CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年09月 | Main | 2012年11月»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
講演会開催! [2012年10月31日(Wed)]
夏に大好評だった講演を、
また開催させていただけることになりました。
内容はより具体的になって、
場所は我らが南三陸で!

「知的発達障害のある方の
 困り感を支援するテクノロジーの体験」

知的、発達障害のある方が、
無理なく生活・就学・就労するためには?
うまく力を発揮できるためには?

障害によって彼らが抱いている困り感に対して、
周りの人がどう調整したら、
より快適な環境になるのでしょう。

具体的な調整のノウハウや、考え方について、
第一線の研究者である岡先生がご教授してくださいます。
そして、先生のことだから、
私たちの個別な「?」にも、
きっと丁寧にお話してくださるはず。
有意義で楽しい座談会になるはずです。

11月30日はぜひ南三陸保健センターへ!
一緒にお勉強しましょう!!

日時:11月30日(金)10時〜12時
場所:南三陸町志津川保健センター2階

↓当日のチラシがダウンロード出来ます。
岡先生241130.pdf
研修「このゆびと〜まれ」 [2012年10月27日(Sat)]
2012年10月25日。
この日は私たちにとって特別な一日、
富山型デイサービスを学ぶ研修でした。

祖である「このゆびと〜まれ」の現場で利用者と過ごし、
創設者である惣万さんや一緒に行ってくださった大阪の法人の方々から、
私たちの活動についてご助言をいただき、
さらに、富山型をサポートする行政へのヒアリング、
富山県の今後の展開についても知ることが出来ました。

富山型デイサービスでは、
高齢者、障がい者、子供たちが、みな同じ場所で過ごします。
区別のないやりとり、家庭的な雰囲気、思い思いの時間。
場は光に満ちていて、とても温かい空間でした。
もちろん負の部分もありましたが、
やっぱり噂どおり素敵な福祉の形だと思います。
と同時に、土地や人に余裕のない被災地には、
そういったメリットもあるように思います。

この富山型を支える柱の大きな一つは、スタッフの力量でしょう。
「このゆび」のスタッフの笑顔やセンスには、
学ぶところが本当に多くありました。
そんな現場のやりとりを見つつ思ったのは、江戸しぐさ。
お互いが相手を尊重する気持ちが必須だなと。
それは100万もの人が集まっていた異文化社会をうまく回し、
260年以上地域を形作っていた庶民の知恵だったとか。
年代も性質も異なる人々が集まる富山型は、
特に意識する必要があるのかも。
私たちが関わるのは自閉症や発達障害の方が多いのですが、
彼らとのやりとりもまさに異文化交流です。
つくづく、世の中に起こる出来事はつながっていますね。

こういう理想を実践し、制度として構築、
自分たちだけでなくみなが継続可能にした「このゆびと〜まれ」は、
ホントにすごい。
研修を実現させてくれたたくさんの方々、
本当に本当にありがとうございました。

知識を得て、繋がれて、研修が実現し、
今回は見て感じることが出来ました。
さぁ次は、南三陸バージョン、模索したいと思います!!


IMG_1596.jpg
一般の家庭のような施設。
きれいな花壇と軒の干し柿が印象的でした。

IMG_1600.jpg
スタッフの方々手作りのお昼ご飯。
薄味で野菜満載!温かくて優しくて、
もちろんとってもおいしかったです!

IMG_1594.jpg
様々なサイズが並ぶ靴箱。
形も、サンダルあり長靴あり、色とりどり。
富山型を象徴しているところだと思いました。



創作の時間 [2012年10月23日(Tue)]
児童預かりにこま〜るは、
子どもたちの主体的な活動を尊重しています。

・・・あらら、かっこよすぎるわ。^^;

ぶっちゃけ、
好きなように、
思いのままに、
up to youなのが、にこま〜る。
学校で一日オンタイムをがんばってくるんだもの、
放課後くらいオフでいんじゃね?
というのが、私たちの気持ち。
まぁ、活動時間も短いですしね。

といっても、弱小にこま〜る。
イマドキのゲームや大きな遊具があるわけではなく、
しかも間借り。^^;
出来ることはずいぶん限られるのですが、
それでも楽しそうに過ごしているから、
ホント、子どもは遊びの達人です。

先日は小学1年と3年の男児が、ブロックに夢中でした。
ワンセットしかないピースを
組み合わせて組み合わせて、

121012_1629~01.jpg

ナニカになり、
それがいつの間にか、

121012_1623~02.jpg

ナニカになり、
そして、

121012_1654~01.jpg

ナニカに。

あっという間に「変態」が進んで、
いや、イマドキの言葉では「進化」というらしいですが、
その想像力は無限大。
山間の和室が軽く宇宙でした。

さて。
かわいい我らが創造主、
今日は、どんな世界を創ってるかな。
そろいました!そして、お願い。。 [2012年10月10日(Wed)]
春に決まったボーイング社からの大きな大きなご支援

その一部が、
私たちの目の前で、
大きな大きな形になりました!

