CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
I&I
菜縁スルー (08/19) 関戸美子
菜縁スルー (08/01) hiroshi.toba
ていねあすなろ保育園 (07/25) I&I
さくらすくすく農園 (07/22) hiroshi.toba
さくらすくすく農園 (07/21) I&I
おかだまにて (07/12) hiroshi.toba
おかだまにて (07/12) I&I
宮の沢児童会館 いよいよ始動! (06/08) hiroshi.toba
宮の沢児童会館 いよいよ始動! (06/02) i&i
セミナー終了 (02/04)
月別アーカイブ
【菜縁セミナー2】コミュニティファームからの便り 実施報告 [2011年12月19日(Mon)]
2011年12月18日(日)に厚別区民センターにて、菜縁セミナー2「コミュニティファームからの便り」として、本年度I&Iが取り組んだコミュニティファームに関する報告会を行いました。

全部のコミュニティファームから報告ができたわけではありませんが、実際にそれぞれの場所で菜縁づくりに取り組んでいらっしゃる実践者の方々を3組お招きして、報告をしていただく形をとりました。

1.新琴似六番通り街づくりクラブ(北区)
    小室くん、野村くん(中学2年)秋山さん(ボランティア)




新琴似六番通りでは、札幌市の土地を花壇として地域の方々が管理しているのですが、更にその小さな一角を使って中学生と地域の方が協力して農園を作っています。

今回はその農園で実際に作業にあたっていた地元の中学生2人に、手作りの模造紙資料で発表をしてもらいました。

主に具体的な作業内容について説明をしてもらったあと、もっとも参加者の反応があったのは感想の部分でした。

「ボランティア活動というのは人の役に立つことだが、それがずっと続くのはこの活動が楽しいと思っているからだと思います。(自分が関わりたいと思っていた)東北震災ボランティアと僕達の活動とは違うけれども、彼らもそのしごとが楽しいから続けられる―また、こうしたことが一人ひとりの笑顔につながる。そしてそれが、地球全体につながり、ありとあらゆるものにつながっていく。ボランティアはこうしたことがあるから、ずっと続いていくのではないかと考えました」
(模造紙に書かれた内容を、本人が伝えたかったことを踏まえて修正)

「最初は自分が地域ボランティアに入って、足手まといになるかどうかが不安でしたが、ボランティアの方々が暖かく受け入れてくれたのでよかったです。また、スイカ2個はカラスに食べられてしまいましたが、良い収穫祭ができてよかったです」

また、ボランティアの秋山さんから補足がありましたが、いろいろと運営をしていく上では課題もあり、例えば地域の方々へどのように理解や認知をひろげていくか、花壇とは異なる菜縁ならではの見せ方をどう工夫していくか等についてはまだ模索中とのことでした。

私たちにとっても、都市型農園を拡大していく上で景観は欠かせない要素となりますので、今後も協力をさせていただければと思っています。

2.おかだまファーム(東区)
    猫塚さん(元介護施設看護師・ボランティア)




勤医協の福祉施設敷地内に作られたこのコミュニティファームからは、ボランティアとして関わっておられる猫塚さんにお話をしていただきました。

ここでは、高齢で身体機能に障害があるような方々にも菜園を楽しんでいただくということで作られた畑なので、それぞれの障害の程度にあわせて、何らかの作業にはかならず当たれるような畑づくりを工夫されています。

また、地域の児童館とコラボレートすることによって、子どもたちの畑作体験を提供することに加えて、高齢者と子どもという異年齢交流を生み出すことにも取り組みました。

印象的だったのは、子どもたちのなかには「おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に遊べて楽しかった」という感想があり、彼らの父母も積極的におかだまファームに参加させるこに加えて、子どもたち自身が自発的に続けていきたい!という思いのなかで参加していたということです。

一方、課題としては日頃の畑の管理をするうえで、どうしても人手が不足しているということでした。職員の数にも限りがありますし、利用者にしていただける作業にも限界があります。今はなんとかなっているものの、諸事情により来年度以降、畑を管理する人材に不足が出るということで、さらに地域の人々を巻き込んでいく取り組みが必要との認識でした。

3.あけぼのファーム(中央区)
    北の食物研究所メンバー(天使大学学生)



あけぼのファームは中央区にあるあけぼのアート&コミュニティセンター(元曙小学校跡、現在はNPO法人コンカリーニョが管理)において、作られているコミュニティファームです。

あけぼのファーム自体はコンカリーニョの方々をはじめ、近隣に住んでいるボランティアの方々や、時々イベント的に行う農作業で参加する一般の方々などによって、継続的に運営をされています。

その中において、天使大学の学生団体、北の食物研究所のメンバーは、コミュニティファームへの積極的な参加とともに、彼女たちがテーマとしている「食」に関わって「お食事会」を複数回実施しました。

それら一連の、野菜を育て、収穫するという経験を通じて、元気になったり野菜が好きになったりするという感想を持ったとのことでした。また、新鮮な野菜からは土のかおりやみずみずしさを感じることができ、そういった食材で料理をするということの喜びも大きかったと話していました。


