CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月11日

【いちのせき市民フェスタ18】まで あと8日!

今回は、‘福祉・医療系’のブースを出展される4つの団体さんをご紹介いたします。

@「KCSセンター一関」さん

腰痛・肩こりでお悩みの方も多いと思いますが(かく言う私も…)、姿勢の歪みに起因して発生する運動機能障害や健康に及ぼす悪影響を予防または改善するため、姿勢調整を行っています。最近では各地から呼ばれて姿勢の大切さを伝える姿勢公演会を行っている様子が新聞などでも紹介されています。

DSC00609.JPG


市民フェスタでは姿勢の専門家が身体の歪みをチェックする「姿勢チェック体験」や身体の土台となる足元バランスチェックをする「足型測定」を行う予定との事。姿勢チェックを受けている人をKCSセンターのスタッフの解説で見たことがあるのですが、まっすぐ「気を付け」の姿勢をしているつもりでも肩が水平でなかったりどこかのバランスが悪いことを指摘されて「確かに」と思う事がありました。この機会に一度体験し自分の姿勢の状態を把握してみてはどうでしょうか?   

DSC00509.JPG

ひと言メッセージ「今話題の姿勢調整!!無料でチェックを受けられます。」

A「リレー・フォー・ライフ・ジャパンいわて実行委員会」さん

 がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向きあいがん征圧を目指すチャリティ活動をしている「リレー・フォー・ライフ」。この活動は世界20か国以上で展開されており、日本でも全国各地で活動が行われています。「リレー・フォー・ライフ・ジャパンいわて実行委員会」では、年間を通じた活動のしめくくりとして24時間夜通しのイベントを開催していますが、今年は9月8日(土)から9日(日)にかけて一関遊水池記念緑地公園を会場に開催するそうです。

image.jpg


市民フェスタでは、リレー・フォー・ライフ活動についてのパネル展示や9/8〜9開催のリレーウォークイベントの案内を行います。また、チャリティグッズ販売による募金活動(ポロシャツ¥2980 ルミナリエバッグ(※)¥500)も行いますが、これらの販売代金の一部が募金になります(※ルミナリエ・・・メッセージを記入しバッグの中にライトを灯します)。結構リレー・フォー・ライフさんのポロシャツを着ている人を街中や商業施設で買い物している時に見かけることがあり、支援の輪が広がっていることを感じます。がんは今でも日本人の死因トップであり、決して他人事ではありません。この機会に少しでも考えてみませんか?

images.jpg


ひと言メッセージ「日本人の2人に1人が生涯のうちにがんに罹患するといわれています。リレー・フォー・ライフはがん患者さんと家族、がん経験者に対して勇気と希望を与える場です。「ひとりじゃない」ぜひブースにお立ち寄りください。」

B「岩手県看護協会一関支部・まちの保健室」さん

図1.jpg


保健師、助産師、看護師OBなどのスタッフで組織され、各施設(病院、事業所、保健センター、訪問看護ステーションなど)での実践、地域との連携、ふれあい看護体験、看護師養成や育成の支援等を行っている団体さんです。

図2.jpg

「肩こり体操」の様子(写真のコメント)


市民フェスタでは、血圧やBMIの測定、体や心に関するお悩みを無料でお聞きする「健康相談」、看護師体験(子どもナース服写真撮影)を行っていただきます。看護協会からのグッズプレゼントもあるとのこと!どんなグッズかは当日のお楽しみに。

 血圧・BMI測定と健康相談は、子どもから大人までどなたでも受けられます。その方のお悩みに合わせて、日常でできる改善方法などを優しくアドバイスしていただけますので、この機会にぜひ、ご利用ください。

最後に、看護協会さんからいただいたメッセージをご紹介いたします。
「日頃の健康面で気になることにお答えします。気軽にお立ち寄り下さい。子供さん達には、白衣を着て看護師を体験してみませんか。皆さんお待ちしています。」


C「両磐地域まちづくり探検隊」さん

まちづくり探検隊さんは、両磐地域における公共施設等のユニバーサルデザイン化の整備状況等について調査・点検し、改善点についての意見・提言を行うことにより、岩手にふさわしい生活者の視線に立ったやさしいまちづくりを推進することを目的に活動されている団体さんです。

市民フェスタでは、直近に行った調査点検の様子と、その結果をご紹介していただきます。ご紹介いただくのは、今年4月にオープンした「道の駅室根」のオープン前に行った調査点検についてです。その時に撮影した写真をいただきましたので、ご覧ください。

IMG_0945.JPG


IMG_0968.JPG



点検では、体が不自由な方や、子ども・高齢者など、色々な方の目線に立って一つひとつ丁寧にチェックされています。その活動に支えられて、私達は快適に施設を利用できているのかもしれませんね。

 今回ご紹介いただく「道の駅室根」ではどんなところを点検されたのか、直接団体さんに聞いてみるとおもしろい気付きがあるかもしれません。ぜひお立ち寄りくださいませ!


この記事へのコメント
コメントを書く