IMG_1566.jpg

地上版航空ショーのように並んだアトレーワゴンとセレナ。
車いすで乗れたり、撥水シートだったり、ステップが出て来たりと、
どちらも障がい者仕様の特別車です。
並べて撮ってくれたのは、
センター南三陸期待の新人、ヨッシー。

IMG_1570.jpg

背面はボーイングのスマートなロゴ、
IMG_1570_2.jpg

前面と脇には、ゆるきゃらシンボル、にこま〜るくん。
nikomarl.jpg

1台で2度美味しい感じでしょう?^^;
セレナは今日納車になり、早速100キロ走ってきました。
ボーイング社の方々、
支援本部の方々、本当にありがとうございます。
しっかり管理して、1秒でも長く、
1人でも多くの人の笑顔を運びたいと思います。


ふさ姉、よし姉、きよのサンバカッパで1年。
まさに手探りで、何かをつかもうと悩みもがいた1年でした。
自分たちのやり方が見えてきて、
利用者の方々との信頼関係も出来つつあり、
やっと、なんとか、進む道が定まって来たこのタイミングで、
車が2台、そして、素敵な男子、ヨッシー。
いよいよ体制が整ってきたような。
スタートラインが見えて来たような。
私たちの歩み自体が復興ですね。^^

あとは、法人と活動場所!
そびえ立つハードルにひるみながらも、資金集めに奔走しています。
建物を建てるのって、大変なことですね。

そこで、ご寄付のお願いです。
私たちの活動に賛同してくださる方、
南三陸の福祉へご支援していただける方、
何の確約も保証もない私たちですが、
必ずや素敵な地域福祉を創ります。
ぜひ私たちの活動拠点建設へご寄付ください。

ご案内など個別には出来ませんが、
このブログに建設や活動の様子を随時載せてご報告します。
よろしくお願いします!!!

(ご寄付いただける方はセンター南三陸までメールでご連絡ください。
 アドレスはhisaitikouen◎yahoo.co.jp(◎→@)です。
 その際、お手数ですが確認のため、
氏名・都道府県を教えてください。よろしくお願いします!)
間借りデイ [2012年10月05日(Fri)]
10月から始まった放課後の預かりは、
公民館と福祉作業所の空き時間に間借りして行っています。
施設の方々には便宜を図っていただき、感謝至極。
私たちはもちろん、
きっと利用者のみなさんも。

にこま〜る号にデイアイテムと飲み物を満載積んで、
今日は入谷公民館、
IMG_1553.jpg
明日はのぞみ福祉作業所と、
IMG_8203.jpg
西へ東へ大移動。
これもまた被災地ならではの経験かもしれません。

ポジティブー!!!^^;;;;

いや、
各施設の方々にご配慮いただき心苦しさも覚えつつ、
一刻も早く定位置が欲しいですね。

***

今日は貸していただける土地で打ち合わせに行ってきました。
広さ充分、アクセス便利、勾配緩やか、最高の所です。
ここを地域福祉の核にしたい。
みんなの笑顔が集まる場にしたい。
白昼夢に襲われうっとりする前に、
農地転用の壁が立ちふさがる。

拠点づくり、
超えるのはまずこのハードルから。
放課後にこま〜る、始動! [2012年10月03日(Wed)]
暑い夏をさらに熱く駆け抜けた児童預かり。
手探りで夢中でしたが、ホントに楽しかった。
そして、季節は移り、10月。
秋風が寂しい今日このごろ・・・

で、す、が!

夏は終わらないよ、にこま〜る!!
一ヶ月の充電期間を経て、
放課後預かりとなって、本日、満を持して再始動です!

といっても、放課後は短い時間なので、
私たちの事務所のある登米市までくると、
ドライブだけになってしまいます。
一日学校でオンタイムを過ごしたあとに、
2時間近くのドライブって、辛くない?

ええ、わたしは、酔います。。

そういう子、ゼロではないはず。
でも、一緒に過ごしたいし、
私たちと、と言ってくれる子もいる。
この切ない相思相愛の気持ちをかなえてくれたのが、
南三陸町ののぞみ福祉作業所と入谷公民館の方々でした。
南三陸町に居場所が出来るまでの間、
しばらくはワンボックスに遊具と飲み物を積みこんで、
2カ所を間借りさせてもらっての、放課後預かりです。
ジプシーみたいですね。^^;

IMG_1547.jpg

預かりキャラバンの旗ふり役は、
極々身内で人気沸騰中のにこま〜るくん。
送迎の車の脇にちょんと乗り、
みんなのお迎えをサポートしてくれます。

(自作のマグネット、
 空気が入って「ぼこま〜る」なのは、ナイショ^^;)

IMG_1549.jpg

前面にもドーンと鎮座して、
みんなを元気にお迎えに行きます!
待っててね。^^

***

場所を貸してくださった
のぞみ福祉作業所のみなさん、
入谷公民館のみなさん、
送迎に関して配慮をしてくださった
気仙沼支援学校の先生方、
私たちの活動を温かくサポートしてくださる
南三陸町や支援団体のみなさん、
そしてそして、
私たちと一緒に過ごすことを選んでくださった
子どもたち、親御さん、
皆さん本当にありがとうございます。

安穏無事、和気あいあい、
楽しい放課後が過ごせますように!