CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

NPO法人 奏海の杜さんの画像
NPO法人 奏海の杜
プロフィール
ブログ
アクセスカウンター
検索
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
リンク集

ジオターゲティング
◆みんなの広場 にこま〜る◆
○社会生活に困り感がある子ども達、意欲を高めたい子ども達
○社会に出る前にちょっと経験値を積みたい中高生諸君
○学校卒業したけど自分の生きる道を見つめ直したい大人
○素直な子どもたちの素敵な成長をサポートしたい大人
ぜひ、にこま〜るで自分のチカラを試してみませんか?
まずはお電話0220-44-4171か、メールhisaitikouen@yahoo.co.jpを。
お待ちしています!

【情報開示:NPO法人奏海の杜について

みんなの広場 にこま〜るのご案内

◆◆ 活動を応援をしてください(賛助会員)◆◆
個人:一口3,000円、法人:一口10,000円です。ご賛同よろしくお願いします!
  【口座名義:奏海の杜(カナミノモリ)】
   ゆうちょ銀行からの場合は【ゆうちょ銀行 02250-5-135181】
   他行からの場合は【ゆうちょ銀行 二二九店 当座 135181】


【子ども広場会報誌「にこdeま〜る」バックナンバー】
2013年1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2014年1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2015年1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2016年1・2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2017年1月号/2月号/3月号/4月号/5月号/6月号/7月号/8月号/9月号/10月号/11月号/12月号
2018年1月号
「TAKARAEふれあいフリーマーケット」に出店します! [2018年07月12日(Thu)]
8月5日(日)に行われる、「TAKARAEふれあいフリーマーケット」に
にこま〜るも出店します。
・時間は、10:00〜15:00
・場所は、宝江ふれあいセンター駐車場です。
・雨天時は、にこま〜るの出店は中止します。

にこファームで育てた野菜の販売や、コーヒーのハンドドリップの
デモンストレーションをにこまるさんが行う予定です。
日々の活動でも、少しずつ準備が始まりました。
1.jpg
野菜のイラストを、にこまるさんが描きました。
パソコンを使えるにこまるさんは、パソコンで描いていました。
それぞれの個性があふれています!
2.jpg
にこまるさんが描いたイラストは、当日の野菜ラベルに使用する予定です。

4.jpg
次々とイラストができあがり・・・
3.jpg
こんなにたくさんできました!


そしてフリーマーケット終了後は、にこま〜る中田で
16時から夕涼み会を行います!
BBQや花火など企画中です。
地域住民の皆さまのご参加もお待ちしております!
プレゼント  びっくり! にっこり!  [2018年07月05日(Thu)]

 一昨日(7月3日)にこま〜るに思いがけないプレゼントが
届きました。贈り主の欄を見ると東京在住のK村様。????  
スタッフ全員 存じ上げないお名前でした。開けてみるとお手紙と
ともに素敵なドレスが!「誰でも簡単に着られる服」
えっ?どういうこと? よく見てみるとボタンのところが
マグネットになっていました。確かにボタンをはめる作業が難
しい方がいます。さっそく、子どもたちやスタッフが着てみま
した。ファッションショーのようにポーズをきめたり、歩いて
みたり。機能性もすばらしいですが、デザインや色使いも素敵。

20180705115445_p533.jpg
マグネットだと簡単にできるね!

20180705115446_p534.jpg
きめポーズ! すてきだね

20180705115447_p535.jpg
スタッフも着てみました!
子ども達のヒーローになっていました。 

 

 ファッションデザインのtenbo(テンボ)と言う会社の服だそう
です。
Tenbo(テンボ)・・・初めて聞く会社の名前でした。
ホームページを覗いてみました。
「世の中の全ての人々。みんながわけ隔てなくオシャレを
楽しめる服。年齢、国籍、性別、障害の有無を問わず、
全ての人が笑顔になれる服。そして、平和を願う服。
それらを世界中の人々に発信している。」
すばらしい! 思わずホームページの画面に見入ってしまい
ました。

