CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«河川の生き物調査体験 | Main | 映画「降りてゆく生き方」上映会が羽咋でありました»
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
10月15日(土)いきものマイスター講義(タコすかし体験) [2011年10月19日(Wed)]

2011年10月15日(土)に、いきものマイスターの講義を行いました。
今回の講義は、能登の伝統漁法「タコすかし」の体験を通じて、能登の海の現状に触れつつ、能登の自然を伝える技法を学ぶことが目的です。尚、今回の講師を務める能登町ふれあい公社の大瀧信男氏はいきものマイスターの修了生(1期生)であり、宿泊施設に勤める傍ら観光客にタコすかしの体験案内をしています。大瀧氏には昨年の講義でもタコすかしの案内をして頂きましたが、実に好評でした。ここ最近では漫画「釣りキチ三平」やテレビでも紹介されており、見聞きしたことがある、という人もいるかもしれません。

さて、このタコすかしとは一体どんな漁法でしょうか?特に、「すかし」というのは聞き慣れない言葉です。今回の講義はタコすかしの解説から始まりました。
「すかし」とは能登の言葉で騙すことを意味します。つまり、タコを騙してひっかけようという漁法です。タコをすかすには、ほおずきや布きれ、笹の葉、蟹の疑似餌などを使います。これを竹竿の先に取り付けて海の中をなぞるように動かし、おびき寄せられたタコをもう鉤をつけたもう1本の竿で引っ掻けて捕まえます。


まず大瀧氏は、昨年度のいきものマイスターの研究課題として取り組んだ、能登半島のタコ漁調査の結果を紹介しました。大瀧氏が生まれ育った能登町では「タコすかし」と呼ばれるこの漁法ですが、伝統漁法としてのタコ漁は能登町だけではなく、珠洲市、輪島市、七尾市、穴水町、志賀町など、奥能登から中能登にかけて広く行われてきました。大瀧氏によると、上記地域のうちでも岩場の多い珠洲市、輪島市、志賀町、能登町では竹竿を使ってマダコを狙うタコすかしと同じ漁法が行われています。地域により蟹の疑似餌、ヨモギ、笹の葉、ほうずき、イカゲソ、タコの内臓などと、用いる餌(疑似餌)もまちまちです。呼び名も、タコすかし(能登町)、タコとり(珠洲市内)、タコさすり(輪島市大沢より東側)、タコさすり(志賀町全体と輪島市大沢まで)、タコあさり(能登島、日本海側)などと、地域ごとに実に多様です。一方で砂場が多い七尾湾を囲む七尾市や穴水町では竹竿と釣り糸を用いてマダコを狙う「タコつり」が行われているとのことでした。タコ採り1つを取っても、その方法は地域ごとの特色が反映されており、実に多様です。大瀧氏はこのタコすかしの研究や体験指導を通じて体験型観光の発信、地域の連携などに取り組みたいと熱く語りました。



座学のあとは、みんなで自然学校の前の海に出て、いよいよタコすかしの体験です。胴長を履き、タコすかし用の竿を持って早速海に入ります。胴長で海に入る経験も滅多にないせいか、胴長が水圧で締まることにより体がギュウッと締め付けられる感触に驚く受講生もいます。
自然学校の前の海は岩場です。大人の腰まで程度の浅瀬が広がり、胴長であれば十分動けます。受講生らは岩の隙間や海藻の中などといった、タコの潜みそうな場所を疑似餌で探り、タコを狙います。
早速、大瀧さんの竿にタコがかかりました。疑似餌に誘引されたタコは、竿を取られそうなくらいの結構な力で竿を引っ張るので、タコの力に負けないように竿を支えつつ、もう1本の鉤つきの竿でタコを引っ張り上げます。


どうやら、タコの活発な時間になったようです。あちこちでタコがかかり始めました。竿を引っ張るタコの力に驚きつつ、注意深くタコを引っ張り出します。鉤から引き剥がしたタコを網の袋に入れるのですが、抵抗するタコが腕に絡みつきます。腕からタコの吸盤を引き剥がすのは大変です。この時に噛まれて痛い思いをする人もいたようですが、それでもタコが採れたので満足気でした。この日のタコ採りの成果は7頭でした。1人で2頭以上採る人、惜しくも逃がした人など成果は様々でしたが、誰もが一様にタコすかし体験を楽しんだようでした。


この後、採れたタコを捌き、茹でてみました。内臓を取り除き、塩揉みして吸盤内の付着物やぬめりを取り去ったタコを茹で上げてみました。タコ採りの面白さと採れたてのタコの美味しさを味わい、タコすかしの楽しさを満喫する講義になりました。実体験を通じて、尚且つ楽しんで能登の自然を学ぶ今回の講義は、受講生にとっても能登の自然を伝える技術としてとても勉強になったことでしょう。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/588959

コメントする
コメント
>よっしーさん
吸盤の威力は強力でしたよ。自分達で採ったタコをその場で捌いて茹でる体験は、なかなか出来るものではないです。自然を伝える方法は色々ありますが、体験を絡めた方法はやはり説得力があります。

タコすかし体験は、いしかわ自然学校のプログラムとしても紹介されてます♪
http://i-shizengakko.net/pgm/n-3328.html
Posted by: 野村進也  at 2011年10月21日(Fri) 09:56

タコすかし、おもしろそうですね。
ずいぶん前ですが、近くの海へキスを釣りに行って、タコが釣れてしまったことを思い出しました(^O^)

あの吸盤のすごさはスーパーで売ってるタコでは体験できないものですよね(笑)
Posted by: よっしー  at 2011年10月20日(Thu) 21:14