CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2016年05月 | Main | 2016年07月»
飯田自然エネルギー大学が始まりました [2016年06月02日(Thu)]

 太陽光や小水力、バイオマスなど地域主導型自然エネルギー事業で起業者の育成を目指す「飯田自然エネルギー大学」の開校式と第1回授業が5月28日(土)29日(日)、旧飯田測候所で行われました。

 開校式1.jpg

 開校式には地元をはじめ全国から集まった27名の受講生が出席しました。
 学長を務める京都大学大学院経済学研究科教授は、東日本大震災後の原発を巡る動きにも触れて「批判しているだけでなく、建設的に取り組んでいけるかが大事。当大学の使命として皆さんに託したい」と挨拶しました。

 P1300717.jpg

 来賓の牧野光朗飯田市長からは「円卓の地域主義ー共創の場づくりから生まれる善い地域とはー」をテーマに、飯田市の環境施策やまちづくりについて講演いただきました。

 開校式に続いて行われた第1回講義は、「再生可能エネルギーによる地域再生−飯田市を事例に」と題して諸富学長が講師を務めました。
 講義後は、受講生がグループに分かれて、エネルギー事業計画を立案するディスカッションが行われました。

 講義1.jpg

 飯田自然エネルギー大学は、2年間のカリキュラムを通じて自然エネルギー事業で起業を目指す受講生を後押ししていきます。
 次回の授業は6月25日、26日に開催されます。