CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月25日

idea11月号二言三言「一関市の魅力と造形教育」こぼれ話

ideaに掲載できなかったお話を「こぼれ話」としてご紹介します。

1.JPG

造形おじさん(幼児造形指導員)菅原順一さん


◎毎月の施設での造形遊び

【菅原】今年の春から一関の子ども達の学童保育所で造形あそびが始まり、その季節に合わせて子どもたちといろんなものを作って遊んでいます。今月はハロウィン、オバケカボチャや蜘蛛の巣で室内を飾り、部屋中ハロウィンムード。

2.jpg

3.jpg

【菅原】吉田恵子さんとは「新垣勉 おしゃべりコンサート」からお付き合いが始まり、それに関連したことをお手伝いしていますが、今年からはさらに吉田さんが関わっている千厩町の「宅老所」で造形遊びをやることになり月1回通っています。幼児の造形指導は、老人でも障がい者でも基本は同じで、自分でモノを作り出す世界は楽しいわけです。

4.JPG

【小野寺】では、今は2か所の施設で造形を行っているんですか?
【菅原】うん。学童は最初、月1回のだったけど月2回にしてほしいと言われ、今では月に2回行くことになり、地域の子どもたちの夏休み造形や、大東町の学童施設での造形あそびや〜次々に予定が詰まって「幸せな田舎暮らしのご隠居生活」はどこへやら…ちっともスローライフじゃなくなってきた(笑)


◎障がいをもつ子と関わり気づいたこと

【小野寺】実は我々のところも障がい者支援をしてるんですよ。事業所は市役所の近くで、元あった角掛小児科さんの建物をそのままお借りしてやっています。主に自閉症とか知的障害の子なんですが、うちの方は子どもから大人まで受け入れられる体制ができていて、就学前の子ども達の療育もやっていますし、小学生の放課後デイサービスもやっています。
【菅原】清明支援学校もだけど、一関では障がいを持っている方の施設が結構数多くありますよね。
【小野寺】我々の目的は「障がいを持っている子達を支えていく」とか「家族だけだと負担が大きいので、地域や皆で支えられるまちをつくる」なんですが、まちづくりの一環としてやっているのは福祉の現場だけでは広がらないからなんです。こうやって地域づくりに関わりながら障がい者の方達と健常者の方達の橋渡しをするような形をとっていかないと、どうも理解が得られないというか。自閉症などをもっている子達が敬遠されてしまうんじゃなくて、なんとなく「この子自閉症かもしれない」とか、そういう気づきをつくっていかなきゃいけないということで街づくりも行っているんですね。
【菅原】保育科の学生達は養護施設や児童施設に実習があり、僕も実習指導で施設に伺い、そこの園長先生にお話を聞くんだけど、障がい児施設などでは、現場を経験しない限り解らないことがたくさんあることに気づかされる。これは先日の話なのですが、「マジックの線に沿ってハサミで切ってね」と言ったときに、健常児であればすぐに切り始めるけど、障がいを持った子の場合、「線の真ん中を切るのか、外側を切るのか内側を切るのか〜」と質問が出た。これは、指導の側では予測しない質問で、現場を経験して初めてわかること。「どこでもいいんだけどさ、じゃあ真ん中切りな」と言うと線の真ん中を丁寧に丁寧にはみ出さないように切って行く。当然時間がかかる、そういう子がクラスに一人いると、クラス指導をする先生にとっては、次に進むときに足手まといになる。皆作業が終わっているのに一人だけなかなか終わらない。一事が万事、時間の流れが違う子を普通クラスで指導するのは無理ということになる。
その子の側からすれば「先生が言う通りに一生懸命やっている」わけで、この一生懸命さは悪いことじゃない、「時計の速さが違う」だけなのに、それを障がいと言っていいのか?と思っちゃうよね。
【小野寺】人によっては個性と言いますよね。
【菅原】そういう子達と付き合う時、もう何十年も同じような仕事をしていて、今まで私が気づけなかったことを気づかさせてくれる機会になる。


