CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«里なび研修会in石川県珠洲市 | Main | 1月21日の講義:生物多様性について、など»
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
成果物報告:能登のいきもの大図鑑2(能登のカエル) [2012年01月05日(Thu)]
新年あけましておめでとうございます。2012年も、能登いきものマイスター養成事業を宜しくお願いします。本年度も残り僅か、「いきものマイスター」の修了課題完成に向けて頑張りましょう。

能登いきものマイスター養成事業は、能登の里山生物を紹介する為の資料として、「能登のいきもの大図鑑」という下敷きを作成しています。昨年度能登の水生昆虫(水生甲虫・水生カメムシ類)の見分け資料を、そして今年度は能登のカエル類の見分け資料を作成しました。この資料は、いきものマイスターが地域内外の人達に生物多様性を通じて能登の自然を紹介することを目的としています。




地域の生物多様性というのは、その地域固有の自然の歴史や現状を大きく反映するものです。例えば、河川があまり発達しない地域では溜め池が発達し、溜め池に依存する水生昆虫が多く見られますが、同じ奥能登でも河川沿いに成立した里山では溜め池に依存する水生昆虫は少なくなります。このように、そこにいる生き物の種類を見分け、どんな生き物がどんな場所に棲んでいたかを伝えることは、能登の里山を伝える上でも非常に大切です。
その一方、生き物の見分けというのは簡単ではありません。見た目が酷似する種、見分けに専門知識を必要とする種、更には専門家でも見分けの困難な種も多く、生き物の見分けは細心の注意を必要とします。また、図鑑などの資料は一般的に国内全域を対象としています。その為に特定の地域に対応した資料が少ないことも、生き物の見分けという作業を更に困難なものにしています。

そこで、私達は能登という地域に特化した、誰にでも簡単に使用出来る生き物の見分け用教材を作成することにしました。昨年度はゲンゴロウやアメンボ、オオコオイムシなどの能登の水生昆虫類、そして今年度は能登のカエル類です。

表側では、カエルの棲み場所を水田、溜め池、河川、森林の4つに分けました。更に卵の形状や産卵方法、繁殖時期や非繁殖時期の過ごし方などカエルの棲み場所利用について説明を行いました。例えば、産卵の為に水田を利用するヤマアカガエルや、産卵の為に水田や沼地を利用するアズマヒキガエルは、産卵時期以外は森林など水場を離れて生活します。

裏側では、カエルの見分けの説明を行いました。昨年度の水生昆虫類の見分けには簡単な検索表(背中が硬い・柔らかいなど、明瞭な特徴によりアミダくじ風に先を辿ることで見分けを行う表)を用意しました。そして、今回作成した教材では、能登に棲むカエル類11種を「指先に吸盤を持つ」「背面に2本の明瞭な線を持つ」「吸盤も2本の線も持たない」という3つのタイプに分けました。これにより見分けたいカエルを大まかに分けた後は、更にそれぞれのタイプ別項目の説明に従ってカエルの種類を見分けられるようになっています。
例えば、指先に吸盤を持つカエルを見つけたとします。この時点でこのカエルは「指先に吸盤を持つカエル」の項目にある、ニホンアマガエル・カジカガエル・シュレーゲルアオガエル・モリアオガエルの4種のどれかに絞り込むことが出来ます。もしこのカエルの鼻筋に黒い線があればニホンアマガエルです。鼻筋に模様はなく、瞳が赤褐色であれば、それはモリアオガエルだと判明します。吸盤も背中の線も持たないカエルであれば、「吸盤も背中の線も持たない」項目の中のツチガエル、アズマヒキガエル、トノサマガエル、ウシガエルの4種に絞り込むことが出来ます。その先は更に細かな特徴に従い、背中に線状のイボ状突起が目立つのであればツチガエル、目の横に大きな円形の鼓膜があればウシガエル、などと種を絞り込むことが出来ます。

今回の教材はこのように、能登のカエル類だけを対象としたことで対象を絞り込みやすく、更に特徴に従って簡単にカエル類の見分けが出来ることに拘りました。

更に書籍の資料と異なり、この「能登のいきもの大図鑑」はプラスチック製の下敷きです。水や泥などの汚れを気にすることなく、野外で使うことが出来ます。いきものマイスターの皆さんも是非、「能登のいきもの大図鑑」を使って能登の自然案内をしてみましょう。


次回、1月21日(土)に予定しているいきものマイスターの講義の1つとして、この「能登のいきもの大図鑑」を使用した講義を予定しています。この資料の使用方法と使用目的を通じて、能登の里山と生物多様性についての理解を深めて頂きたいと考えています。
Posted by 野村進也 at 13:43 | 成果物 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/588963

コメントする
コメント
カワゲラの会様

返信が遅れて、申し訳ありません。
着払いで宜しければ送付致しますので、連絡先をお伝え下さい。

連絡は、以下のアドレスにお願いします。
snomura@staff.kanazawa-u.ac.jp
Posted by: 野村進也  at 2012年05月11日(Fri) 10:13

こんにちは。
「能登のカエル」と「水辺の甲虫・カメムシ」の下敷きを、観察会などで使いたいと思いました。分けていただくには、どうしたらよろしいでしょうか。
Posted by: カワゲラの会  at 2012年04月22日(Sun) 19:14

>さわ様
書き込みありがとうございます。一般では流通していないのでAmazonでは入手出来ません(笑)。是非、さわ様にもご利用頂ければと思います。
Posted by: 野村進也  at 2012年01月07日(Sat) 15:18

あ〜、これほしい。

Amazonに売っとらんよね。

当たり前やないか〜。
Posted by: さわ  at 2012年01月07日(Sat) 02:19

>高桑様
リクエストありがとうございます、ブログ担当で作成を担当した野村と申します。非常に励みになります。「能登のいきもの大図鑑」を是非ご活用頂ければ幸いです。
Posted by: 野村進也  at 2012年01月06日(Fri) 11:35

明けましておめでとうございます。

ぜひ、観察会でも使いたいので3部ほど頂きたいのですが、よろしくお願い致します。
Posted by: 高桑進  at 2012年01月05日(Thu) 19:55