 全く知らない方からの思いがけないプレゼント。ブログを見て
くださったのでしょうか?こうして、人と人がつながってゆくん
だと感じました。私たち「にこま〜る」も今まで以上にぐーんと
手を伸ばして、つながりを広げていきたいと心から思った出来事
でした。

  ありがとうございました! (西)

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!!】
【閲覧時注意】汗と涙とシロアリと!? [2018年06月28日(Thu)]
【本日の更新は、閲覧時注意写真があります】Facebook掲載済みのもの。

少しずつ暖かくなって「あれ?暑いね」と話していた
5月下旬に入ったころのことでした。

にこま〜るさんを皆送り出し、片付け始めたころ羽根アリが
歩いていました。
昨年も同じ時期に対応したスタッフが居た為、すぐに薬を撒き
穴という穴をふさいで対応をしました。
昨年と同様であれば駆除完了!・・・のはずが。

別の日、スタッフ(美)が打ち合わせをしていた際、頬に汗・・・
と思いきや、
羽根アリ!
なんと柱から湧き出てるではあ〜りませんか(TwT)
(シロアリが、お引越しする頃羽根アリになるそうです…。)

5月25日の交流会・6月3日のとっておきの音楽祭と並行して
シロアリ退治の段取りが実は進んでおりました。

ari....jpg

事務所部分は確実に被害が出てる。活動室は…?
にこま〜るさんの居場所は?
床下の薬剤散布って、人体に被害は?
薬剤のにおいっていつまで残るの??
たくさん課題・疑問があがりました。

rarara@生涯学習センター.jpg
幸い、近い距離に生涯学習センターがあり、事情を話すと快く
お借りできました。
元気なにこまるさんは、普段より広い部屋で走り回ってしまうことも
度々。注意を受けることもありました。
・・・少し狙ってたスタッフ。地域の人に怒られるって中々無い経験。
「ねぇ、どうやって遊ぶ?」
それぞれ考え、遊びを工夫する機会になりました。
ららら♪ミュージックも、踊ったり飛んだりの動きがある為
施設窓口の方に相談すると「今使ってないからいいよ」と
予約以外の部屋を急遽お借りできました。

いつもは畳スタイルのおやつ時間。「椅子に座った方が姿勢がいい」など
普段では気付かないこともありました。

一方の事務所。
arinoato.jpg
アリが噴出していた箇所の柱は食べられていました。
他の柱に大きな損傷なく、「いい柱だね〜。あと10年はいける」
と言っていただきました。

新たに緊急案件。
nezumi.jpg
ねずみ!
ねずみが断熱材を食べている箇所が発見。
以前居たスタッフが出勤して「冷蔵庫前で死んでた」と聞いていたので
前々から居るだろうと予想はしていました。
屋根裏、活動室の床の下など被害も発見。
yukasita.jpg
シロアリ対応と共に対応していただきました。

合わせて一部事務所も書類が置けない作り付けの棚などを撤去してもらいました。
少し広くなった事務所。これで仕事もはかどる!?

今回のシロアリ事件を振り返ると
○いつもと違う環境ながら、それぞれに楽しんだにこま~るさんの
 適応能力に驚きました。
○生涯学習センターの施設の方に柔軟に対応していだだき助かりました。
 活動場所が増え、施設の方が私たちの活動への理解も以前より増えたと思います。
○緊急に応じて急ぎ大家さんに対応してもらい、大変助かりました。
 ありがとうございました!

シロアリ事件が、災い転じて福となす…でありますように!   (美)

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!!】
支援のTANE(2)〜共感コミュニケーションについて [2018年06月22日(Fri)]
「変化」というものは実は「恐怖」でもあります。
子どもたちも,
環境の変化に怖がったり,
抵抗したり,
ときには「退行」(赤ちゃん返り)
のようなもので訴えることもあります。

