きに付加価値を付ける為に、茶道用のクヌギによる炭作りに励むと共に、そのクヌギの植林を体験交流事業として行っています。こうした活動は能登の豊かな里山の保全に繋がり、更にクヌギ林など広葉樹林の増加は二酸化炭素の吸収、森の保水力増加にも役立つことから、大野氏は炭焼きが山を守ったという自負を持って自身の活動に取り組んできました。
奥能登は決して産業に恵まれた土地ではなく、仕事に就くことも容易ではありません。そんな状況を反映してか、都市に出た若者に対して「帰ってくるな」と言う親も増えたといいますが、大野氏は住んでいる土地への誇りを持って貰いたいと語ります。大野氏のような人材を支えていくことは、地域にとって何よりも大切なことでしょう。


当日は他にも様々な活動紹介を始め、多くの意見交換が為されました。また、会場には各地の大学による地域活性化事業を紹介するポスター発表がありました。今回の催しは、地域活性化に繋がるこうした活動の一端、更には能登以外の地域での取り組みに触れる重要な機会であったといえましょう。