CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
http://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
第5回協働環境調査報告書の訂正版の発行予定とPDFデータ版発売延期について [2014年12月24日(Wed)]
★2017年12月2日追記
本報告書冊子版は、おかげさまで本日完売となりました。
PDFデータ版は、引き続き販売中です。以下記事をご参照ください。
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/290


既報のとおり、
「第5回 都道府県、主要市におけるNPOとの協働環境に関する調査」報告書
の記載内容に誤記があることが判明し、報告書および添付のCD-ROM の訂正版
の作成・確認作業を進めております。
今回の確認作業には、調査にご協力いただいた中間支援センターのお力も
お借りして、総力を挙げて進めておりますが、
報告書およびCD-ROMの訂正版(以下「2015年1月版」)の発行は、
2015年1月末となる見込みです。
報告書を寄贈・送付させていただいた自治体・調査実施団体のご担当者さま、
報告会ご参加者、報告書ご購入者のみなさまには、
1月末から2月頭にかけて、当方より2015年1月版の調査報告書およびCD-ROM
を発送させていただきます。

また、調査報告書の訂正に伴い、
2015年1月5日に発売予定としておりましたPDFデータ版の報告書の
WEB販売を延期し、2月頭に販売開始いたします。
(2月以降右記サイトから直接ご購入ください http://goo.gl/6IRT3p )
  
度々の訂正でみなさまに多大なご迷惑をおかけしましたことを、
重ねて心よりお詫び申し上げます。
引き続き、訂正版(2015年1月版)の報告書の発行に向けて確認作業を
進めてまいりますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
代表者 川北 秀人
本調査担当 星野 美佳
調査事務局 (特)岡山NPOセンター

本調査についてのお問い合わせ・ご連絡先
hoshino.iihoe@gmail.com
070-6971-3523
自治体における「社会責任」(SR)への取り組み調査報告会を千葉でも開催! [2013年09月25日(Wed)]
自治体における『社会責任』(SR)への取組み調査」報告を兼ねた、
「自治体による社会責任(LGSR)推進セミナー」を、
 全国各地の市民活動支援センターとともに実施しています。


10月10日(木)18:00〜20:30には、
1010chiba.jpg
ちば市民活動・事業サポートクラブ
さんのご協力のもと、千葉市で
『自治体における「社会責任」(SR)への取り組み調査報告会 in ちば』を開催します!

本報告会では、 社会責任の手引きとなる
ISO26000/SRの趣旨を確認、他の自治体の
事例を共有し、今後の取り組みについて考えます。

自治体における「社会責任」とは何か、
調達原則や条例等、自治体のしくみの中で
どのように「社会責任」を果たすのか、
調査結果から見えてきた自治体の取り組みについて
ご報告します。

*本セミナーは終了しました。
 開催概要を見たい方は「続きを読む」をご覧ください。
続きを読む...
「自治体における『社会責任』(SR)への取組み調査」報告書販売開始! [2013年05月27日(Mon)]
「自治体における『社会責任』(SR)への取組み調査」
報告書販売開始!

〜すべての組織に問われる「社会責任」(SR)に、自治体はどれだけ取り組んでいるか
都道府県・政令指定市・県庁所在地市の現状と課題を明らかに〜

2010 年11 月、すべての組織の社会(的)責任に関する国際規格ISO26000が発行され、
日本でもこれに対応する国内規格として、JIS Z 26000 が2012年3月に発行されています。

自治体は、社会責任(SR)への取り組みの方針の明文化や、環境負荷の削減を、どれだけ
進めているでしょうか?
また、工事や備品の発注や業務の委託に際して、調達先の法令順守や環境負荷削減などの
社会責任への取り組みを、どう求め、促しているでしょうか?