新しいチャレンジには恐怖感はつきもの。
しかし,それを乗り越えることで「体験」となり,
それが何度も積み重なって「経験」となり,
「ちから」となるのです。

しかしなぜ「恐怖」なのか?
(1) パターン化したものから抜け出せない(こだわり)
(2) 何が起こるか分からない(経験不足)
(3) 思いを言葉や態度で伝えきれない(発信の弱さ)
(4) 見えている世界が違う(認知の違い)
       ↓
いずれにしても,
自分たちが子どもたちの「代弁者」として
@〜Cの恐怖感を伝えていくことが大切です。
たとえば,
新しいことにチャレンジするときにパニックになった場合には,

  ●「こわくないよ」というよりは「こわいんだね」と共感する。(共感的理解)

  ●周りの人に対して「こわいって言ってるんですよ〜」と説明する。(仲間増やし)

  ●子どものパニック=自分のパニック,ではないし,支援不足でもない。(外在化)

と気持ちを切り替えて寄り添うことで,
支援者側の「なにかあったらどうしよう」という恐怖感をなくします。
実は,
新しいことにチャレンジする時に,
支援者側の恐怖が伝染することもあるのです。(育)

【かなみのブログは毎週木曜日更新!】
『とっておきの音楽祭♪踊って参りました!』続報 [2018年06月14日(Thu)]
にこま〜るでは一人一人、それぞれが思いを表現し認められること、
社会参加するとを大切にしています。

VERY SPECIAL 一人一人かけがえのない存在であり、
音楽のチカラ 表現する喜びであらゆる個性が輝いてほしい
という強い願いが込められていて、姿かたちも生き方も
考え方も能力もみなそれぞれ違う。
違うことをお互い認めあい尊重することが心のバリアフリーにつながる。

とっておきの音楽祭は、障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しみ
音楽のチカラで「心のバリアフリー」を目指す音楽祭です。

という訳で!この音楽祭に出てみよう︎と勢いで参加した5年前。
今年で連続5回目の参加となりました。

今年は参加する為に
IMG_5788.jpg
にこまる会議(にこまるさん主体の会議)に諮り
スタッフが形にしていくわけですが、今年は4曲︎それも3曲連続ダンス。。。
ノリが良くて軽快に踊れる…確かにノリはいい…スタッフの体力はもつのか…?!
と心配しつつ日々の活動プログラムに組み込みいざ練習〜〜♪
IMG_5996.jpeg

IMG_6143.jpeg
お友達のダンスを真似て踊る子、踊らずジーっと見つめ研究する子、
これ知ってるーとお手本になる子、ハーハー息切れする大人(辛い^^;)
皆頑張りました!

IMG_2755.jpeg
緊張する〜〜ワクワクする〜〜踊れない〜〜
でも、いざ!本番︎
さすがに4曲はハードでしたが(大人だけ︎)
IMG_2798.jpeg
やりきった〜〜♪
そう思えたのは、表現する喜び、認められる、だけではなく、
次のチームが私たちに大声援を送ってくれてノリノリで踊ることができたから。
その気持ちが嬉しくて皆が次のチームの応援しよう!とエールを送りました。
ちょっとした気持ちが大きな交流に繋がったことが嬉しかった。

来年は
スタッフが楽出来ない今どきの曲を入れるとか。。。
にこまるさんだけで踊る。があるとかないとか。。。
体力いつまで持つのか… (ふ)


番外編

頑張ったご褒美
IMG_6192.jpeg
ラーメンおいしいね〜〜︎

【かなみのブログは毎週木曜日更新!】
共に生きる地域のかたち [2018年06月07日(Thu)]
5月25日に登米市の中田生涯学習センターを会場に、
共に生きる地域のかたち
〜障害があってもあたりまえの暮らしを守る〜
と題して、交流会を持ちました。

33467125_1675407132541373_7183992891788754944_n.jpg

第一部は、大阪城東区で障害者の地域生活を創っている
そうそうの杜の理事長荒川輝男さんに
障害のある方々の地域生活を
どのように創られているか紹介していただきました。

33526928_576913706041266_6273742657223131136_n.jpg

そうそうの杜の共に生きる地域のかたちは、
1人の方のあたりまえの暮らしを守るために、
そうそうの杜が核となって、
事業者、病院、行政、家族、etc、
地域の方々が力を少しづつ出し合って、
1人の方の24時間×365日を積み上げて行く
ような、連携の仕組みでした。

