CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年11月 | Main | 2011年01月»
<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
国際生物多様性年クロージングイベント [2010年12月24日(Fri)]

この2010年は、国連の定めた生物多様性年です。今年10月には名古屋で開催されたCOP10が注目を集め、今までになく「生物多様性」という言葉が飛び交う1年となりました。
その2010年もあと数日で終わりです。国際生物多様性年の締めを務めるクロージングイベントが12月18日・19日、金沢で行われました。
18日は各国代表や国連機関関係者らの参加による記念式典など公式の行事でしたが、19日には一般公開の「地球いきもの広場」が同時開催されました。
会場では金沢大学、JICA北陸、いしかわ自然学校、春蘭の里実行委員会など県内での保全や地域問題に取り組む団体が、展示を行いました。

地球いきもの広場



私達は体験・展示ブースで、奥能登での保全活動を紹介する資料を持参して参加しました。今回、私達が紹介したのは奥能登でのビオトープによる保全活動です。

石川県は、県土の6割を里山が占める自然豊かな地域です。ゲンゴロウ・トンボ・カエルなど身近なものとして、日本人に親しまれてきた生き物の多くは、里山に棲んでいます。一方で、今日の過疎高齢化による里山の放棄は相次ぎ、またエネルギー事情や食料事情の変化は人々の暮らしを一変させ、里山は荒廃の一途を辿りました。
こうした里山と保全の問題に取り組む為に、私達は奥能登の耕作放棄地からビオトープ水田を創出しました。


創出したビオトープにはゲンゴロウ・トンボ・カエル、水生植物など貴重な里山の生き物が多数定着し、ビオトープは一定の効果を挙げました。一方で、多くのビオトープはボランティアを中心に運営されており、このビオトープも例外ではありません。この効果を持続させる為には、ボランティアだけでは限界があります。

そこで私達は、ボランティアだけに頼らずビオトープによる保全活動を継続する為の取り組みを考えました。その取り組みの一環として、今年はビオトープの一部にクワイを植えつけ、12月に収穫を行いました。
クワイ

クワイは水田雑草であるオモダカの栽培品種です。「芽が出る」ことから茎塊が縁起物としておせち料理の煮物などに利用されることから、特に11〜12月に市場に出回ります。全国的には広島県福山市、埼玉県越谷市などが有名です。石川県では羽咋市神子原が産地として知られ、更に加賀野菜15品目の1つともされています。
クワイやオモダカなど、内部がスポンジ状の茎は大型ゲンゴロウ類の産卵場所として利用されます。そこで、クワイの栽培による大型ゲンゴロウの保全と作物収穫による一石二鳥効果が、今回のクワイ栽培の狙いです。
クワイによる保全を視覚的に訴える意味も込め、会場には水槽を置いて生きたゲンゴロウを展示し、更に前日に収穫したばかりのクワイを用意しました。今では滅多に見ることのないゲンゴロウに足を止めて下さる方も大勢いました。更に、私達の保全の取り組みへの寄付を募り、応じて下さった方には袋詰めにしたクワイをお持ち帰りして頂きました。お陰様で寄付は16170円集まり、クワイも全て配ることが出来ました。
試行錯誤しながら初の試みということもあり、今回のクワイの収穫量は100個程度と決して多いものではありませんが、今後も私達は更にクワイの栽培を続け、更に放牧の場として、または地域住民らによる観察会の場として、ビオトープの積極的な活用を推進しています。今後はクワイを始めとしたビオトープの保全と持続的利用を軌道に乗せ、地域に貢献することが私達の目指すところです。


「国際生物多様性年」と定められた2010年は間もなく終わります。
しかし保全と環境問題に対する取り組みは未だ発展途上であり、まだ何も終わっていません。私達は2011年も更に里山保全の問題に取り組んでいきたいと願っております。

では皆様もどうか、良いお年を。
いきものマイスター12月の講義 [2010年12月15日(Wed)]

今年も残すところ、10日を切ってしまいました。年末に向けて忙しい日々が続く毎日ですが、良い年越しを迎える為にも頑張って乗り切りたいものです。
石川県でも12月中旬には雪が降り、地域によっては積雪も見られました。いきものマイスターの拠点である里山里海自然学校では雪がチラついたのみでしたが、それでも大変寒い1日でした。こんな日に野外作業が当たってしまうと、本当に大変です。

