CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
http://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
『ソシオ・マネジメント』第4号「成果を最適化するための助成プログラムのコミュニケーション調査」報告書 発売開始! [2017年05月31日(Wed)]
助成による成果を最適化するために、
助成機関と申請者との間のコミュニケーションは、どうあるべきか、
現状はどう行われ、どんな課題があるのか。


IIHOEでは2017年2月〜3月にかけて
「成果を最適化するための助成プログラムのコミュニケーション調査」
を実施しました。
(調査の目的やねらいなどの概要についてはこちら↓)
 http://blog.canpan.info/iihoe/archive/356
その調査結果の報告とIIHOEからの提案をまとめた「ソシオ・マネジメント」
第4号の、冊子版を発行(6月14日)いたしました!


★PDFデータ版ご希望の方は、以下DL-MARKETのサイトからお申込みください。
 【「ソシオ・マネジメント」第4号PDFデータ版購入はこちら】


助成プログラムの「募集」から「成果の発信」までの各段階で、
助成する側と申請する側のコミュニケーションがどのように行われているのか。
「何をどう聞く」と、より良い成果・効果を導くようコミュニケーションが
改善されるのか。
事業の成果や工夫をどう発信・報告しているのか、どう行うべきか。
そして各機関の書式・手続きを、プラットフォームや成果の共有へとどう進めていくか。

36の助成機関を対象とした2つの調査
【調査1】「申請書と報告書の書式調査」
【調査2】「申請受付から報告開示までのコミュニケーション調査」
をもとに、傾向と改善への提案をまとめています。

傾向(一部抜粋)
◆Q&Aの公開は進んだが、要項や書式の改善につなぐ活用は進まず
◆7割で申請書データを手作業入力
◆8割が進捗管理システム導入せず、申請時の電子データの活用も進まず
◆約半数が成果目標と行為目標の書き分けを求めているが、重要性・必要性の解説は2割強
◆採択・不採択の理由などの審査結果は、記録するが公開せず
◆半数の機関が、報告は一部の事業のみ要約して公開
◆6割の機関で助言や追加的支援を実施
◆「期日遅れ」、「記載不備」、「計画・予算変更」対応の事務負担が大きい

助成先団体とのコミュニケーションに悩む企業・行政・財団など助成機関の
ご担当者はもちろん、申請する側の立場の方にも、助成金によってより良い社会を実現する
パートナーとして何が期待されているのかを知る、貴重な調査結果です。

この調査結果、およびIIHOEからの提案を、
助成機関と被助成者・申請者とのコミュニケーションの向上のために
ぜひお役立てください。

*チラシ(PDF)はこちら↓
smr04_chirashi.pdf

*調査の設問一覧(PDF)はこちら↓
smr04_setsumon.pdf
-------------------------------------------------------------------------
ソシオ・マネジメント 第4 号

成果を最適化するための
助成プログラムのコミュニケーション調査


【発行年月】2017年6月
【発行元】IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
【頁数】54ページ
【価格】冊子版:2,000円(税・送料別)、PDFデータ版:1,500円(税別)

【目次】
 ■調査の概要
 ■調査結果の要約
 ■【調査1】「申請書と報告書の書式調査」調査結果
 ■【調査2】「申請受付から報告開示までのコミュニケーション調査」調査結果
  □2–4 NPO からの申請に関する質問への対応
  □2–5 申請情報の電子データ化
  □2–6 申請情報の電子データの活用方法
  □2–7 申請書以外の追加的な情報のやりとり
  □2–8 選考・審査における採点と、その結果の活用
  □2–9 選考・審査結果の記録と活用
  □2–10 採択後の助成事業に対する、各種手続きの進捗管理の実施
  □2–11 助成先からの事業報告提出と報告書式提供のタイミング
  □2–12 助成先からの事業報告の受理方法
  □2–13 助成で得られた成果の発信
  □2–14 助成で得られた効果の波及促進
  □2–15 採択決定後の事業へのアドバイス
  □2–16 助成実施後の評価
  □2–17「 事務負担が大きい」と感じる業務
 ■まとめ
 ■調査対象助成機関一覧

smr04_c1.jpg

-------------------------------------------------------------------------
お申し込み

PDFデータ版ご希望の方は、以下DL-MARKETのサイトからお申込みください。
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=492631
*DL–MARKETをご利用の際には、会員登録をしていただく必要がありますので、ご了承ください。

冊子版は、下記お申込み用紙
moushikomiyoushi-1706.doc
でお送りいただくか、
下記のお申込みフォームをメール本文に貼りつけて、お送りください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
冊子版 ソシオ・マネジメント第4号
「成果を最適化するための助成プログラムのコミュニケーション調査」を
【  】冊、申し込みます。

お名前:
請求書のお宛名:
お届け先ご住所:〒
連絡先お電話番号:
その他、お届けにあたってのご希望(□を■にするなどでご選択ください。)
 □請求書には(冊子代金と送料を分けず)送料込みの金額を記載してほしい。
 □見積書・納品書を同封してほしい。
 □見積書・納品書・請求書には、発行日付は入れないでほしい
 □その他:

*恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。
*領収証は、お振り込み時の金融機関発行の控をもって、かえさせていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<お申し込み先>
電子メール:office.iihoe@gmail.com
FAX:03−6280−5945
コメント