33438349_576914196041217_6423146010897285120_n.jpg

子どもたちによるコーヒーのサービスの後、
第二部は障害当事者の親御さん、事業者、ボランティアさんなど、
地域の方々でざっくばらんな意見交換。
最後はにこま〜るの子どもたちによる踊りの披露で、
賑やかに終わりました。

大人子ども合わせて40名を超えた会場は、
真剣な学びと子どもたちのパフォーマンスで、
子どもも大人も笑顔で自由で前向きな空間になりました。
ご参加くださったみなさま、ご後援いただいた諸団体さま、
そして、遠路お越しくださったそうそうの杜の荒川輝男さま、
本当にありがとうございました!

そして、その夜は NPO法人奏海の杜 総会。
交流会の勢いで(!)
無事、H29年度の報告一切とH30年度の企てを、
承認していただきました。

さぁ、H30年度の始まりです!
奏海が目指す地域は、
障害者も健常者も高齢者も子どもも女性もLGBTも外国人も、
みなが特別で誰も特別じゃない、共に支え合う地域。
にこま〜るでは、そんな快適なごちゃ混ぜ感を、
障害児発信で提案してまいります。
柔軟な子どもたちのチカラを借りて、ワクワクの地域づくり。
本年度もよろしくお願いします!(京)

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!】
とっておきの音楽祭2018出演します! [2018年06月01日(Fri)]
更新が1日遅れてしまいました。すみません。

今年も、とっておきの音楽祭に出演します!(とっておきの音楽祭HPは、こちら
日時 6月3日(日)12:20〜12:40 (明後日です)
場所 マークワンスクエア1 (仙台駅とパルコの間です)
チーム名 にこまるスマイル (にこまるさんが決めました。ブログはこちら
踊る曲は、
1、手のひらを太陽に
2、おすばでサンバ
3、ペコリナイト
4、ねらいうち
以上の4曲です。
今年は、昨年より2曲増えてグレードアップしました!
皆さんぜひ、観に来て下さい!
そして、一緒に踊って下さい!!

【かなみのブログは、毎週木曜日更新】
にこファームの未来予想図 [2018年05月23日(Wed)]
にこま〜るでは栽培活動(農業活動)を行っています。
「にこファーム」と呼んでいます。同じ中田町の農家 菅原さんから畑を
お借りしています。植え付けや栽培方法の指導もしていただいています。
今年は、菅原さんからお借りした畑にジャガイモを植えました。品種は
キタアカリとタワラヨーデル。スナックエンドウも。事業所駐車スペース
の片隅には、かぼちゃ・しそ・ピーマン・ミニトマト・スナックエンドウ
などを植えています。水遣りをしたり、時々草取りしたりしています。
事業所内の畑はほんとに小さなスペースですが、菅原さんからお借りして
いる畑は、土が肥沃で本格的なものです。

菅原さんからお借りしている畑
うね.jpg



ジャガイモを植えました!(キタアカリ タワラヨーデル)
Sくん.jpg

oさん.jpg

kさん.jpg

先日、これから育てたい野菜について話し合いました。子供たちからは
枝豆やトマトなどたくさんの意見が出されました。
生き物や植物を育てる活動はとても大切な時間です。子供たちの心が
育つ活動だと思っています。そして、にこま〜るでは農業活動の未来に
ついても考えています。子供たちが育てた農産物を販売できるといいなあ
と思っています。農業活動が将来の仕事に繋がるといいなあと思っていま
す。単に野菜を育てるだけでなく、それが仕事になる。自立の一助になる。
それが私たちの「にこファーム未来予想図」です。 (西)

【かなみのブログは毎週木曜日更新!】
「共に生きる地域のかたち」イベントのお知らせ [2018年05月17日(Thu)]
180525地域で生きる.jpg

日程:2018年5月25日(金)
時間:14:00-16:00(17:00閉場)
会場:登米市中田生涯学習センター
(宮城県登米市中田町上沼舘43)
交流会 共に生きる地域を語ろう
※当日は、大阪の障害者の地域生活のお話を聞きながら、参加者みなで
あたりまえの暮らしについて話しましょう。

