CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«創作の時間 | Main | 講演会開催!»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
研修「このゆびと〜まれ」 [2012年10月27日(Sat)]
2012年10月25日。
この日は私たちにとって特別な一日、
富山型デイサービスを学ぶ研修でした。

祖である「このゆびと〜まれ」の現場で利用者と過ごし、
創設者である惣万さんや一緒に行ってくださった大阪の法人の方々から、
私たちの活動についてご助言をいただき、
さらに、富山型をサポートする行政へのヒアリング、
富山県の今後の展開についても知ることが出来ました。

富山型デイサービスでは、
高齢者、障がい者、子供たちが、みな同じ場所で過ごします。
区別のないやりとり、家庭的な雰囲気、思い思いの時間。
場は光に満ちていて、とても温かい空間でした。
もちろん負の部分もありましたが、
やっぱり噂どおり素敵な福祉の形だと思います。
と同時に、土地や人に余裕のない被災地には、
そういったメリットもあるように思います。

この富山型を支える柱の大きな一つは、スタッフの力量でしょう。
「このゆび」のスタッフの笑顔やセンスには、
学ぶところが本当に多くありました。
そんな現場のやりとりを見つつ思ったのは、江戸しぐさ。
お互いが相手を尊重する気持ちが必須だなと。
それは100万もの人が集まっていた異文化社会をうまく回し、
260年以上地域を形作っていた庶民の知恵だったとか。
年代も性質も異なる人々が集まる富山型は、
特に意識する必要があるのかも。
私たちが関わるのは自閉症や発達障害の方が多いのですが、
彼らとのやりとりもまさに異文化交流です。
つくづく、世の中に起こる出来事はつながっていますね。

こういう理想を実践し、制度として構築、
自分たちだけでなくみなが継続可能にした「このゆびと〜まれ」は、
ホントにすごい。
研修を実現させてくれたたくさんの方々、
本当に本当にありがとうございました。

知識を得て、繋がれて、研修が実現し、
今回は見て感じることが出来ました。
さぁ次は、南三陸バージョン、模索したいと思います!!


IMG_1596.jpg
一般の家庭のような施設。
きれいな花壇と軒の干し柿が印象的でした。

IMG_1600.jpg
スタッフの方々手作りのお昼ご飯。
薄味で野菜満載!温かくて優しくて、
もちろんとってもおいしかったです!

IMG_1594.jpg
様々なサイズが並ぶ靴箱。
形も、サンダルあり長靴あり、色とりどり。
富山型を象徴しているところだと思いました。



コメントする
コメント