◎子どもから高齢者までが楽しめる造形遊び

【菅原】折込チラシの紙を切って、折って、ホチキスで止めるだけでこんなものが作れるんだよ。

IMG_1239.JPG

【菅原】(写真の物を目線の高さから指先で前に押し出すように飛ばすと、くるくると回転しながら飛ぶ)
【小野寺】おぉぉー、すごい!
【菅原】おもしろいでしょ。単純な作りなのに、意外性のある飛び方をする、しかも制作時間3分。
【菅原】「宅老所」の皆さんと一緒に造形遊びをするんだけど、こういうモノを作って遊べることに気づくと、孫たちに高いお金を出しておもちゃを買ってあげるんじゃなくて、身近な材料で子どもたちと一緒に作って遊べるおじいちゃん・おばあちゃんになるよね。子どもたち自身が、自分の知恵で「遊びを創り出せる子育て」はとても大事です。そのためにも周りにいる大人たちが、子どもと遊ぶ知恵や工夫が必要になるわけです。
 近所の子どもたちが来たとき、こんなもの作って遊んだ。

5.jpg

6.jpg

【小野寺】材料は画用紙と爪楊枝ですか?
【菅原】幼児の造形は子どもの身の回りにある材料で作れることが原則。ハガキなど同じ形の長方形が二つある場合は、交差させると正方形になる。2枚重ねで切ると正方形が2つできる。それに対角線を引くと中心点がわかる。千枚通しで穴あけ、紙の間にスチロールチップを挟んでそこに爪楊枝をさして、正方形をずらすと8角形ができるよね。それで駒ができる。羽根にキラキラを貼るとミラクルな駒ができるんだ。こういうものは工夫の仕方でいくらでもできるわけよ。
【小野寺】なるほど!おもしろいですね〜
【菅原】子どもでも失敗しないで作れるにはどうしたらいいか、作り方を色々と考えるんだ。良いアイデアは多くの場合、飲み屋さんで閃いたりするんだよ(笑)改善を繰り返せばやがていいものになる。幼児たちとの30年の経験は貴重な宝物なんだ。
【小野寺】いやあ、すごいですね。


◎一関文化センターの彫塑作品

【小野寺】菅原さんの作品が一関文化センターの中に飾られているとお聞きしましたが?

銅像.JPG

一関文化センターに飾られてある菅原さんが作った彫塑作品

【菅原】私は山形大学教育学部の美術科に通っていましたが、その時は先生になるつもりは全くなく、そこで絵を描いたり彫刻をしたりしていました。大学3年生の時、山形県展に出品した作品が県の最高賞となり、国画会にも出品するようになったのです。大学卒業の時に、彫刻の全身像は持ち帰っても置き場所もなく、壊そうと思っていた矢先に一関市から作品寄贈の話をいただき、一関文化センターの中に飾られることになったのです。
【小野寺】これは大学生の頃に造った作品だったんですね。
【菅原】そうです。もう50年前の作品だけど、今だに飾ってくれてる。石膏に着色なので、震災の時によく壊れなかったなと思います。


