CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年12月 | Main | 2014年02月»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
ありがとうのお手紙 [2014年01月30日(Thu)]
日々のにこま〜るで続けている
ありがとうの気持ちを伝えようプロジェクト。
毎日念仏のように聞こえる「ありがとう」
に溢れた空間は、
ホントに気持ちのいいものです。
ま、地味ですが。^^;

いろいろな伝え方がありますが、
今回はお手紙Ver.をご紹介。

image(3).jpg
昨年3月に支援学校を卒業した子は、
頼もしい宣言と一緒に。

働き始めてやがて1年。
立派な戦力になっているそう。
にこま〜るには、
アフターの憩いの場として通ってくれています。
みんなの優しいお兄さん。

IMG_5255.jpg
小学2年生の男の子は、
ありがとうの気持ちを夢で語ってくれました。
スタッフ、涙、涙の一枚。

「おおきくなったら にこまーるの おしごとを する」

だよね?主旨あってるよね??
押さえどころ心得てるじゃん!
大人泣かせの名子役!!
・・・と、照れ隠ししながら、
ガッチリ永久保存版です。

それを見た男児が書いてくれたのは、

image(4).jpg
モールは、仙台にあるショッピングセンター。
「ラーメンしょくどう」や「おもちゃや」など、
自分の好きなお店が並んでいて、でも、
「ふくや」って、
お母さんのことも慮る優しい子です。

既に趣旨は変わってますがね^^;;;

ありがとうのお手紙、嬉しかったよー!
みんなみんな、

「ありがとう!」
にこまる雑伎団 [2014年01月27日(Mon)]
にこま〜るさんは、圧倒的に男子が多いです。
男の子は、
有り余る体力と好奇心を、
身体マルゴト使って表現するのが、得意。
古今東西、男の子とはそんなもの。

それに応える若者スタッフ陣!
彼らのスピードとテンションについていくのは、
さすがっす。
がんばれ、大きな子どもになって!!

DSC_1329_1.jpg
太陽の塔だって、

DSC_1333.jpg
飛行機だって、この通り。
土台はタカッシオ、
Tさんはにこまる雑伎団の花形です。

DSC_1297.jpg
黒子役が好きな子は、
ほら、形から!

DSC_1298.jpg
本気で楽しんで教えているのは、
アラルクさん。(注:日本人)
彼はカリタスジャパンからボランティアとして、
にこま〜るに関わってくれてます。
もう1年になるんだ!!!早い〜!ありがとう〜〜!!

DSC_1254_1.jpg
応援隊は、
にこまるいち社交的で人気者のRさん。
音楽が鳴ると自然に身体が動き出すんだから、
天性の素質アリと見た!

そして、
バックミュージックを務めるのは、

1389846178527.jpg
スタッフ内のアイドル、Kさんです。
独特のタイミングで繰り出されるハミングが、
なんというか、もう。。。
逆光に浮かぶトレードマークの手先も、
哀愁漂う〜んん!

というわけで、
にこま〜るさんとスタッフで創り上げる、
UP TO YOUな、にこまる雑伎団。
ぜひ一度ご覧あそばせ。^^
制作チュ〜^^ [2014年01月22日(Wed)]
最近制作に熱が入っているのは、
我らがにこま〜る画伯。
連日新作が出てきて、報告が追いつきません。
いつか形にしよう、画伯!!

子どもの変化は一見急ですが、
それは内で、温め温め、育てていたものが、
発露しただけ。
いわば氷山の一角なのでしょう。
日々の関わりの積み重ねが、
いかに大切か、思うこの頃です。
(そして、我が身をを省みる^^;;;)

そんな画伯の変化の周りで、
他のにこまるさん達も、
内なる熟成が助長されているような。
ふつふつを感じています。

DSC_1233.jpg

寄り添い続けるYさん。
ちかっ!!^^;
でも、編集者的圧力は皆無で、
適度な関わり、温かいまなざし、すばらしい傾聴。

DSC_1350.jpg

ここで創作連鎖を起こしているのは、
Tさん、Kさん。
画伯は絵ですが、
それぞれの形で自分を表現しています。

DSC_1378.jpg

そして、自分も描き始めたのはWさん。
自分の名前から始まって、
・・・いつのまにか、一面のミドリ!!!
大好きな緑で埋め尽くした紙。
至福だったことでしょう。

思いを表現出来るって、
そんな時間を自然に創り出せるって、
みんなステキ!

