CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
春休みにこま〜る、始まってます! [2014年03月27日(Thu)]
3月最終週、暖かい日が続いていますね。
東北でも、根雪はすっかりとけ、
春の柔らかな空気に包まれています。
あぁ、幸せ。
例年花冷え寒波にトドメをさされるんですが。
今は、幸せ。
・・・と、軽く現実逃避の年度末、
有象無象に追われているきよですが、

にこま〜るは、楽しい楽しい春休み!!!

いつもは遠く離れた入谷公民館で行われているにこま〜るが、
事務所のすぐ隣の部屋で行われているのです!
子どもたちの歓声!
賑やかな音楽!
たまに「ねぇねぇ」と事務室に入ってくる
3Dにこまるさんたち!!
あぁ、幸せ。

春休み初日は登米市の長沼にある、
長沼フートピア公園に行ってきました。
DSC_1697.JPG
長い滑り台を滑ったり、
DSC_1716.JPG
ターザンロープで遊んだり。
やっぱり子どもは太陽の下ですね。

春休みは約2週間。
あっという間に終わってしまいますが、
その時間を惜しむように、
ふさ姉とみゆっちが楽しいこと考えているようです。
またお知らせしまーす。では!^^
地域連携の立役者 [2014年03月19日(Wed)]
にこまるスタッフの隠れた人気者、Kくん。
お片付け大好きで、この日は、

DSC_1706.jpg

他の子が出した布団を丁寧にたたんでくれてました。
カバン入れを帰りには全てしまうのですが、
それも毎回お手伝いしてくれます。
まぁ、少々早いのがタマにキズなのですが。^^;;;

そして、何より彼が好きなのは、

DSC_1717.jpg

ビニールテープを割いたフサフサ。

DSC_1717_1.jpg

コレが大のお気に入りです。
フサフサをフサフサさせながら、

DSC_0289.jpg

音楽にのって舞ったり、

DSC_1719.jpg

窓の結露を拭いてみたり。
フサフサは彼の一部となって、心も満たしてくれています。
だって、この満足げな表情!
こういうツール、わたしも欲しいな。。


Kくんは、3つの事業所を股にかけていて、
それぞれを上手く使い分けているよう。
ケア会議で判明しました。

そう!
彼のおかげで支援者側は情報交換が出来て、
おたがいとても得るものの多い時間となり、
今後も定期的にこういう機会を持とうとなり、
・・・いい感じ!

Kくん、ありがとう〜!
地域連携の立役者!!^^
またね、けんちゃん! [2014年03月17日(Mon)]
平成25年度が終わろうとしています。

昨年3月に大阪でお話しさせていただいたときに、
会場に来てくださり、
初対面だったにもかかわらず、
「近くにいくから、にこま〜るにも行きますわ〜」
と声をかけてくれたけんちゃん。

またぁ、大阪人、調子いいんだから!

気持ちが温かくて本当に嬉しかったけど、
話半分で聞いていたら、
ホントに、来た!
このときの衝撃は忘れません。

復興関係の派遣職員として、
岩手某所に1年間勤務されていたのでした。
平日ガッツリ復興業務で、
休日には、にこま〜る。
車で2時間以上かけて。

全然近くないし!^^;

「大阪人=たこ焼きのプロ」
という至極勝手な偏見にも、誠実に応えてくれ、

DSC_0309.JPG

たこ焼き焼いて、

IMG_0216.jpg

焼いて、

DSC_0135_1.jpg

焼いて。

からみつくにこまるさんに、
焼き方伝授してくれたりしながら。

ホントに美味しかった、けんちゃんのたこ焼き。

平成25年度の終わりとともに、派遣終了。
4月からは地元に戻られるから、にこま〜るも終了。

この日はけんちゃんにこま〜る最後の日でした。
ご挨拶が終わって、まさにしんみり別れの時、
にこまるさんから出たお礼の言葉は、

「けんちゃんは・・・早く大阪に帰りなさい!」

最後まで大笑い。
最高だよ、にこまるさん。

IMG_4719_1.jpg

たくさんの思い出と子どもたちへの丁寧な関わり、
本当にありがとうございました。

でもこれで今生の別とは思っていませんよ。
また、あの和泉ナンバーをブイブイ言わせて、
遊びに来てくださいね。
にこま〜るはここにあります。

1387774376196_1.jpg

「ありがとう、けんちゃん!」\(*^▽^*)/
畿央大学のお兄さんお姉さん [2014年03月14日(Fri)]
畿央大学の学生さんたちが、
にこま〜るに遊びに来てくれました。