◎東京に自慢したい一関図書館

7.JPG

8.JPG


【菅原】ここに来てもう一つ感動したのは新しくなった一関市図書館。僕が一関にいた頃は木造の図書館だった。
【小野寺】昔は川沿いに建ってましたよね。僕も利用してました。
【菅原】一関に来てみたら「いやあよくできている」と思った。都会では、図書館などは、ともすると民間委託にされがちで、ツタヤに任せたりしがちです。
【小野寺】そうですね。
【菅原】ツタヤに任せると1階を売り場、2階を図書館にしていて、売り場にある最新の本は2階には置かない。だって、置いたら本が売れなくなっちゃうから。面積は大きいけど図書館機能をもっているスペースは狭いから、棚の高い所にも本を収めることになる。上にあるものはイスを使わなきゃならないから不便。貸出頻度が高い本は残し、低い本はどんどん削っていく。学芸員がきちんとしたかたちでいないから、本の選定のしかたもテーマ性がなく、その図書館の中の企画力も弱くなっていく。重要な郷土資料とか、昔の市の議会記録だとかは見る人が限られているからどんどん縮小されていく。でも一関図書館では、棚の高さが手の届く範囲に作られ、分類と必要な本の選び方が考え抜かれていて選定されていて、新刊本がすぐ入る。郷土資料や市のデータが揃っていて、貸出システムもすごく楽。コンセプトがすごくいいよね。公的施設が街の中心街にまとまってあり、人間が住む街のキャパシティというのはやはり、適正規模がありそうな気がするな。
【小野寺】深いですね、そこは。
【菅原】だから公的責任でやるべきものを民間委託にしてしまうと、結局、文化をダメにしてしまうことになりがち、教育関係部門や福祉部門は自治体がちゃんと責任負う必要がある。
【小野寺】そうですよね、最近の流行としては民間に委ねすぎるというところですよね。自分達のまちとしての教育行政とか、社会教育行政をどう維持していこうかというところは、図書館の蔵書とかコンセプトじゃないですか。
【菅原】その時々に合わせて特別展示コーナーを作っているのもスゴイ!終戦の時期になると、一関図書館はちゃんと一関が爆撃された時の資料とか本を揃え、子供の絵本からも関係ある平和図書を並べてて企画をつくる。あれは学芸員が偉いよ、すごく。
だから東京から来た仲間たちを、必ず一関図書館に案内するんだ。
一関に転居して2年、田舎はそれなりにおもしろい。都会ではありえないことがさまざまな人たちの努力で、生活を豊かにしている。スバラシイ!

2017年08月25日

市民フェスタ17まであと【2日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと2日!

今日から、ご参加いただく団体の皆さんのブース準備が始まりました!展示や飾り付けで会場が少しずつ賑やかになり、フェスタの雰囲気を感じられるようになってきましたよ!^^スタッフたちは最後の準備に追われながらも、そんな会場の様子を見て「いよいよだな!」とワクワクな気持ちになっています。

さて、今日は当日フェスタにお越しいただいた方にお配りする「パンフレット」を公開します!会場図やステージプログラム、スタンプラリーやイチコレなどについての詳細が書かれておりますので、当日お見逃しすることがないよう、ぜひこちらを読んで予習してからフェスタに遊びに来てくださいねー!^^♪(笑)

1.jpg

1 (2).jpg

3.jpg

2017年08月24日

市民フェスタ17まであと【3日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと3日!

フェスタにご参加いただく団体さんのご紹介は、いよいよ本日がラストになります!締めくくりは、今年市民フェスタに初めてご参加いただく2つの団体さんです。

まずは「一関夢限大」さん!
一関市を拠点に活動するよさこい団体さんです。
38、一関夢限大.JPG

よさこい(YOSAKOI)踊りは高知県から始まり1990年から2000年代にかけ全国に広まった踊りとされています。地元の伝統民謡やご当地ソングをアレンジし、オリジナルの衣装や旗、振り付けで踊る「よさこい」は、子どもから大人までが同じ舞台に立ち、力強く、時にしなやかで、見る人に元気を与えてくれます。

実は市民フェスタでよさこいが披露されるのは初めて!
今回は「須岳川里」というオリジナルの演舞も含め、3曲の熱い演武をご披露いただきます。
会場の雰囲気がガラッと変わりそう!楽しみですね。

************************
続きましては「オカリナ・シャルム」さん!

オカリナ・シャルムさんは現在7名で活動している「オカリナ」のグループ。福祉施設の慰問や各種イベント、オカリナ演奏会などで発表されています。
38、オカリナ・シャルム.jpg

「オカリナは、土で作られた楽器です。やさしく、癒されるような音色がします。自分の身体に活力をもたらし、健康を維持する上で役立つものと考えています。様々な世代の方々に、音楽を楽しんでいただけるよう演奏します」と、素敵なコメントをいただきました♪

ステージでは「埴生の宿」「広い河の岸辺」「北上夜曲」「バースディ―」の4曲をご披露いただきます。やわらかいオカリナの音色が皆さんの心にどのように響くか、癒しのハーモニーをぜひお聴きください(^^♪

2017年08月23日

市民フェスタ17まであと【4日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと4日!