にこま〜るは、
そういう場所でありたいのです。^^
口腔ケア講座ですよー。 [2014年01月21日(Tue)]
2月8日、障害者歯科学会認定医の加賀谷先生が、
一人一人の特徴に合わせた関わり方を中心に、
口腔ケアの講座を開いて下さいます。

にこま〜るさんたちはもちろん、そうでない方も、
ぜひぜひお誘い合わせの上、お越し下さい〜。


みんなで守ろう!お口の健康
〜スペシャルニーズへの対応〜

日時:平成26年2月8日(土)午後1時半〜3時半頃
場所:南三陸ポータルセンター
   (宮城県本吉郡南三陸町志津川字御前下51-1)
講師:加賀谷昇先生(加賀谷歯科医院 日本障害者歯科学会認定医)
参加費:無料
持ち物:・普段使っている歯ブラシ
    ・タオル(首に巻く)
    ・洗濯ばさみ(タオルをとめる)
    ・手鏡(なければこちらで準備します)
申込み:申込書をにこま〜るスタッフへ、
    または電話・Fax:0220-44-4171、
    メール:hisaitikouen☆yahoo.co.jp(☆→@)でも!
    【申込書は、にこま〜る、南三陸町保健センターで配布しています】

※ 子どもと保護者ご一緒にご参加下さい。
  子どもだけでの参加の場合は、スタッフまでご相談下さい。

〜加賀谷先生から〜
「元気の源は、お口から!
 ひとりひとりの特徴に合わせた
 関わり方のポイントを、
 お伝え出来ればと思います」

加賀谷先生は賑やかな小道具とトークで、
子どものハートをわしづかみの魅力的なせんせい。
和やかな雰囲気の楽しい講座になりますよー。

ご近所お友達お誘い合わせの上、
ぜひお越し下さい〜!!
愛だよ、愛!!! [2014年01月20日(Mon)]
地区の小学校が早帰りの日、
他の子どもたちの帰りまで時間があったので、
おやつのお買い物に付き合ってもらいました。

お家でも一緒に行っているのでしょう、
手慣れたもので、
カートにかごを入れ、一直線にお菓子売り場へ。

DSC_1362.jpg

「○○ちゃんにはこれ!」
「□□くんにはこれがいーよ!」

その声、顔、仕草に、優しさが溢れていました。
友達を思いやりながらの時間、
スタッフもほっこり。

ま、みるみるうちにお菓子の山、
いっときでしたけどね。

いざこざは日常茶飯事だけれど、
輝く個性の持ち主同士、それは当然の流れ。
大切なのは、その後です。
という気持ちで、にこま〜るでは
「ありがとう」と「ごめんなさい」
の自発を大切に過ごしています。
みんなだいぶ表現が上手になってきたような。。

ぶつけた頭をなでてあげたり、
お礼におやつをお返ししたり、

DSC_1365.jpg
倒れたお友達を助けたり。
ええ、決して、襲ってるわけでは。^^;

言葉じゃなくても伝えることは出来るし、
伝えようとすること自体が、ステキですね。

スタッフにもお礼状が届きましたよ。
手伝ってくれてありがとう、
話を聞いてくれてありがとう、
・・・という主旨だと思われる手紙と、

IMG_5342.jpg
ピンクのウサギが、

ゆうぱっくで。^^
ずきゅん!な、おばけ屋敷 [2014年01月17日(Fri)]
連日氷点下の南三陸町、
まさに冬真っ盛りの今!
にこま〜るに出現したのは、おばけ屋敷。
まさに、芯から冷え冷え・・・

では、ない!全くないのでした。
もう、ハートずきゅんずきゅんで、ぽかぽかですよ。

舞台は、お借りしている公民館。
公民館に入ろうとした人は、もれなく、

IMG_8199.jpg

お化け屋敷にいざなわれます。
まずは、定番セリフで、お出迎え、

IMG_0404.jpg
うらめしや〜〜〜。きゃー。
軽くシンプソンズにも似てますね。

その後もどんどん続いて、

IMG_8954.jpg
古式ゆかしいのっぺらぼうや、

IMG_6063.jpg
ほうきに乗った魔女も。
宅急便屋さんじゃありませんよ。

どれもこれもラブリーで魅力的なおばけたち。
自然と笑みがこぼれます。
・・・いやいや、おばけ、こわい〜〜

そして、最後に登場したのは、
元祖おばけのろくろっ首!
来訪者に与えられたミッションは、

IMG_1131.jpg
「うどん を つくりなさい。」

ひゃー!!!
このシュチュエーション、めっちゃこわいー!

しかもうどんは、
「ちぢれ麺でメンマ付き」ですって。
ラーメンやん!
の突っ込みも受け付けますって。^^

あぁ、こんな笑いで終わるおばけ屋敷なら行きたいな。

***

そしてお気づきですか?おばけの背景に裏写りしてる文字。
愛くるしいおばけたちは、この裏に描かれていました。

IMG_9927.jpg

手持ちがなかった私たちに紙を提供してくれたのは、
入谷公民館の職員さんです。
創作意欲があるときに、
タイムリーに渡してあげられたからこその、作品群。
ホントにいつもありがとうございます!!!

