CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« お知らせ・イベント | Main | 施設・建物»
第4気象学講座「豪雨災害の教訓」開催のお知らせ [2015年09月18日(Fri)]

 台風18号がもたらした記録的豪雨により、茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊し、多大な被害が発生しました。豪雨災害の恐ろしさを再認識するとともに、被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 旧飯田測候所では、治山・砂防・地すべり対策に関する専門家である信州大学名誉教授の北澤秋司先生をお呼びして第4回気象学講座「豪雨災害の教訓」を開催します。
 飯田市でも過去三六災害など様々な豪雨による土砂災害を経験してきました。この機会に専門的な情報を聞き、土砂災害に関する知識、理解を深められてはいかがでしょうか。
 講演内容は、これまでに起こった飯田市の事例と、他地域の事例をお話します。またあわせて土砂災害が起こる前に備えておくべきポイントについても解説します。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。
第4回気象学講座「豪雨災害の教訓」 チラシ.jpg

日 時: 平成27年10月17日(土) 午後1:30〜午後3:00
会 場: 飯田市旧飯田測候所(飯田市馬場町3丁目-411番地)
講 師: 北澤秋司氏 (信州大学名誉教授 山地環境防災研究所所長)
主 催: NPO法人南信州おひさま進歩
参加費: 無料(定員40名)
参加申込み:会場準備のため 10月14日(水)までにお申込ください
申込み・お問合わせ方法:
下記 電話、FAX、Eメールのいずれかで、お名前とご連絡先を添えて、
NPO法人南信州おひさま進歩、担当 小室(おむろ)までお知らせください。
TEL:0265-24-4821
FAX:0265-56-3712
E-mail: sunpo☆leaf.ocn.ne.jp (☆を@に変換してください)
飯田市の夏は暑くなっているのか? (2) [2015年08月11日(Tue)]

前回夏の最高気温の平均が上がっているという報告をしましたが、夏の暑さを表す指数として猛暑日の発生日数も伸びています。「猛暑日」というのは1日の最高気温が35度を超える日を指し、2007年4月から使われるようになりました。
1961年〜1980年の20年間の猛暑日の日数は平均0.45日。この頃の飯田市では2年に1度程度35度を超える日が出るという程度だったのが、2005年から2014年の飯田市の10年間のデータを調べてみると、年平均4.7日猛暑日が発生しています。


猛暑日 日数.jpg

傾向としては最高気温も高くなっているのとあわせて、8月後半になってもまだ35度を超える日が出てくるというように暑い日が長く続くようになってきています。このように飯田測候所のデータからみると飯田の夏は暑くそして期間も長くなっています。今年初の猛暑日は7月26日(日)に観測した35.2℃でした。これからも35℃を超える日が続くと思われます。
熱中症対策には近くにいる者同士がお互いの顔や様子を気遣い合うというのが大切だそうです。まだまだ暑い夏、お互い気遣いあいながら楽しく夏を過ごしましょう。

飯田市の夏は暑くなっているのか?(1) [2015年08月06日(Thu)]

連日暑い日が続いています。ジリジリと肌を焼くような日が続くと、つい温暖化の影響を考えてしまうのですが、この飯田市の夏は昔と今で本当に暑くなってきているのでしょうか。飯田測候所で測定したデータを元に、夏場(6月から9月)の最高気温を平均したものをグラフ化してみました。
下記のグラフが過去50年間の飯田市の最高気温の平均をグラフ化したものです。

飯田市最高気温の推移.jpg


1965年から2014年までで50年間で約2℃夏場の最高気温の平均が高くなっています。1960年代は27℃〜28℃で推移していた最高気温が、28℃〜29℃になり、特に近年では29度を超える年も多くなってきています。
今後も厳しい夏は続きます。しっかりと水分補給をして、決して無理をしないように熱中症には十分な注意をして下さい。
ゴーヤのグリーンカーテンに挑戦しました! [2015年08月05日(Wed)]

夏場の日よけ対策として、ゴーヤのグリーンカーテンにチャレンジをして2年目になりました。
飯田市旧飯田測候所は、登録有形文化財の指定を受けている建物ですので、釘を打ったり外観を傷つけることができません。そのため、万力で軒先をはさんでロープを吊り下げています。
ゴーヤの成長の具合は、7月末の段階でこのような様子です。

IMG_2625.JPG

なんということでしょう!すばらしいグリーンカーテンの完成です・・・とは行きませんでした(^_^;) 高さが足りず、窓辺での十分な日差しカットの効果は出ていませんが、これでも去年よりもちょっと高くなりました。
来年はしっかり窓を覆う高さまで育てたいのですが、グリーンカーテンのコツを知っている方がいましたら、情報をお待ちしています!
これからはゴーヤの実を収穫できるのが楽しみです。
飯田市で今年初めての真夏日 [2015年05月27日(Wed)]

飯田市高羽町にありますアメダスのデータによると5月27日15時の記録で気温が32.2℃となり、今年初めての真夏日となりました。
5月に真夏日を記録するのは珍しいことで、この32.2℃は過去のデータで5月の最高気温としては、過去2位タイの数字です。(ちなみに1位は56年前1958年5月31日に記録した33.2℃です。)

P10800931.JPG

ちなみに真夏日とは、1日の最高気温が30℃を超える日のことを言い、最高気温が35℃を超える日を猛暑日といいます。この後、明日明後日にかけても気温が高くなる予報です。乾燥もしていますので、熱中症等体調にご注意ください。
日中は30℃を越えるような日が続きますが、夕方になればそれでも20℃前半の日もあります。旧飯田測候所では芝生が綺麗になっています。涼しい時間帯にぜひ遊びに来てください。
| 次へ