市民フェスタまでもう間もなくです!
今回は、全体の中でも数少ない企業さんブースを3つ一気にご紹介いたします。

まずは「岩手日日新聞社」さん!
ブースでは、岩手日日新聞社さんの電子新聞や「いわにちAR」のデモンストレーションを行っていただきます。

37、岩手日日.JPG

「いわにちAR」は、紙面に載っている写真をスマホやタブレットの専用アプリ読み取ると、その記事に関する動画や360度写真が見られる無料のサービスです!立体的にその記事を見て取ることができるので、紙面だけで読むのとはまた違ったワクワク感を体験できますよ!(^^♪

さらに注目なのは、最近よく紙面でもオススメされているあの新商品!ポスター画像をご提供いただきましたのでご覧ください。

電子新聞ポスター.jpg

「電子新聞momotto(モモット)」についてコメントいただきましたのでご紹介いたします。「岩手日日新聞社の体験ブースでは、8月1日に創刊した『電子新聞momotto(モモット)』をご紹介します。スマホやパソコンで、いつでも、どこでもご利用いただける、便利なサービスをお試しください」。

37、岩手日日もらった分.jpg

ブースでは、それぞれの体験と一緒に直接担当者さんにお話を聞くことができますので、この機会をぜひお見逃しなく!


************************

続きましては「川嶋印刷株式会社」さん!
平泉にある県内有数の印刷会社さんです。

今回は「オリジナルの折り紙」を使ったお子さま向けのワークスペースをご提供いただきます。ちょっと変わった模様の折り紙を使って、珍しい動物などを親子で作ってみてはいかがでしょうか?

また、新提案の「硬質エコボード」を使ったディスプレイの展示もします。PRコメントとして「イベントや販促の時に使用する棚(什器)の概念が劇的に変わります!『大丈夫なのに軽い!効果的なデザインで訴求!リサイクル可能なエコ素材!』ぜひ、硬質エコボードディスプレイを体感してください」といただきました。

37、川嶋印刷2.jpg

「丈夫で軽い」、「エコ素材」など、気になる言葉が出てきましたが、一体どんなものなのでしょうか?ぜひ会場で実物をご覧ください(^^♪

************************

ラストはカイロプラクティックで健康をサポートする「KCSセンター一関」さん!昨年と同様、無料の姿勢チェックとワンポイント姿勢矯正体験を行っていただきます!肩こりや腰痛でお悩みの方も多いと思いますが、その原因は身体のちょっとした歪みやズレかもしれません。専門家の視点で見ると姿勢のどこがおかしいのかというのはすぐにわかるそうで、ちょっとした処置でかなり姿勢が改善することもあるそうです。

37、KCS2.JPG

KCSセンターさんからは「姿勢やお身体でお悩みの方。まずは姿勢をチェックしてみませんか?お悩みの原因がわかるかも・・・」というメッセージをいただきました。

「私は痛みや症状は特にないから大丈夫」という方でも、痛みやコリを出しかねない歪みやズレを正すことによって、身体を理想的な状態に保つことができますよ!まずはお気軽にお立ち寄りください(^^♪

37、KCS.JPG

2017年08月22日

市民フェスタ17まであと【5日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと5日!

市民フェスタの会場には老若男女、幅広い年代の方がやってきますが、出展している団体さんたちもかなり年齢層が幅広く、本日ご紹介する団体さんに関しては主力が高校生!前日は文化祭だというのにも関わらず、フェスタでも頑張ってくれる「封筒の家」さんをご紹介します。

さっそくですがコメントをご紹介します。「震災後復興支援、笑顔を運ぶアートプロジェクト『封筒の家』を去年に引き続き出展します!また今回は、平泉藤原三代も愛したと言われる一関の東山和紙を使用しています!木づちを使ってトントントン♪あなただけの封筒の家を建てませんか?」
36、封筒3.JPG

封筒の家を建てる?どういうこと?と思ったかたはぜひともブースへ!
簡潔に言えば「ステンシル版画の交流型ワークショップ」ということらしいですが、もっともっと深く熱い想いが込められたプロジェクトなんです。
36、封筒.JPG

昨年はフェスタ会場でもっとも賑わっていたのでは?というくらい、たくさんの人たちがトントントントン参加していました。
36、封筒2.JPG

今年はどんな封筒の家が建ち、どんな人の手に渡っていくのか…楽しみですね(^^♪

※画像は去年のブースの様子です。

2017年08月21日

市民フェスタ17まであと【6日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと6日!

