CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
http://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
NSR(NPOの社会責任)のアセスメント:進捗度と重要度のフォーム [2013年06月24日(Mon)]
IIHOEが(般財)ダイバーシティ研究所とともに実施している
「NSR(NPOの社会責任)取り組み推進プロジェクト」の中で、
ISO26000の中核主題を自組織に当てはめて、
取り組むべき課題をアセスメントするための独自のフォーム
を作成しました。

取り組むべきそれぞれの事柄に対し、団体にとっての
重要性とリスクの大きさを計り、重要度をランク付けした上で、
取り組みの進捗を管理するためのフォームです。
自組織の課題のアセスメントにぜひご利用ください。

フォーマットはこちら↓
26000_item (blank).xlsx

<本フォームの使い方>
ISO26000の主要課題別 関連する行動、期待される行動のそれぞれについて、
1.重要性ランクを3段階評価
 1(低)…わが組織にとっての重要性は低い。 
 2(中)…わが組織にとっての重要性は普通。
 3(高)…わが組織にとっての重要性は高い。

2.リスクと要実現性ランクを3段階評価
 1(低)…わが組織ではもう実現できている、またはわが組織の活動内容や組織状況上、
      対応の必要はない(ので、新たに取り組む予定はない)。
 2(中)…わが組織では、一部実現できている
      (ので、今後継続して改善していく必要がある)。
 3(高)…わが組織では、まだ実現できていない
      (ので、今後新たに取り組んでいく必要がある)。

その結果、点数の高い項目(3×3=9点や3×2=6点)の中から、
特に重要な項目中心に取り組みを検討し、実施する。

*IIHOEのアセスメント結果(2013/5/9時点)も公開しますので、ご参照ください。
 こちら↓
 26000_item (iihoe2013).pdf

注:
 本書式中の「期待される行動」については、
 「日本語訳 ISO26000:2010 社会的責任に関する手引」
 (ISO26000国内委員会監修 日本規格協会出版)を参照しつつ、
  IIHOEにて作成いたしました。
  ISO26000の概要や詳細については、上記資料、またはISO/SR国内委員会
  http://iso26000.jsa.or.jp/contents/
  をご参照ください。

 なお、本書式はSR推進のためにIIHOEが無償で提供するもので、
 営利を目的とするものではありません。
コメント