これらの発表ののち、最後には、参加者17名が円になって、それぞれに質問を交わし合うという場をつくりました。なかでも、厚別区民協議会の田中さんからは、厚別区においてコミュニティファームを作る上でのコツなどについて多くの質問があり、コミュニティファームの実践者たちと盛んな意見交換がなされていました。



今回のイベントの冒頭、コミュニティファームとは何かということで理事長からプレゼンテーションがありましたが、やはりそのなかでも話があったように私たちはただ単に「畑」が増やしたいということではなく、あくまで地域の交流・つながりを醸成することが主な目的です。

そうしたねらいのなかで、いかにして人と人との良いコミュニケーションを生んでいき、さらには私達が主導ではなく、地域のスタッフが自立してコミュニティファームを運営していけるようにインスパイアしていくことが、どのような成果を生みつつあるのかということが、いい形でわかる機会だったと思います。




ご来場のかた、ご発表のかた、ありがとうございました。
【ラーニングガーデン勉強会】庭でまなぶ。畑であそぶ。 実施報告 [2011年12月05日(Mon)]
2011年12月2日、あけぼのアート&コミュニティセンターにて、ラーニングガーデン勉強会を行いました。今回は共催として、NPO法人コンカリーニョ(あけぼのA&Cセンターの管理者)と公益財団法人札幌国際プラザにご協力をいただき、開催しました。

講師はブレット・ヘンドリクスさん。アメリカのポートランドから日本へ2011年4月にALTとしてやってきましたが、自分の本当にやりたいことは別だと思い辞職。
もともとポートランドでも行っていたパーマカルチャー(持続可能な農業)やコミュニティ形成といった、私たちの共通用語でいうところの「エコビレッジ」的なことに携わりたいとして、当団体とつながりました。



今回のブレットさんの話であった話ですが、もともとポートランドでは以前から公共の土地を市民菜園=コミュニティファームとして利活用しており、その菜園をフィールドとして、地元の小学校や中学校が公式のプログラム(授業)に取り込む「ラーニングガーデン」が行われています。

ラーニングガーデンではもちろん畑の作業や農業についてまなぶということもできますが、さらに他のことについてもまなぶことができます。





例えば、環境教育として持続可能な行動や環境のことを教えたり、作業を通じてリーダーシップやチーム作りを教えたり、英語などの言葉や文化、地理や歴史、栄養学、料理や食育、ガーデニング、アートやデザイン、数学(算数)や科学など、教えられることは多岐にわたります。

そして、これらの活動を行ううえで、あけぼのアート&コミュニティセンターについては非常に良い環境であるとブレットさんは解説しました。
札幌という100万人都市にあること、さらにそのなかでも中央に位置すること、すでに菜園を持っていること、(座学などを行うための)施設もあること、などがその理由として該当します。

そういった好条件にあることと、いま〜これからの社会に求められる必要スキルを磨くきっかけづくりを行なっていくという文脈のもと、ぜひともラーニングガーデンをここで行なっていきたいということで、ブレットさんからの提案がありました。



▲会場の様子。最終的には32名(うち5名が外国人)が揃った。

その後の質疑応答についても、非常にホットな質問が参加者からは寄せられ、具体的に子どもたちをラーニングガーデンに招き入れるなかでどれくらいの人数を呼ぶか?(これについては指導員1人に3人の子どもがベターとの回答)などのやりとりがありました。

そして、今回はブレットさんが日本語をまだあまり話せないことから、全編英語でプレゼンテーションを行い、YMCAの先生に通訳をしていただきながらセミナーを進めていきましたが、これについては、先生のおかげでスムーズにすすめることができ、参加者にとってもストレスにならなかったのではないかと思います。

また、教育関係の内容であったことから、ブレットさんとおなじくALTとして日本に来られている方々も、セミナーに参加されました。
ラーニングガーデンには、子どもたちの国際感覚を養うというミッションもあるので、それについては彼らなど在日外国人の協力は必須です。



最後に、参加者の声をいくつかご紹介いたします。

「(ラーニングガーデンは)自分も体験してみたいし、将来的に子どもにも体験してほしい」(20代女性・学校職員)

「自分の畑でも学生や社会人、子ども、大人に体験してもらいたいと思っています」(20代男性・農業)

「多角的にまなぶことができ、子どもたちの自立や成長に大事な経験と思いました。ぜひ、日本の学校に取り入れたい」(30代女性・福祉職)


なお、I&Iでは来年度のラーニングガーデン実施を目指して、現在話をしているところです。
随時情報をお届けしていきますので、よろしくお願いいたします。

また、ラーニングガーデンに関する情報をメールでも発信いたします。もし関心があるかたは、ぜひ当団体メールアドレスまでご連絡ください。
Posted by アイ&アイ at 04:35 | ラーニングガーデン | この記事のURL | コメント(0)