初売り前にかけなくてゴメンなさい。^^;;;
南三陸町2014睦月 [2014年01月16日(Thu)]
2014年が明けました。
あと2ヶ月弱であの震災から3年の節目になります。

3年ですよ、3年。
あの頃生まれた子は、ヨチヨチ歩くようになり、
小学校を卒業しようとしていた子は、中学を卒業する年になり、
学生が社会人に、恋人が夫婦に、家族に、
お酒を飲めるようになったり、飲めないようになったり(は、哀しい^^;)
ともあれ、
人生80年になった現代でも、3年は結構大きな時間ですね。

南三陸町も、この3年いろいろ動いていました。
風景の9割9分を占めていた市街地の瓦礫は殆どなくなり、
生活の場は避難所→仮設住宅と変わり、
復興住宅もぼちぼち建ち始めました。
防潮堤、浸水区域の土地利用、
高台移転、震災遺構、道路などなど、
いろいろな議論が交わされています。
一進一退を繰り返しながらも、前進していると信じています。
でもでも、
復興は、人の営みの速度には全然追いついてない〜。
と感じてしまう。
みんながんばってるのに。。
それだけ被害が大きかったということ、
それだけ自然には敵わないということ、か。


かつて、生活のニオイがぷんぷんしていた南三陸。
山や海に寄り添った暮らしが好きでした。
BGMのカモメの声や波の音、ゆったりのんびり。

それが今は、
広大な、

IMG_0720.jpg

工事現場。工事用車両で渋滞です。
聞こえてくるのは、
トラックのエンジン音、バック音、土砂を降ろす音、
なんだかわからないけどモーター音、
バー、ガー、ゴーの人造音で気ぜわしい。。
この工事の先には、どんな南三陸が待っているのかな。

IMG_1772.jpg

巨大な防潮堤が予定されています。
ここからの風景も変わるんだろうな。
飛べ!紙ひこうき!! [2014年01月15日(Wed)]
三連休明けのにこま〜るは、
元気な小学生男児が集まる火曜日でした。
「集まる」といっても、
3人がそろったのはもう1ヶ月以上ぶり。
結構忙しいんですよね、近頃の小学生は。

さてさて、そんな3人、
今日はひこうきを飛ばすことにしたようですよ。

DSC_1341.jpg

師はタカッシオ。
あっという間にステキなひこうきが出来ました。
そして、公民館の駐車場へ、
いざ、試験飛行!

自分で作ったひこうき。
飛行具合も自己責任ですよー。
・・・というけん制は要らないね、
飛ぼうが投げようが、ひこうきはひこうき。
唯一無二の時間が大事です。

DSC_1346.jpg

まぁ!!!紙ひこうき、飛び乱れて!!

いやいや、
ちらちら見える白いのは、ユキ、ユキ。
今年は沿岸地域も雪が多いような。
今期一番の寒気につつまれた、
最高気温ゼロ℃の南三陸でした。
さっぶぅ〜〜〜TT

大空へ飛べ、紙ひこうき!!
寒風とかけっこ、子どもたち!

負けるな、おとな。。^^;;;
障害者総合支援法攻略!! [2014年01月14日(Tue)]
年末年始の9連休、
からの、成人式からみの3連休。
世間では1月は短いですねぇ。

ええ、かなみのもりは、動いてますよ。

この3連休は、中日に研修。
障害者総合支援法について学んで参りました。

ホウリツってその響きだけで取っつきにくい。
それでもがんばってがんばって開けてみたら、
見慣れない縦書きでめまいがしたりして。

でも、大切な日々の活動の大元ですからね、
いちどは、頭に入れないと。
出来れば抜けていかないと、いいな(←目標)

にこま〜るは、
来年度からはこの法律に則した事業になります。
準備することがいっぱい。
がんばるぞー。

DSC_1328.jpg
にこまる的トムジェリ [2014年01月10日(Fri)]
Kくんは、
レスキュー隊を夢見る10歳の男の子です。

彼が最近はまっているのは、絵本の制作。
それがとっても個性的で、
その画風と内容に、スタッフの心は救われて・・・
おぉ!既にレスキュー隊!!

さぁ、にこまる劇場、Kくんのトムジェリ、
はじまりはじまり〜!

***『トムとジェリー・SPえほん』***

 題名には英語入り。
 著者の名前もキッチリ入っています。
 副題は、「トムがジェリーを追いかける」

IMG_1435.jpg

わーい きょうは がんたん。
トムと ジェリーは ごあいさつ。

 物語は平和に始まります。
 そしてお買い物に出た2人。

IMG_0605.jpg

きょうは がんたん やすみでした。
おしごとも きゅうけい。

 元旦でお店がお休みだった2人は、
 トムとジェリー神社へ初詣に行きました。
 すると・・・

IMG_9956.jpg

たいへんだー!
トムとジェリーの じんじゃが かじだ!

 大変!
 トムとジェリーの神社が火事になっていました。

IMG_9592.jpg

かじ さわりたい。

 火事を触りたいというジェリーに、
 トムが諭します。

かじは さわっちゃ いけません。

***〈おわり〉***


起承転結、バッチリ!
最後は訓示で終わっているのもスゴーイ!!
いにしえから伝わる童話の典型、ステキな絵本でした。
お母さんは日頃から読み聞かせをなさっているとか。
お母さんの愛情と子どもの吸収力に
感動のスタッフでした。

ま、
トムはジェリーを追いかけ、ませんでしたけどね。
というわけで、
副題はなかったことで。^^

IMG_1435_1.jpg

トム きゅん♪
| 次へ