CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
I&I
菜縁スルー (08/19) 関戸美子
菜縁スルー (08/01) hiroshi.toba
ていねあすなろ保育園 (07/25) I&I
さくらすくすく農園 (07/22) hiroshi.toba
さくらすくすく農園 (07/21) I&I
おかだまにて (07/12) hiroshi.toba
おかだまにて (07/12) I&I
宮の沢児童会館 いよいよ始動! (06/08) hiroshi.toba
宮の沢児童会館 いよいよ始動! (06/02) i&i
セミナー終了 (02/04)
月別アーカイブ
3/31ラーニングガーデントライアル版が好評でした(報告) [2012年04月02日(Mon)]
あけぼのアート&コミュニティセンターで3月31日に行われたラーニングガーデンのトライアル版、残念ながら当日、熱が出てお休みの子どももいましたが参加者は11名(大人6名、子ども5名)でした。
ラーニングガーデン=教育菜園というテーマにも関わらず、参加者の年代は非常に幅広く、3歳から大学生をはさんで74歳まで(!)と、多世代に渡っていました。


また世代だけでなく、国際色も豊かでした。アメリカ出身である講師のブレット・ヘンドリクス以外にも、近所にお住まいのカナダ人女性も参加!彼らはほとんど英語でのコミュニケーションでしたが、子どもにはあまり関係がない?のか、最初こそ恐る恐るだった子どもたちが最後にはブレットの背中に乗っかって遊ぶなど、外国人へのニガテ意識も少しなくせたのではないかと考えます。



最初に遊んだ「やさいのカード」は、大人にも子どもたちにも楽しかったようです。これは、野菜をテーマにした神経衰弱ゲームなのですが、オモテ面に「ウリ科」「秋」などのヒントが書いてあるのが特徴です。


ホウレンソウは何科の植物か?なんて普段はあまり考えませんが、このカードを遊ぶ上ではじっくり考えなければなりません。(ちなみにホウレンソウはアカザ科です!)
また、ナスは英語でeggplant と言いますが、なぜeggなのか?卵よりもはるかに大きくて、紫色なのに・・・というハナシも盛り上がりました。ちなみに、ブレット曰くミャンマーのナスは白くて小さいらしく、これを見れば「eggplant」という名前にも納得が行くということでした。


ただ遊ぶだけではなく、こうした何でもないような知識こそが、子どもや大人の野菜への関心や理解を深めていくのでは?という私たちの仮説が、少し実証されたのではないかと思います。



プログラム後半のペットボトル苗作りも、参加者みんながうまくできました。カッターを使う作業がありましたが、心配していたような怪我もなく、無事に終わって良かったです。今回はバジルを植えましたが、芽が出るのはこれからですね・・・。暖かく、日の当たる場所に置いていただければ、芽が出るはずです。



今回のラーニングガーデンは全般的に和気あいあいと進み、参加者にも満足していただけたようで、終了後のお茶会でも、良い感想を聞くことができました。
「コミュニケーション力の向上」と言う部分においても、自分の子どもがあまり人付き合いに積極的ではないのでは?と心配していたお母さんが、初めての子どもと打ち解けて一緒に走って遊んでいる様子を見て、安心したという感想が得られました。


一方、少し時間がかかりすぎて、ペットボトル苗の途中で子どもが飽きたということがあります。飽きを感じさせないような時間割や内容については、考える必要があります。



とはいえ、5月から始まる本編についても、お母さん2名からは好感触!
ラーニングガーデンに対する期待は大きいようです。コンポスト作りやスモーク作りなど、自分たちだけではできないことを、みんなでできるというのが良いと思うポイントの1つだそうです。

これからは5月19日から始まるラーニングガーデン本編に向けて、年会費5千円で参加者を募っていきます。全5回のプログラムですが、内容はさまざまなポイントを、大人も子どもも楽しみながら学べるようなものを用意しています。


お問い合わせは lg@kkindi.com まで!
Posted by アイ&アイ at 14:56 | ラーニングガーデン | この記事のURL | コメント(0)