さて、いきものマイスターでは翌年、2011年2月に奥能登で写真展を予定しています。これは、受講生やスタッフが面白い写真を撮り貯めていることから始まった企画です。能登を盛り立てることと、能登の里山暮らしに思い入れの強い受講生らの撮り貯めた写真は、実に個性が強く反映されました。
今回、12月4日の講義では珠洲出身の写真家、足袋抜豪氏を講師に招き、写真撮影講習と写真展実施についての話し合いを行いました。
水中写真家 足袋抜豪 ウェブサイト







各講義について、1つずつ触れていきたいと思います。
(1)受講生の写真品評
写真展を開催するには、展示出来る写真を把握する必要があります。まずは、受講生らが持ち寄った写真を並べ、意見を出し合いました。
ここでは、以下の受講生2名の写真について触れてみます。

(大瀧さん)
受講生の大瀧さんは、自身が取り組むタコすかしを始めとした海についての写真を披露しました。特に大瀧さんが活動する赤崎の海岸風景は素晴らしく、大瀧さんの「この風景を残したい」との想いが如実に表れていました。
素晴らしい風景写真の数々ですが、一方でこうした風景が徐々に消えていく地域の現状に、大瀧さんは複雑な想いだと語ります。一見綺麗に見えても時期によってはゴミだらけ、という撮影場所もあるといいます。
タコすかしガイドを続けて来た大瀧さんだけに、海の変化については誰よりも敏感です。タコすかしを始めた8年前には綺麗だった岩肌が、今では苔が目立つようになり、更に歩けば沈殿物が舞い散るようになったといいます。大瀧さんは、こうした環境の変化を写真に残したいと考えています。


(Aさん)
Aさんは御主人と東京から輪島に移り住んだデザイナーです。かつてアメリカに住み、アメリカ生活に魅力を憶えていたAさん夫婦は、帰国後に訪れた能登半島にアメリカ以上のカルチャーショックを受け、ついには輪島に移り住むようになりました。
東京〜アメリカと渡り歩いたAさんにとっても、能登半島の暮らしはそれ以上に刺激的なものだったのか、日常の驚きと感動を切り取ったような写真がAさんの特長です。
デザイナーらしく、田舎暮らしの1コマもAさんが撮影すればどこかお洒落で、ポップアートのようでした。


他の受講生や、スタッフの写真も実に個性豊かなものとなり、講師の足袋抜氏も興味津々のようでした。足袋抜氏も、受講生も、そして私達も写真展が楽しみになりそうです。


(2)野外での撮影実習
北陸では秋から冬にかけて悪天候が続き、奥能登も例外ではありません。野外活動をする上では大変な季節ですが、この日は幸い安定した天候に恵まれました。
しかし、冬の空模様は先が読めません。天気が変わる前に、里山里海自然学校が管理する保全林へ、カメラを持ってお出かけです。
保全林を散策しながら、マクロを用いた接写のコツや、水面などを撮影する時の反射を抑える方法などを実践的に学びます。


既にキノコの本格的な季節は過ぎましたが、目を凝らして林床を眺めれば、やはりキノコが見つかります。

写真は、アシナガタケというキノコです。
余談ですが、子供と一緒に山歩きをすると、キノコがよく見つかるそうです。きっと、視線の高さが異なるのでしょう。


以前に保全林で行われた観察会では、子供がソライロタケという非常に珍しいキノコを見つけました。


この日は、12月には珍しいナツアカネを目撃しました。秋にはノシメトンボやリスアカネという赤トンボの仲間がよく飛んでいましたが、11〜12月にめっきり減ってしまった為、嬉しい再会です。
写真を見ると、翅の傷みがよくわかります。活動シーズン終わり頃のトンボや、寿命間近のチョウなどは、こうした翅がボロボロの個体が珍しくありません。きっと厳しい生存競争をかい潜ってきたのでしょう。

ナツアカネ 保全林12041353_10_01.JPG


(3)展示についての意見交換
写真の品評も終わり、ここから先は写真展の本番に向けての話し合いです。
日時や展示会場については候補を絞っていますので、具体的な写真の見せ方や解説についての意見交換を行いました

ターゲット:地域の子供・親子
特に子供に対しては、わかりやすい解説が重要です。
テーマ:生物・風景・環境・里山里海
伝えるのは、『能登の素晴らしさ』です。



それでは皆様、残り僅かですが健康に気をつけて新年を迎えましょう。