DSC_1657.jpg

当日は寒くて外遊びが殆ど出来なかったのですが、
さすが現役!
力わざの関わりに、にこま〜るさんたちは大はしゃぎ。
狭い和室が熱気むんむんでした。
座布団と身体だけで楽しいんだもんね!
やっぱり人との関わりって何よりのプレゼントです。

来訪者に柔軟なにこま〜るさんたちは、
自分から積極的に関わります。
言葉が難しい子は、
手をつないだり、すり寄ったり、登ったり!
言葉を持つ子は、言葉で。

「どこからきたの?」

イントネーションの違いなどから、
東北ではないなと判断したよう。
近づいて、違いを見つけて、
そこから歩み寄るきっかけを作ります。
コミュニケーションの極意、体得してる!^^

畿央大学のお兄さん、お姉さん、
遠くから来て下さって、ありがとう!
きっかけを下さった支援学校の牧子先生、
畿央大学の古川先生、ありがとうございました。

ぜひぜひまたお越し下さい。
学生さんたちやスタッフの学びのために、
子どもたちの経験値UPのために!
3年経った3.11 [2014年03月11日(Tue)]
IMG_0618.jpg

IMG_5138.jpg

写真は、今朝の南三陸町です。
うっすら積もった雪とキンキンに冷えた空気に、
3年前がダブってしまう朝でした。

あの日の朝も、いつも通りでした。
私は友達と夕方に約束をしていて、
果たせないままになっています。

3年は、
いろいろな思いを乗り越えるには、短すぎて、
でも、非常時の生活を続けるには、長すぎる。
「まだ3年、もう3年」
には、
過去と現在と未来がごちゃ混ぜになったまま生きる
被災地の人々の葛藤が集約されています。
深いな。

でも、前にしか歩けないもんね。
行くだけですね、自分が信じた「前」に。

今日もにこま〜るさんたちは、
元気に入谷公民館に集まっているもよう。
ふさ姉もみゆっちもみどりさんも、
今日はきっくーも、
みんなみんな入谷公民館にいるって。

みやぎ鎮魂の日のおかげで、
いつもと違う時間だけど、
いつもと同じ、にこま〜る。

これからも。



お出かけ計画表 [2014年03月10日(Mon)]
にこま〜るは、春休みの準備に入りました。

学校が終わってからの放課後デイのときは、
活動時間は1時間程度。
何か企画してこなす!というには短すぎます。
ゆっくりおやつも食べたいしね。^^

でも、長期休みは長い送迎時間を引いても
6時間程度の活動時間があります。

うずうず。うずうず。

時間があるもの、何でも出来る!
お祭り好きなスタッフはうずうず。
それは、たぶん、子どもたちも。
と、都合良く解釈して、
長期休みはいろいろ楽しいことを探してきました。

新幹線を見に行ったり、
パレードに参加したり、
長い長い滑り台を滑ったり。
行く先々で子どもたちの新しい顔を見られて、
お互いに学びもあったりして、それなりに充実しています。

でも、それは100%本意ではありません。
だって、にこまるのモットーは、

「自分から」

いつか彼らの企画にスタッフを招待してくれたりしたら、
泣きますね、号泣ですね。

そんな壮大な夢を描きながら、
今回の春休みはもう一歩、「自分から」に近づける企てを。
それが「お出かけ計画表」です。
Q どこに行きたい?
Q どうやっていく?
Q なにをしたい?
表現方法に文字を持っている子は書いて、
そうでない子には触れ合って、本人の意思を確認しています。

時間も心も遣うけれど、
この一歩ずつが楽しい、にこま〜る的アプローチ。
返答の中には、今まで一緒に行ったところや、
経験したシチュエーションが出てきたりして、ホントに嬉しい。
にこま〜るの進む道を、
彼らが教えてくれている気がします。

今日、一枚の計画表を見せていただきました。
彼はディズニーランドに行きたいようです。ミッキーと握手するって。
でも、ディズニーランドは、遠いね。お金もかかるね・・・
・・・と、哀しい顔を見せるスタッフに、
彼は考えてくれました!!