ゲスト:荒川 輝男さん
(社会福祉法人 そうそうの杜 理事長)
そうそうの杜は、障害の有無にかかわらず児童から高齢者の方まで、
住んでいる地域の中で生き生きとした生活を送れるような地域作りと地域に
根ざした事業を展開しています。
様々な人が集い憩える場所を区内各地域に作ることと、24時間365日の地域での
生活支援ができるようになることが夢であり、目指しています。

主催:NPO法人 奏海の杜(にこま〜る)
   自閉症児親の会 笑がおの会
後援:登米市 南三陸町 社会福祉協議会
  社会福祉法人 南三陸町社会福祉協議会
  一般社団法人 宮城県手をつなぐ育成会
  登米市手をつなぐ育成会

●参加申し込みは、みんなの広場 にこま〜る
(NPO法人 奏海の杜)へ
名前、人数と連絡先をお伝えください。
5/23(水)締め切り
電話:0220-44-4171(平日9:00-18:00)

********************************************

そんな、CMをしながらも最近のつれづれを^^;

omotenasi.jpg

久しぶりに登場!?我らが姫!
昨年からステキな仕事体験に出会い、姫が来る日=コーヒータイムがある!
…という、スタッフが喜ぶ活動の日もあります。

この日はお客様。打ち合わせの丁度良いタイミングで
「失礼します」とコーヒーを。
少し営業スマイルが足りないのは、ご愛嬌。
ツンデレスタイルかもしれないということで^^;
ほぼ毎月開催の「にこCafe」では姫が準備する「にこまるブレンド」の
日も。ミルで丁寧に時間をかけ、姫が挽いております。
お越しの際、タイミングが良ければ「にこまるブレンド」が出るかも?
お楽しみに!            (美)

【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!】
「あそびとはなにか」 [2018年05月10日(Thu)]
昨日のにこCafeは「あそびの効用。子ども心を取り戻そう」がテーマ。
子どもの気持ちになって遊ぶことを通し、「遊び」の効用を考えてみました。
グループに分かれ「最近遊んだこと」、「その時の気持ちは...」を
皆でシェアしました。「満足感」「リフレッシュ」「現実逃避」「気分転換」...
大人は「遊び」ではなく「娯楽」のくくりが大半でした。(ささやかな遊びと思っていたのに...)

その後、新聞紙1人3枚で「あそんでみよう!」のお題が。
そう!子どもに戻りあそんでみる。ただ、ただあそぶ。
1人黙々と細〜い細工を始める人
ファッションショーをする人
隣の人と引っ張りっこを始める人etc...
にこカフェ.jpg

子どもにとって遊びとは
「あそび」=「いきること」
子どもはあそんでいるは考えていない。
だから遊べる。
ただ遊ぶ。
目的なし
楽しいからやっている。
これを実証したく、放課後にこま〜るさんに新聞紙を用意し、「新聞であそぼう〜」と
自由あそびをしてもらいました。
たかが新聞、されど新聞。
子どもたちは次から次へと遊びを展開していきました。

新聞読み.jpg
新聞の感触を楽しむ子...記事の内容がツボだったりして

新聞遊び2.jpg
くるくるまるめ剣を作る子
ドレスをデザインする子
戦いを挑む子→もちろん「人は叩かない」の約束は守れました^^

新聞遊び.jpg
フラダンスをする子

新聞遊び1.jpg
(散らかってるけど)もちろん後片付けもバッチリ☆

子どもたちはあそびの天才!!
あそんだ後の子どもたちのなんてキラキラした表情☆
大人の声、しっかり聞けてる!届いてる!!
あそびきるって本当に大事☆

みなさんも童心にかえり
全感覚を解放し、常識にとらわれず、自分基準で
夢中になって、満足するまで、あそんでみませんか。 (ふ)

【かなみのブログは毎週木曜日更新!!】
| 次へ