いよいよ残り1週間となりました、ただいま必死に準備をしております( ;∀;)
ドタバタしつつ、楽しみのワクワクも膨らんできてます!

ということで、今日もワクワクがさらにふくらむような団体さんをご紹介します♪
ステージ発表を行う団体さんを2つご紹介しますよー!

まずは「ドリーム・キッズ」さん!
ドリーム・キッズは、3歳くらいの小さなこたちから、小学生たち約20名で構成する「歌って踊って自分を表現する」ことをモットーとしたグループ。

サキソフォビアとのコラボでご存知のかたも多いかもしれません。かわいいだけじゃなく、しっかり聞きごたえ・見ごたえのあるパフォーマンスは日頃の練習のたまもの。

今年は「上をむいて歩こう」「世界中の子どもたちが」など、聞き覚えのある曲を中心に約20分のパフォーマンスを披露してくださいます♪

「ドリームキッズ結成10周年になります。みなさんに元気を届けられるステージにしたいです」とのコメントをいただきました(^^)/ぜひたくさんの応援をお願いします!
35、ドリームキッズ.JPG

35、ドリームキッズ2.JPG

※画像は去年のフェスタでのステージの様子

************************
つづきましては「フラ・ハウオリ」のみなさん。
フラ・ハウオリさんは岩手宮城の県境を中心に活動しているフラダンスの団体さん。
普段は仕事や家事をしているお母さまたちが、週 1 回、楽しくフラダンスの練習をされています。

また、最近では、地元のお祭りや施設訪問などにも引っ張りだこ。フラを通してたくさんの笑顔を届けています(^^♪

今年のフェスタでは5曲を披露していただく予定。
「短い時間ですが、少しでもハワイの自然を感じて頂ける様、精一杯踊ります。」とコメントをいただいております。
35、フラハウオリ2.JPG

今年はなんだか夏らしくない夏でしたので、フラハウオリのみなさんのダンスを見て、少しでも夏を感じたいですねー!
35、フラハウオリ.JPG

※画像は去年のフェスタのステージ



2017年08月20日

市民フェスタ17まであと【7日!】

いちのせき市民フェスタ17まであと7日!

今日は「佐々木牧場」さんをご紹介します。
佐々木牧場は一関と平泉の境の辺りの小さな山のてっぺんにある、主に養老馬の預託を行っている牧場です。乗馬クラブではないですが、障がいの有無に関係なく馬と触れ合い、乗馬をたのしむ機会を提供したいということで、「パカポコクラブ」という障がい者乗馬の会を20年以上展開しています。
147748639206396645180.jpg

146934932402960382177.jpg

また、最近は「出張馬車」部門ももうけ、要請があれば各地のイベントなどへ出向き、地域の魅力を馬車から感じてもらう機会を提供しています。
IMG_4978.JPG

市民フェスタではパカポコクラブや出張馬車の様子を中心にしながら、牧場内の空間を貸し出す「シェアフィールド」を利用して活動している団体さん(DIY CLASS ROOM、畑いじりプロジェクト等)の活動の様子もお伝えします(^^)/
19904969_1490222661036269_2361244991039172772_n.jpg

IMG_7931.JPG

牧場で暮らす動物たちの紹介を兼た「総選挙」も予定中とのこと!
どうぞお立ち寄りください♪

2017年08月19日

市民フェスタ17まであと【8日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと8日!