IMG_2604.jpg

「ざざえさん おかねを あつめてください」

名字から(かな?)、彼はきよをサザエさんと呼ぶのです。
なんて明快で、直球な打開策なのー!
私の役目をよくご存じで。。^^;;;

いつかみんなでディズニーランド行こうね!
サザエさんもがんばるよー!
恋する生チョコ [2014年03月07日(Fri)]
あーーーー、2月が逃げちゃった!
と、いいながら、書いちゃいます。
我らが姫のバレンタイン。


最近の姫の日中活動は、工作か調理。

工作は、かなり集中して取り組める作業を身につけたので、
作品になるところまで作れるようになりました。
仕上げはまだまだスタッフ側の作業ですが、
いつか最初から最後まで100%自作を作って、
「これが私の作品!」と胸を張りたいです。

さて、2月某日。
この日は調理、しかも大好きなおやつ作りでした。

買いすぎた生クリームが冷蔵庫にあって、
「このまま私が動かないと、
 きよさんがまた腐らせる」
と、危機感を抱いたみゆっちが、
いいこと思いついて、の、生チョコ作り。
ええ、もちろん、賞味期限前ですよ、もちろん。

チョコを溶かして生クリームと混ぜて、

DSC_1592.jpg

平らにのばして冷やし固めて、

DSC_1444.jpg

ココアパウダーをまぶしてできあがり。
甘い香りと楽しいトーク、終始笑顔でご機嫌で。
それは、

DSC_1597.jpg

お目当てがあったから?
いやいやこれは、姫特有じゃないよね、お菓子作りの醍醐味。
そのまま流しなんて、チョコさまに失礼です。
姫特有のかぶりつき衝撃画像もあったけど、
公開は、バレンタインに免じて許してあげよう。^^

姫がチョコをあげたい人とは、翌週に会えました。

IMG_6126.jpg

「たくろ〜〜〜さ〜〜〜ん!」
彼は震災後1年以上ボランティアでいて、
今もちょいちょい顔を見せてくれる大阪人。
姫は数回しか会ったことはないのですが、
時折思い出したように名前を呼んでいるのです。

彼と会った時の彼女の笑顔と弾んだ声と猛進(!)を、
スタッフは生涯忘れないかもしれません。
素直に気持ちを表す姫、
とってもかわいかった〜〜〜!
(斯くありたい…遠い目TT)

ま、チョコは、
彼にあげたわけじゃ、ないけれど。(どないやねん!)

また来てね、たくろ〜さん。
にこま〜る的読み聞かせ会 [2014年03月03日(Mon)]
にこま〜るには、
支援でいただいた絵本があります。

けっこう、あります。

でも、依然としてジプシーにこま〜る、
子どもたちと子どもたちの荷物、
お茶やおやつの類いを積むと、
セレナ・マンタン。
本を持ち歩くというのは、
とてもとても難儀でして。
・・・言い訳ですけどね、
そう、あまり活用出来ていません。

南三陸町内に活動場所が出来れば、
本のスペースをいの一番に整備したいと、
目論んでおります。

そんな思いを強くさせてくれるのが、
にこまる画伯。
彼は自分の作品の読み聞かせをしてくれます。
その内容に、同じ物はありません。
スタッフの作品ファイルもパンパンです。
最近は、
紙芝居形式に文字と絵を配置することも覚えたよう。
回を重ねる毎に作品のクオリティはあがるのですが、
でもね。

DSC_1316.jpg
意気揚々と周りへ向けて語りだし、

DSC_1381.jpg
だんだん一人の世界に入って行き、

DSC_1383.jpg
あ!寝ちゃった!ぷぷ。

ってな具合。
そんな画伯のマイロードを、
全て受け入れるにこまるさんと
優しく見守るみどりさん(初出!にこ母のパートさん)

そんな、にこまる的読み聞かせ会、
きっと今週も。^^