CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【雪になる】を読んだ。 | Main | 本山麻優子コンサートに行った♪ »
【「名字」丼】を読んだ。[2019年09月04日(Wed)]
高信幸男 著 【トク盛り!「名字」丼】(2019 柏書房)を読みました。

   http://www.takanobu.org/


   こんな人がいるものなのですねーーー。
   郵便局巡りをする人、看板探しをする人、
   人の趣味は百人百色。。
   その趣味を仕事にしてしまう、なんて幸せな人なのでしょう。\(^o^)/

    もちろんご苦労は多いでしょうけれど、
    その道を極めてエキスパートになる!

          素晴らしいです。


    高信氏は、茨城県在住の『苗字研究家』

    自分の親戚や友人に珍しい苗字が多いので
    私も子どもの頃から苗字の由来に関心がありました。

    本書を読むと、
    都道府県別のランキングや、
    一字の苗字や、
    最大五文字であること(勘解由小路=カデノコウジ、佐衛門三郎=サエモンサブロウ)などに、
    ほぅーー。Σ(*゚д゚ノ)ノ ヒェーっと驚きます。
  

    氏の❰難読稀姓辞典❱(95)も興味があります。ノート2(開)

     九=いちじく、前=すすめ、央=なかば、六合=くに、一口=いもあらい、
     八月一日=ほづみ、一尺八寸=かまつか、

     貴家=さすが はタラちゃんの声優さん。

     都道府県名の苗字の人と出会ったことがありますが、
     愛媛、沖縄はないとのこと。
      そういえば、聞いたことはないですね。

    今どきのキラキラきらきらfirst nameを担任の先生が読めなくて大変、と聞きますが
   大昔から難読な苗字が日本には多く、
   これからも研究を続けていただきたいです。

     私にとってワクワク顔1(うれしいカオ)本でした。わーい(嬉しい顔)


    
Posted by icba-committee at 21:33 | 読書☆ | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/icba/archive/2999
コメントする
コメント
プロフィール

国際児童文庫協会(ICBA)さんの画像
<< 2019年09月 >>
Son. Mon. Die. Mit. Don. Fre. Sam.
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
icba-committee
【全員、片思い】を読んだ。 (05/11) まあちゃん
【全員、片思い】を読んだ。 (05/08) icba-committee
【だれかの木琴】を観た。 (04/04) まあちゃん
【だれかの木琴】を観た。 (03/31) icba-committee
【幸福のヒント】を読んだ。 (02/21) まあちゃん
【幸福のヒント】を読んだ。 (02/18) icba-committee
【光まで5分】を読んだ。 (01/27) まあちゃん
【光まで5分】を読んだ。 (01/27) icba-committee
From a Distance ♪ (01/18) まあちゃん
From a Distance ♪ (01/14)
リンク集
http://blog.canpan.info/icba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/icba/index2_0.xml