今日も初参加の団体さんをご紹介します。
「中学2年生に新垣勉コンサートを贈る会」さんです♪

知っている人にはおなじみの、知らない人には「???」がいっぱいかと思います。
この団体さんは、その名称の通り、市内の中学2年生のこどもたちに「新垣勉さん」のコンサートをプレゼントすることを目的に活動をされている団体さんです。

新垣勉さんは盲目のテノール歌手。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、生後間もなく不慮の事故で両眼失明。両親の離別により祖母に育てられましたが14歳の時祖母が亡くなり天涯孤独の身となりました。現在、逆境を乗り越え、自分を救った音楽の素晴らしさを伝えるコンサートを展開されています。

ではなぜこの新垣さんのコンサートを「中学2年生」に限定してプレゼントするのか?
そこにこの会の大きなミッションがあります。本当はお伝えしたいところですが…ここはあえて書かずにおき、気になる方はぜひ市民フェスタの会場に足を運んでいただき、直接質問していただきたいと思います!

ちなみに、コンサートは市民からのカンパによって「プレゼント」されます。助成金などを使うわけでもなく、大きなスポンサーをとるわけでもなく、「少しずつたくさんの人の協力をもらう」ということも、同会のミッションの1つのようです。

ということで、フェスタのブースでは、そんな同会のミッション、思いの数々を展示でご紹介くださるのと、カンパのご協力依頼、実際のコンサートの様子やコンサート後のこどもたちの感想などを見ることができるとのこと。

静かに熱いブースになるのではないかと思いますので、どうぞ足をお運びくださいね(^^)/
33、あらがき2.jpg

33、あらがき1.jpg

※画像は同会FBより

2017年08月18日

市民フェスタ17まであと【9日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと9日!

今回の市民フェスタは参加団体を公募したこともあり、初参加の団体さんが多くいます(すでにご紹介したところも含め)。

今日はそんな初参加団体さんの1つ「生活クラブ生協一関準備支部」さんをご紹介します(^^)/

生活クラブさんとは?まずはコメントからご紹介します。
「大切な子供のために『おいしさと安心をお届けします』。からだをつくる食べ物だから、生活クラブは食品添加物や放射能残留農薬に自主基準を定めています。」

「安全」「健康」「環境」にこだわった食品や生活雑貨を考え、国産や自然ゆらいの消費材(商品)づくりに取り組んでいる団体さんとのこと!

そんな「生活クラブ生協一関準備支部」さんは、フェスタのブースで「石けんカフェ」なるものを展開されるとのこと。「石けんカフェ」…何なんでしょう?気になりますねー!

また、普段の活動紹介として、環境活動のパネル展示、石鹸の環境への影響などの展示、そして同会が作った(?)牛乳やケチャップなどの試食、調味料・お菓子・缶ジュースなどの販売も行うとのこと。

ママの目線で考える健康や環境のこと、気になった方はぜひブースに足をお運びください(^^♪
18、生活クラブ生協一関準備支部A.JPG

18、生活クラブ生協一関準備支部@.jpg

※画像は紹介パンフレットと活動の一環である「おはなしマルシェ」のチラシ。

2017年08月17日

市民フェスタ17まで【あと10日】!

いちのせき市民フェスタ17まであと10日!

昨日に引き続き、今日も食べ物です(^^)/今日ですべての食べ物関連団体のご紹介完了です♡

ラストは黄色いキッチンカーが目を引く「モンキーワゴン」さん♪
34、モンキー1.jpg

モンキーワゴンさんのメインはクレープ。
昨年もご参加いただきましたが、子供たちを中心に大人気でした(^^)/
34、モンキー2.jpg



今回はクレープ以外にもスノーアイスやジュース、コーヒーもご提供いただけるとのこと。
34、モンキー3.jpg

「食べごたえ満点のフルーツクレープ、ふわふわ新食感のスノーアイス、ナポリ豆100%を豆挽き抽出するコーヒー、果汁100%ジュースをご賞味くださいませ」とコメントいただきました!

普段はスポーツデポさんなどを中心に販売されているモンキーワゴンさん。大町に出没するのはかなりレアですので、この機会をお見逃しなくー!