CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年04月 | Main | 2012年06月»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
病院の送迎 [2012年05月31日(Thu)]
県北支部の業務の一つに、病院送迎があります。
病院内での付き添いは、基本ご家族や看護師の方にお願いしているので、
私たちが担うのは、車の運転だけです。

え?アッシー? ~(^◇^)/

かつて、嘲笑と共に使われた死語、なんて似合うのかしら。
でも、いいんです。
甘んじて受けましょう。
だって被災地、足がないのがこんなに切実。

病院送迎の行程は、
「家まで迎えに行き、
 病院へ送り、
 診察の間は待機していて、
 終わったら家まで送り届ける」というもの。
ええ、ふつうです。
でも、
「家まで60キロかけて迎えに行き、
 病院へ45キロかけて送り、
 終わったら家までまた45キロ送り、
 家から60キロを戻って、業務終了!」
となれば、どうです?
全行程210キロ、
診察待ち時間を含め、なんと9時間!!

超過勤務じゃん!

各行程直行、寄り道しているわけではないんですよ。
まぁ、だいたい寄るとこないですしね。^^;

今回一番の想定外は、待ち時間の長さ。
だって、延々3時間!!!
病院って、なぜあんなに時間がかかるのでしょう。
ご本人も相当お疲れで、
あれじゃ診察に来て病気になっちゃう。。
それでも、私たちにはすごくやさしかったSさん。
早くよくなってくださいね。^^

事務所に戻って午後5時、本日終了。
身も心も疲れ果て、
何が残ったのか微妙で、
オレンジ色の光につつまれて、
夕暮れを見つめるサンバカッパ。(* ̄m ̄)


これが被災地の今。
移動困難と言われる現実。
自由に動く車を使っても、
病院通いにこれだけの時間と労力が、必要なのです。
暴れん坊将軍、降臨! [2012年05月09日(Wed)]
私達は、強い自閉症の女性の支援をしています。
週1回だけですが、
定期的を大切に、最優先で取り組んでいます。

支援は、
家から事務所までの片道約1時間のドライブと、
事務所で好きなアニメを見たり、
お絵かきしたり、
お昼を食べたり。
まったり、のんびりな一日ですが、
ずっと在宅でいた彼女は、おでかけを楽しんでくれているよう。
おうちの人達の笑顔も、私たちの活力です。

ただ。
お年頃の女性なのですが、
破壊癖?があるので、難易度100。
いろいろ準備が必要です。

たとえば。

IMG_0617 (480x640).jpg

間違い探し、わかりますか?

そう、

IMG_0618 (640x480).jpg

電気がないですね。

電球、特に丸いのが嫌い(なのか、好きなのか)で、
見つけるとことごとく取り外して、

乗ります。(ノ*゚▽゚)ノ

ええ、はだしのこともあり、大変危険です。
だから、支援室の照明はナシがデフォルト。

他にも、
気に入らない(もしくは気に入った?)ものは、

投げます。(^0^ゞ

ペンの類は折るだけなので、被害は少ないのですが、
ファンヒーターは灯油くさくて難儀しました。
あ、テレビのときは、
よし姉が体を張って守ってくれて、かっこよかったなー!!

でも、
回数を重ねるごとに私たちが賢くなって防御してしまうので、
彼女はきっとつまらない。^^;

で、昨日はとうとう、
昭和の香りただよう重厚なエントランスに、

IMG_0620 (640x480).jpg

グーーーー、パーーーーーンチッッ!!!
なんだろ、この戦闘態勢。・゚・(ノД`;)・゚・

さすがに今回は血がでてしまったのですが、
「あーあ。いたぁ〜い♪」
可愛く困ってるから、おぃ!

ホント、ツッコミどころ満載です。

しかーし。
サンバガッパは超えますよ。
事態に直面したときには驚きますが、
対処の仕方もだいぶ慣れました。
そして、
不思議に湧き出るウキウキ感。^^;
パンチングされた事務所の顔も、

IMG_0614 (640x480).jpg

ほら、姉さんたちがしっかり修復&補強、
戦時中な雰囲気で。^^;;;
でも、きっとまた違う作戦立てて来るだろうし、
今回はこれで様子みよう。
暖かい季節になって、よかったです。

これからも、お互い、身の安全を第一に。

どんとこい。
ご支援、ありがとうございます!!! [2012年05月08日(Tue)]
私たちの支援本部であるDPI日本会議へ、
ボーイング社より、
寄付がありました。その額、

75万ドル!!!

えっと、えっと、
1ドル=360円として・・・
って、戦後かぃ!

ええ、レートなんて全く関係ないです。
大きな大きな温かい気持ちが、
はるかかなた海の向こうから、
被災地の傷心ど真ん中に届いたのです!!!
このお金は、福島、宮城、岩手の各県に数カ所ある
被災地障がい者センターへ分配されます。

ワレラ ニ モ キット。^^

「彼らが忘れられた存在ではないことを示す」
というデントン社長の言葉、
心にギュンと染みました。
ご支援、本当に、ありがとうございます!!!!!
飛行機、乗ります!
は、違うか。^^;

このご恩に私たちができるお返しは、
お金を生かすことしかないですね。
それは、
必要とされているものを、
継続した形にすること。

大事なのは、箱物じゃない、
きっと、人。
きっと、システム。
津波にも負けないもの。

ご支援、本当にありがとうございます!!!
温かい手に勇気百倍!がんばります。^^