CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年02月 | Main
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/iding-journal/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/iding-journal/index2_0.xml
お別れは突然に…[2017年03月23日(Thu)]
H290323.jpg

風は少し冷たいのですが春めいた年度末、
所属クラブ会長(代表取締役社長)のいきなりの退職表明。
もう少しのお付き合いはあるかしら。と思いきや、
聞けば名古屋の母親の介護問題で熟慮のことらしい。
某行政でのセレモニーを仕掛け、メディア掲載に至ったことから
結果的は花道になったかなと勝手に思っている。
数日前には名誉会長がなくなり火葬場へお別れ。
今日はスマホの背面ガラス粉砕。
ガラスの粉が手にまとわりついて使いづらい。

お別れはいつも突然だ。
こだわる理由[2017年03月08日(Wed)]
H290308.jpg


 指定管理施設の除雪のシーズンが終焉に向かっていると思いきや、昨夜からの雪。開館前までにほぼ除雪作業を終えるため早くの出勤は当然のことだが、今シーズンは比較的連続し且つ休日もかまわずの降雪。朝の除雪に追われ結構しんどい思いと、指のヒビ割れの痛さに悩まされた。
ずいぶん前のサラリーマンの時期に企画・運営・プロデュースを駅前で行った。細心の注意と歩行者保護を施した配線に老婆の足を引っかけ転倒した事故があった。幸いケガもなく担当行政(?)の注意だけで済んだのだが、評価をいただいたイベントだったが個人的には失望のイベントで今だトラウマになっている。
高齢者の体は柔軟性が低く各部のストロークは想像以上に短く低い。ゆえに除雪の目標はアスファルトを露出させ歩行において転倒のリスクを下げたい。ただそれだけ。