CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«駅のすろうday | Main | 12月4日@»
プロフィール

舘 亜貴子さんの画像
http://blog.canpan.info/hs40888/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hs40888/index2_0.xml
最新記事
最新コメント

命日と誕生日 (12/12)
命日と誕生日 (10/08) ハーブストック
こどもすろうday (05/17) らりぽんぽん
こどもすろうday (05/16) ハーブストック
鮫特集 (05/09) ハーブストック
タケノコ (05/09) リバラン
鮫特集 (05/08) らりぽん
タケノコ (05/08) tak
タケノコ (05/08) ハーブストック
My苺あんみつ (04/27)
リンク集
月別アーカイブ
まとめ [2011年12月12日(Mon)]

気が付けば、もう冬。


数ヵ月のブランクに

安否確認のメールや電話、家庭訪問etc.

お気遣いいただきました。心配御無用、元気でーす。


いっくれ(南部弁で「ずいぶん」の意)経ってしまいましたが

まずはご報告から!


以前、このブログ上でも里親さん募集の呼びかけをした

被災犬のゴロタ


縁あって、沖縄で幸せに暮らしています!


三沢空港で飼い主さんと別れるときには

空港中に響き渡るような声で鳴き続けたものの

羽田空港に無事到着し、希望者の方とご対面。

気に入ってもらえて、そして再び空路、那覇へ。


少々メタボ気味のゴロタでしたが

アスリートの里親さんとの朝晩のお散歩ダイエットで

幸せ痩せしてるそうです。めでたし、めでたし!



昨日はしろがねキャンドルナイトに行ってきました。




粉雪舞う寒空の下、ろうそくの灯りはあたたかく



いろんな祈りや希望が込められ




船神輿も見守ってくれていました。



会場となった三嶋神社は、海の守り神様。

八戸港を望む高台にあり、災害時における緊急避難所にも指定されています。

3月11日は、海水が神社下までみるみる迫って来て

足元を水に浸らせた人々が次々と境内に避難してきたそうです。


白銀地区には自主防災組織があります。

地震発生直後の、あの混乱の中

防災組織のメンバーはただちに地域の公民館に集合。

高齢者世帯の見回りや避難者・車両の誘導、炊き出し準備など

行政等の対応を待たずに、迅速に機能したそうです。

住民主導の防災対策、見習わなくては。



春、夏、秋と季節は巡り、早9ヶ月。


今年の3月の貿易統計で、前月比倍

過去最高の輸入増を記録したものが

切り花の「菊」だったそうです。



東北地方で集中的に需要が高まって、輸入量が急増した結果の数字。

無数の菊の花がたむけられたことを物語る悲しい統計です。



お盆にも、お彼岸にも、たくさんの花が供えられたと思います。

私もいつにも増して、今年は合掌に力がこもりました。



北防波堤の半分近くが欠損して

丸腰状態が続いていた八戸港でしたが

応急修理が進んでいます。



40年かけてつくったものを

すぐに直せるわけがないとは分かっちゃいますが

単に旧に復するのではない補強が、ハマ住民共通の願いです。



直後は、海水が引いた後の道路一面のネバネバした汚泥が

乾燥して風に舞ったり、固まって道路は未舗装のようにデコボコ。

潮と砂と油がまじったにおいも、しばらく消えませんでした。



6月には、ずっと故障して消えていた漁港前の信号機が点きました。

たまたま、とりつけ作業中のところを通りかかって

思わず車をとめて、ずっと見入ってしましました。

おニューの信号機の光が眩しかった☆



そして岸壁に打ち上げられた、中型イカ釣り船たちの撤去も完了。

うちでも過去に同じサイズのイカ釣り船を持っていて

大漁旗や色とりどりの紙テープで見送った原風景があるので

あの、傷ついて道路に横たわっている船の姿は見るに耐えませんでした。

いまでは跡形もなく片づけられて

7月には岸壁で行われる朝市も復活し、活気を取り戻しています。



夏には夜明けとともに

新井田川に沈没・横転した船を撤去したり

川底を検査する作業音で目覚める日々が続きました。



全面回復にはまだまだまだ遠いですが

八戸の港は、漁港、工業港、商業港

それぞれの機能回復を着実に進めて

復港を目指しています。


転んでから杖を探している状態の原発政策をはじめ

甘い甘い想定の上に生きていることを

これでもかと思い知らされ続けています。



震災報道は減り続けていますが、まだまだ復旧段階。

当事者意識を持って、復興のためにできることを

考えながら日々暮らしていこうと思います。




そして、今週の日曜日

何年か前にやって、最初で最後なつもりでいた

SLOWNIGHTのなんと第2弾!として



カクテル&新蕎麦&ライブイベントを行います。


東日本大震災では

スローベースがある八戸市川地区にも津波は押し寄せ

森の主・木村勝一氏の家族所有の畑も浸水被害を受けました。

その畑に植え、収穫した蕎麦を

森の仲間達が打ち、みんなで味わい、語らう企画。



八戸に縁のあるアーティストの音楽を楽しみながら

カクテルはおなじみ、十和田市の『Bar K's』! の

日本一を受賞したマスターがつくるオリジナルの数々を堪能いただけます。

料金:2,000円(1drink 1soba)



津波ニモマケズ、塩害ニモマケズ、育ってくれた”TSUNAMI SOBA”

じっくり噛みしめたいと思っています。


コメントする
コメント