CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
http://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
8/22〜開催!【戦略的CSR塾】CSR担当マネジャーのための連続講座+ケーススタディ [2014年06月27日(Fri)]
2013年まで「ステークホルダー・エンゲージメント塾」(グローバル企業編)
として実施してきた本講座。
2014年度からは、「戦略的CSR塾」として新たに開催いたします!
今年は名古屋版も開催!名古屋版の詳細はコチラ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CSR担当マネジャーのための連続講座+ケーススタディ
   【戦略的CSR塾】
  環境管理から対話、労働、人権、グローバルへ
―歴史と事例から学ぶ、戦略としてのCSR推進塾―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★本塾はお申し込みを閉め切らせていただきました。

2020年・30年の世界と日本にどう備えるか

国内でさらに進む少子多老化、海外でさらに進む競争の激化と新興国・
途上国市場への進出。製品輸出から現地生産、さらに市場の多様化と
競争激化に対応しうるグローバル本社制へ。
これまでの延長線上ではない2020年・2030年を視野に入れた
戦略で臨む企業は、CSRを「責任」ではなく「次に求められる基盤」
と認識して意欲的に取り組みを進めています。

「環境だけ」から「環境も人権も」へ、
「社内だけ」から「調達から販売後の使用・廃棄まで」へ、
そして「日本国内・男性中心」から「世界標準・多様な人材の活躍」へ。


社会責任への取り組みの進化も、これまでの延長線上でとらえていては、
事業や会社の持続可能性を高めることはできません。
日本の、そして世界のトップランナーは、どう取り組みを進めているのか。
2020年・2030年の世界と日本に備えて、自社と社会の持続可能な
成長を両立する戦略をどうつくるか。
日本のトップ企業の取り組みを、15年以上にわたって促し支え続けてきた、
IIHOEの経験と知見の総力を挙げた連続講座です。

*****************************************
【日時】
■連続講座
8月22日(金) 9月5日(金)
9月19日(金) 10月3日(金)

18:00〜20:30 *初回は18:00〜21:00

■フィールドワーク
9月26日(金)

(10時〜18時頃 現地集合・現地解散予定)
場所:(株)デンソー 大安製作所(三重県いなべ市)(名古屋駅集合を予定)

■ヒアリング(希望者)
9月25日(木) 

(15時〜18時頃 現地集合・現地解散予定)
場所:ブラザーコミュニケーションスペースブラザー工業(株))(愛知県名古屋市)

■ケーススタディ(グループごとに日程調整)
少人数のグループで、各社の課題に基づくケーススタディの取材を実施します。

※原則として全回ご参加いただける方が対象ですが、どうしても参加できない日が
 ある場合は同組織内の別の方と交替でご参加いただくことも可能です。

【連続講座会場】
日本自然保護協会(NACS−J)会議室

(東京メトロ 茅場町駅 徒歩6分)

【参加費】
3万円

【定員】
15名程度



【内容】
■連続講座
第1回[8月22日(金)]
10年先を見通したCSR課題

(CSRコミュニケーションの歴史と課題。これからの10年で取り組むべき
 課題は何か)

第2回[9月5日(金)]
先進事例から学ぶ、社内外との対話

(自社にとって最も重要なステークホルダーとこれからどう対話するか)

第3回[9月19日(金)]
現場をどう巻き込み、グループ・取引先に展開するか

(自社に今後求められる課題と取り組みは何か。どう取り組むか)

第4回[10月3日(金)]
ケーススタディ 発表  先進事例から学ぶ、CSR取組みの実践と課題

*グループで個別のヒアリングを実施、ケーススタディ内容を発表し合います。

■ケーススタディ
少人数のグループで、各社の課題に基づくケーススタディの取材・まとめを実施。
CSRとステークホルダー・エンゲージメントにおける重点課題を、各自の企業
での優先度から挙げていただき、その課題を共有する3名程度のチームをつくります。
各社の課題に沿った先進取組み企業を可能なかぎり紹介しますので、グループで
ヒアリングを実施し、国内外の先進事例を調査して発表していただきます。 
*初回時およびその後のメール等でグループづくりとケーススタディ取材先の選定、
調整を行います。

■フィールドワーク[9月26日(金)]
(株)デンソー 大安製作所(三重県いなべ市)訪問 (*詳細は参加者に連絡)
ボトムアップによる省エネ・環境配慮の徹底、CSRマネジメントのグループ展開と
仕入れ先への展開について、最先進企業の1つである(株)デンソーの現場から学びます。

■ヒアリング[9月25日(木)]
ブラザー工業(株)訪問 (愛知県名古屋市)
海外グループ会社へのCSRマネジメントの展開について、最先進企業の1つである
ブラザー工業(株)から学びます。

CSRjuku2014_chirashi.jpg

↓お申込み・内容等詳細は下記のチラシ内容をご覧ください
CSRjuku2014_chirashi.pdf

↓申込用紙(ワードファイル)のみのダウンロードはこちら
(申し込み締め切り:8月18日(月))
★本塾はお申し込みを閉め切らせていただきました。
CSRjuku_moshikomi.doc

【主催】
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

【協力】
株式会社デンソー(フィールドワークとしての視察にご協力いただきます)
ブラザー工業株式会社(ヒアリングにご協力いただきます)
(公財)日本自然保護協会(NACS-J)(会場ご提供)
*****************************************
(本件についてのご連絡先)
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 担当:星野
〒104-0033東京都中央区新川1-6-6
問合せ:070-6971-3523 hoshino.iihoe@gmail.com

★本年は(一般社団法人)SR連携プラットフォームさんのご協力を得て、
本塾の名古屋版(一部短縮版)も開催します。
名古屋版についてはこちら↓をご参照ください。
  【戦略的CSR塾】@名古屋

(ご参考)
昨年の開催概要はこちらをご参照ください↓
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/225

昨年の「ステークホルダ‐・エンゲージメント塾」第6期(グローバル企業編)
ご参加者の感想

・座学だけではなく、企業訪問を通じてご担当者の生の声を伺うことができました。
また、講義も豊富な事例が盛り込まれていて内容を身近に感じることができました。

・同じ課題・違う課題をもつメンバーが一緒に様々なCSRの取り組みを学べる機会は
ここしかありません。自分でもできる勇気がわきます。

・大変だけど勉強になるから、と言われて参加しましたが、思っていた以上に収穫が
ありました。期間が短くて詰込み的になったので、もう少し時間をかけられるとよい
と思いました。

・CSRのグローバルな浸透、推進方法を知ることができたのは大きな成果です。


ぜひ、ご参加をご検討ください!
不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。
コメント