CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
名言「最大級のありがとう」 さようなら姫。 [2019年01月25日(Fri)]
奏海の杜の前身、東日本大震災の頃の
「被災地障害者センターみやぎ 県北支部」で活動していたころ、
ブログでもたまに伝説を伝えていた「姫」と出会いました。
7年前のこと。

2012.JPG

震災後、安否が知りたいと依頼を受けて2011年10月。
初めは外になかなか出掛けられなかったと当時の記録に
残されていました。
当時の体重、0.1トン。

201405.JPG

外の世界には刺激がいっぱい。
未知の生物「(小さな)お友達」との遭遇。
どう関わったらいいかと姫も悩んだことと思います。


活動時間や利用日が増えると
体もなんだか痩せてきて…。
ステキなレディに。
体も軽くなってきたからか、
ダンスタイムも4曲(20分程度)ほど
自分のペースで踊ります。

20180900.jpg

そんな姫も最近地域のサービスに繋がるように
なり、奏海の杜に来る日以外も外出が増えてきたとのことで、
この度「卒業」の連絡を受けました。

にこま〜るの子ども達にも
たくさんのことを教えてくれた、先輩の姫。
20181004.jpg
「まじめな時にも笑いを」と。

ボランティアさんのことをよく覚えている姫。

美味しいコーヒーを入れてくれる姫。
20180501.jpg

化粧をすると室井佑月に似てる姫。(過去ブログはこちら)

ありがとう姫。がんばれ姫!
20190124.jpg

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新】  (美)
〜書き初め〜 [2019年01月17日(Thu)]
2019年1月4日仕事始めの「にこワゴン」
(見逃した方は1/10のブログをご覧ください)
初めての試みの余韻に浸る間もなく、午後の活動は「書き初め」

ねらい:新年に気持ちを新たにして
     丁寧に書道の活動に取り組む

にこま〜るでは表現活動をたくさん取り入れていて、
書道もその中のひとつです。
一人一人それぞれが自分を表現する、表現しようとする
プロセスを大事にしていて、うまく書くことが目的ではないのです。
五感で感じたことを素直に筆を使って(手を使うこともあり^^)表現!

お手本を見たらスラスラと
書道1.jpg

書道2.jpg

書道3.jpg

今年の漢字一文字に思いを巡らせ
書道5.jpg

新元号が気になりますね^ ^
書道6.jpg

何文字熟語︎?
書道7.jpg

みんな一文字一文字ていねいに。気付けば1時間半集中して取り組めましたー︎

一人一人皆違った表現。
誰一人として同じはない。
とってもステキな時間をいただきました!

書き初めで書いた作品は、どんと祭でお炊き上げすると字が上手になるとか…
どんと祭.jpg

素敵な作品だったので炎に投入! はできず(苦笑)

御神火にあたり一年の無病息災、家内(かなみ)安全を祈ってきました。

今年は、ますますパワーアップしますよ!!
お楽しみに〜〜メロディ (ふ)

【かなみのブログは毎週木曜日更新】
にこワゴン! [2019年01月10日(Thu)]
2019年最初の活動は「にこワゴン」
またにこま〜るがキテレツなこと始めたんかい!
と思った方、0.1%だけ正解。(笑)

大人の階段を昇りつつある中高生が取り組む活動「にこプラス」は、
近づく「社会」というものを意識しつつ、
自分とも社会ともうまくやっていくためのちょうどいい具合を見つけて、
身につけようというもの。
生涯発達支援塾TANEの櫻井さんのご指導の下、取り組んでいます。

その活動のひとつに「カフェ」があります。
今までは事業所にいらっしゃったお客様やスタッフに
コーヒーを振る舞うという目的で、
にこま〜るの事業所内だけで行なっていました。
コーヒーを振る舞うと一口に言っても、その中には、
身だしなみを整えたり、あいさつをやり取りしたり、
様々なコミュニケーションが存在します。
それらに慣れることで、自然に社会性が身についていくのですね。

最初は様々なレベルでの参加でした。
でも活動を始めて約1年、立派に活動できる子どもが増えて、
もうにこま〜るのスタッフが感動するだけではもったいない!
と、外へ飛び出したのが「にこワゴン」なのでした。

初めての舞台は、登米市中田総合支所のお昼休みでした。

IMG_6083.jpg

キャラバン隊がパーツを持って、

IMG_6110.jpg

自分たちでワゴンを設置。

49344269_2102082473186450_8603165651072188416_n.jpg

飾りも自分たちの作品です。

IMG_0383.jpg

ロビーでコーヒーを作ってお待ちしました。

IMG_6092_2.jpg

お弁当を買った方々が、もう片方の手に、
子ども達から受け取ってくださいました。

IMG_1556.jpg

食後の一杯にいかがでしょうと机にもお邪魔したら、
たくさんの方々に受け取っていただけました。
中田総合支所のみなさん、温かいご協力、ありがとうございました!!

IMG_6999.jpg

初めてのことだったので、子ども達も戸惑い気味。
「ありがとうございます、言うの忘れた!」
「全然しゃべれなかった!」などなど。
でも、振り返りの言葉が自分から出てきたのは嬉しかったです。

ストレスに打ち勝つには、慣れがキーポイント。
今年は色々なところでにこワゴンが出没するかもしれません。
その時はぜひ、子ども達から受け取ってくださいね。(京)

【かなみのブログは毎週木曜日更新!】

IMG_0371.jpg
2019年もよろしくお願いします! [2019年01月03日(Thu)]
あけましておめでとうございます。
穏やかな新年を迎えられたことと心よりお慶び申し上げます。

昨年の奏海の杜は、
2017年度に行った組織改革を定着させようと、体制を整えた一年でした。
関わる子ども達の健康と意欲、保護者の方々の愛情やご協力、
スタッフそれぞれの自己研鑽とチームプレイ、そして、多くの方々のサポート。
みなの意識の方向が「子どもの幸せ」という一点に向いて、
バランスされて、奏海の杜は創られていることを実感した一年でした。
慌ただしさの中にも奏海wayができつつある手応えを感じることができました。
たくさんのご支援ご協力、本当にありがとうございました。

世間ではいざなぎ景気を超える景気拡大となっているらしいですが、
障害者雇用の水増しや公文書の改ざんが発覚して悶々としたり、
西日本や北海道で大きな災害があって不安が広がったり、
好景気を実感しにくいことも多々ありました。
混沌とした中でも、いかに子ども達が心身充実した時間を持てるか、
が、これからの社会の幸せに繋がると考えます。
私たちは、導くのではなく、後押しする立ち位置で、
法人理念の「障害があってもなくても誰もが自分らしく暮らせる地域」へ。
今年はやっと外へ目を向けることができそうです。

奏海の杜では、明日から子ども広場にこま〜るが再開します。
年末年始の濃い時間を経て約1週間ぶりに会う子どもたち、
どんな笑顔が見れるかな、楽しみです。

IMG_5419_1.jpg

2019年も出来ることを精一杯。
温かい繋がりに感謝して、楽しんでまいります。
今年もよろしくお願いします!(京)

【かなみのブログは毎週木曜日更新!】