CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«にこま〜るくんがやってきた! | Main | 保護者会を開催しました♪»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
育ちのTANE(3) [2019年02月21日(Thu)]
自立することをどう考えていくかというのは
子どもを取り巻く大人がどう「自立」のことを
考えているか、という問いでもあります。
子どもから大人になるという感覚は、実は
あいまいです。何歳だから大人ということでもないし、
20歳だから自立すると決められているわけでもない。
ところがなんとなく「もう大人なんだから」と言って
子ども達はいつも間にか勝手に大人に「させられて」
しまいます。
それよりもまず、自分のことがわかるとか、自分は
何が好きなのか言えるとか、自分がしたいことを
選べるとか、そうした小さな「決定」ができるかどうかです。
決めたことが尊重され、認められるという経験の積み重ねが
少しずつ少しずつ「自己決定できる人間」を育てます。
たしかに大人が決めた方が「楽」で「良い」こともあり、
子どもには出来る限り「安全」を…。そんな周りの気遣いが、
実は何も選べなかったり、意思を伝えられなかったりする
原因になってしまうこともあります。「かわいい子には
旅をさせろ」という言葉は本当に納得。にこま〜るの
子どもたちの活動も「選ぶ」「決める」を大切にしています。

(生涯発達支援塾TANE 櫻井育子)

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!!】
コメントする
コメント