CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«変わるもの・変わらないもの | Main | 2017年度の締めくくりイベント「RUNなう!」»
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
一年を振り返って。 [2018年03月29日(Thu)]
平成29年度が終わりますー。
今年は特に濃い一年でありました。

今年度は、
にこま〜る南三陸の中田への集約という大きな大きな節目を境に、
台所も人も火の車的な活動を脱して、
持続可能な支援体制を創ろうと、改革に改革を重ねた年でした。

最初の決意を振り返っても、
今年は、今の体制でできることは全てやりきったと思います。
評価できるときは自分たちも誉めておかないと。^^;
言っていると言霊が実現させていくようですので、
来年度の予定も早いうちに公表しますね。(背水の陣を敷くともいう)

今年度を振り返って、一番の大きな変化は「支援内容の改革」
ベクトルを常に“子どもの幸せ”に据えて、真摯に取り組みました。
一つ前のブログに詳しいので、ぜひ今一度ご覧ください。

活動が続けられたのには「広報の改革」の効果も大きかったです。
やはり賛同の声は、モチベーションを保ってくれる力強い支えですね。
スタッフ持ち回りで週1回更新したこのブログは、閲覧者も増え、
H30年3月29日現在で661,724 人の方がご覧になってくださっているよう。
思えば改革事始めは、年初にしたパンフレット制作でした。
活動広報紙も充実しました。まだまだ紙媒体が健在な地域です。

そして「環境の改革」は、
障害当事者も“支援される人”ではなく“共に地域を作る人”と再確認し、
まずは自分たちの場所を自分たちで作ることから始めました。
暗く冷たい雰囲気だった廊下は、今や子どもたちの作品ギャラリーです。

IMG_2160.jpg

IMG_2159.jpg

子どもたちの溢れる希望やにこま〜るを支える方々の温かい気持ちが、
入った瞬間に感じられる空間になってきましたよ。
初めての方はもちろん、ご無沙汰の方も、
ぜひ一度新生にこま〜るへお越しくださいまし。

そしてこれら全ての改革を支えたのが「体制の改革」
やはり活動の要は、信頼関係のある仲間、なのです。
毎月チームかなみワークショップを行ったり、
方向を確認しながら業務を見直したり、
一段一段みなで積み上げてきました。
おかげで子どもも大人も笑顔あふれる主体的な現場で、
もう、ほんと、それが何より嬉しい。。

障害者も健常者も高齢者も子どもも女性もLGBTも外国人も、
みんな共に支え合う地域なんて素敵じゃん!
そんな快適なごちゃ混ぜ感を、障害児発信で提案するのが、にこま〜る。
でも、人を変えるなんてハードル高いから、
まずは自分たちから変わりましょう〜というのが、活動の主軸にあります。

柔軟な子どもたちのチカラを借りて、地域改革へ。
「かなプロ」プロジェクトも本格始動して、
改革は、奏海の杜を飛び出して続いていく予感です。
ぜひみなさま、楽しく巻き込まれてください。
来年度もよろしくお願いします!(京)

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!】
コメントする
コメント