よりよい地域づくりの主要な担い手である自治体にとって、環境・健康・人権・安全をはじ
めとする社会責任への取り組みは、行政自らの日常業務において実践を進めるのみならず、
地域の企業や団体にも促すことが不可欠です。

その取り組みの現状と、今後に向けた課題を正確に把握するために、
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]では、一般財団法人ダイバーシティ研究所
に委託して、全国すべての都道府県・政令市・県庁所在地市(計98)を対象に、
「自治体における『社会責任』(SR)への取り組み調査」を実施しました。
(調査詳細はこちら:http://blog.canpan.info/jichitaisr/

多くの自治体のみなさまに回答のご協力をいただき、本報告書を発行いたしました。

自治体における社会責任への取り組みの現状と課題、
そして、今後どう進めるべきかについて、この機会にぜひ確認してみませんか。

自治体の政策企画や調達のご担当者だけでなく、
自治体と取引や関係を持つすべての人や組織に、お読みいただきたい報告書

☆全98自治体の調査結果入りCD-ROM付
¥2,100(税込)で販売中☆


LGSR表紙.jpg
報告書概要

タイトル
自治体における「社会責任」
(SR)への取組み調査
〜これからの地域経営を左右する地方自治体の「社会責任」対応の現状を可視化し、課題を具体化するために〜

発行日
2013年6月発行


冊子全54ページ(調査結果の概要、各設問の調査結果)
+CD-ROM(全98自治体の調査結果データ)

*今回の調査対象自治体は全都道府県(47)、政令指定市(20)、政令市以外の県庁所在地市(31)の計98自治体です。

価格:2100円(税込、送料別)

発行者:IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
〒104-0033 東京都中央区新川1-6-6
[TEL]03-6280-5944 [FAX]03-6280-5945
[E-mail]office.iihoe@gmail.com
[URL]http://blog.canpan.info/iihoe/

調査実施受託:一般財団法人ダイバーシティ研究所
[URL]http://www.diversityjapan.jp

申込方法
1)添付のチラシをダウンロードし、申込用紙欄に記入、FAXでお送りください。
(FAX:03-6280-5945)
LGSR_book_chirashi.pdf

2)下記のフォ−マットを利用し、Eメールにてお送りください。
(Eメール:office.iihoe@gmail.com)
 報告書に請求書を同封してお送りいたします。
---------------------------------------------------------------
[Eメール申込フォーマット] 送付先:office.iihoe@gmail.com

【申込書籍】
・『第1回 自治体における「社会責任」(SR)への取組み調査』

【お名前】
(            )

【ご住所】
(〒    )
(                            )
【TEL】(          )
【FAX】(          )
【Eメール】(          )

【必要書類】
納品書:(   )要 (   )不要 
見積書:(   )要 (   )不要
*報告書のお届け時は、請求書と郵便振替用紙を同封いたします。
(銀行口座もございます)

請求書お宛名:(                )
*空欄の場合は上記お届け先お名前で発行いたします。

その他、報告書お届けについて特にご希望がありましたら、下記に記載ください。
□ 書籍代に送料を含めたかたちで金額を記載してほしい。
□ 請求書発行日付は抜いてほしい。
□ 入金後、領収証を送付してほしい。
□ その他(                             )
---------------------------------------------------------------------
自治体SR調査報告のご案内 [2013年05月22日(Wed)]
『自治体における「社会責任」
(SR:Social Responsibility)への取組み調査』
 調査報告のご案内


IIHOEでは、一般財団法人ダイバーシティ研究所とともに、
昨年(2012年)10月より「自治体における「社会責任」
(SR:Social Responsibility)への取組み調査」
を実施してまいりました。
(詳細はこちら:http://blog.canpan.info/jichitaisr/

本調査は計98の自治体(都道府県・政令市・県庁所在地市)を対象として、
多くの自治体のみなさまに回答のご協力をいただき、おかげさまで
2013年6月に報告書を発行見込みです。
ご協力いただいた自治体のみなさま、誠にありがとうございました。

この調査結果をもとにした下記のセミナーを大阪と東京で開催いたします。

(本報告会は終了いたしました。ご案内の詳細は「続きを読む」をご覧ください)
続きを読む...