CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

「地球上のすべての生命にとって調和的で民主的な発展のために」を設立目的に、「社会事業家のマネジメント支援」、「ビジネスと市民生活を通じた環境問題・社会的課題の解決」、「2020年の地球への行動計画立案」に取り組むNPOです。


検索
検索語句
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]さんの画像
http://blog.canpan.info/iihoe/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iihoe/index2_0.xml
ステークホルダー・エンゲージメント塾【グローバル企業編】第6期受講者募集! [2013年08月23日(Fri)]
IIHOEでは本年もCSR担当部署の方々向けの
連続講座+フィールドワーク+ケーススタディ
「ステークホルダー・エンゲージメント塾」を開講します!
ぜひご参加をご検討ください。

********************************************************
CSR担当マネジャーのための連続講座
「ステークホルダー・エンゲージメント塾」
【グローバル企業編】
(第6期:2013年8月〜10月)

********************************************************


本講座は終了しました。
講座内容を見たい方は「続きを読む」をご覧ください。

CSR推進部署の役割が、CSR報告書の制作・発行になってしまっていませんか?

これからの社会の変化を見通しながら、自社が近い将来にどうあるべきか、
国内外のベスト・プラクティスから直接学びながら見定め、
自社の取り組みに活かしてみませんか?

CSR主管部署の本来的な役割を問いながら、
CSRコミュニケーションのこれまでの取組みと課題、
社内外のステークホルダーとの対話の方法を体系的に学び、
各社の担当者が連携して先駆的なケースを分析し、
相互に情報を交換できる場を設けます。

特に、グローバル企業共通の課題である
「CSRマネジメントのグループ・取引先への展開」や、
「海外事業所での取り組み促進」「日常業務へのCSR視点の落とし込み」
について、先進企業に直接学んでいただきながら、自社の取組みに活かして
いただける場をつくります。

CSR取組みの本来的な実践と課題を、先進事例とともに学びましょう!

*****************************************
【日時】
■連続講座:
8月30日(金)、9月13日(金)、
9月27日(金)、10月18日(金)
いずれも17:30〜20:00

■フィールドワーク
10月4日(金) 
(10時〜18時頃 現地集合・現地解散予定)
場所:(株)デンソー高棚工場ほか(愛知県安城市)

■ヒアリング(希望者)
10月3日(木)
(15時〜18時頃 現地集合・現地解散予定)
場所:ブラザー工業(株)本社(愛知県名古屋市)

★このほか少人数のグループで、各社の課題に基づくケーススタディの取材を実施します。
(グループごとに日程調整していただきます)

※原則として全回ご参加いただける方が対象ですが、どうしても参加できない日が
 ある場合は同組織内の別の方と交替でご参加いただくことも可能です。

【連続講座会場】
日本自然保護協会(NACS−J)会議室
(東京メトロ 茅場町駅 徒歩6分)

【参加費】
3万円

お申込み・内容等詳細はこちらのチラシ内容をご覧ください
SHE06_chirashi.pdf

申込用紙(ワードファイル)のみのダウンロードはこちら↓
SHE06_moshikomi.doc
(申し込み締め切り:8月23日(金))

【主催】
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

(本件についてのご連絡先)
IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 担当:星野
〒104-0033東京都中央区新川1-6-6
問合せ:070-6971-3523 hoshino.iihoe@gmail.com

ご参考
昨年の開催概要はこちらをご参照ください↓
http://blog.canpan.info/iihoe/archive/191

(昨年のご参加者の感想)
・先進企業のヒアリングで、自社課題がはっきりとつかめた。
 また、一緒に学んだ方々とのネットワークを築けたことがよかった。

・先進的CSR推進企業の取り組み方にふれ、自社がまだまだ遅れていること、
 CSRを社内に根付かせる活動のしかたを学びました。

・10年・20年先を見据えた、会社の立ち位置の確認も含めた長期的視点の
 バックキャスティングの考え方や、取組先進企業の直接訪問インタビューの機会
 はなによりも大きな学びとなった。
コメント