CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年11月 | Main | 2017年01月»
測候所でクリスマスイベントが開催されました! [2016年12月27日(Tue)]

 飯田市旧飯田測候所で開催中の橋北イルミネーションフェスタに合わせて、12月23日(祝)にクリスマスイベントが行われました。
 地区の皆さんや下伊那農業高校生徒さんによる飲食や農産加工品の販売、豚汁のふるまいなどがあり、夕方から大勢の人で賑わいました。

 IMG_3608.jpg

 IMG_3604.jpg

 会場では、測候所を管理するおひさま進歩エネルギー株式会社と、NPO法人南信州おひさま進歩による電気自動車のデモンストレーションも行われました。
 南信三菱自動車販売株式会社にご協力をいただき、電気自動車ミニキャブ・ミーブの電気を使って、地元農産物を使ったホットワインと野菜スープをふるまいました。
 夕方から冷え込んできたため温かなおもてなしは来場者に好評で、2時間ほどで品切れとなりました。

 IMG_3612.jpg

 17時からは、牧野飯田市長も出席してイルミネーション点灯式がスタート。
 橋北地区のコーラスグループによるクリスマスソングの合唱も披露されました。

 IMG_3617.jpg

 橋北イルミネーションフェスタは、年明けの1月6日(金)まで開催されています。
 旧飯田測候所で間近に見ても美しいですし、地元の方いわく、測候所を目の前に臨む旅館・三宜亭の日帰り温泉「天空の城」から眺めるのもおススメだそうです。
 ご家族やお友達、恋人と一緒に、ぜひ見に来てください。

【北斗のまち 橋北イルミネーションフェスタ2016】
 点灯期間:平成28年12月18日(日)〜平成29年1月6日(金)
 時  間:17時00分〜21時
 会  場:旧飯田測候所(飯田市馬場町3-411)
 駐車場:勤労者福祉センター、橋北臨時駐車場(セブンイレブン江戸町店隣)
     ※旧飯田測候所へは駐車できません
橋北イルミネーションフェスタ開幕! [2016年12月22日(Thu)]

 飯田市旧飯田測候所の冬の風物詩となっている「橋北イルミネーションフェスタ」。
 今年も12月18日(日)から始まりました!

 IMG_3576.JPG

 IMG_3593.JPG

 IMG_3581.JPG

 IMG_3585.JPG

【北斗のまち 橋北イルミネーションフェスタ2016】
 点灯期間:平成28年12月18日(日)〜平成29年1月6日(金)
 時  間:17時00分〜21時
 会  場:旧飯田測候所(飯田市馬場町3-411)
 駐車場:勤労者福祉センター、橋北臨時駐車場(セブンイレブン江戸町店隣)
     ※旧飯田測候所へは駐車できません

 23日(祝)にはクリスマスイベントも開催されます。
 当日はイルミネーション点灯式や軽食販売が行われます。
 おひさま進歩エネルギー株式会社では、南信三菱自動車販売株式会社にご協力いただき、電気自動車i-MiEV(アイ・ミーブ)の電気を使って飲物のふるまいなどのデモンストレーションを行います。
 美しい光の回廊を見に、ぜひ遊びに来てください。

 ◆クリスマスイベント「光の回廊」
 日  時:平成28年12月23日(祝)16時〜20時
 イルミネーション点灯式
 豚汁100人前、甘酒、コーヒー、ココア、野菜スープ、ホットワイン無料
 軽食販売あり
 主  催:橋北まちづくり委員会
 企  画:橋北面白倶楽部
 協  力:NPO法人南信州おひさま進歩
 問合せ:橋北公民館(電話0265−24−0310)

 IMG_3591.JPG 
旧飯田測候所の防災訓練を行いました [2016年12月08日(Thu)]

 11月27日(月)、旧飯田測候所の防災訓練が行われました。
 旧飯田測候所は1922年に建てられた木造建築で、建物や展示室を一般公開したり、会議室や露場の貸し出しも行っています。
 おひさま進歩エネルギー社の事務所も置かれているため、訓練には旧飯田測候所の管理人と、おひさま進歩社社員が参加しました。

PB280003.jpg

 前半は、飯田消防署署員から東日本大震災や阪神淡路大震災の教訓を踏まえた講話を聞きました。
 また、けが人が出た場合の応急手当として三角巾の使い方を学びました。

 PB280015.jpg

 後半は駐車場で消火器の使い方を学びました。
 消火器には使用期限があること、放射時間が明記されていることなどを聞いてから、水を詰めた練習用消火器「はやわざクン」を使って、全員が放水作業を体験しました。

 PB280018.JPG.jpg

 PB280009.jpg

 旧飯田測候所や露場、公園は多くの方が訪れる公共施設です。
 このような訓練を定期的に行って、地震や火災、けがなど不測の事態が起きても落ち着いて対応できるように備えていきたいと思います。