CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
新城市西部福祉会館指定管理者選定状況[2014年07月29日(Tue)]
本日、新城市のホームページにて
新城市指定管理者選定審議会の選定結果が
「新城市西部福祉会館指定管理者選定状況」
として公開されました。
第5回インシデントプロセス法研修[2014年07月26日(Sat)]
お久しぶりです。ホームの松原です。
さて、昨日は小野先生を講師にお招きしてのインシデントプロセス法研修でしたひらめきDCIM0199.JPG
昨年11月より5回連続研修として行ってきた研修も、いよいよ5回目となりました。
この間、研修を行うたびに新たな気づきを発見できた非常に内容の濃い研修なのですが、今回もこれまでと同じように内容の濃い研修でしたわーい(嬉しい顔)
利用者さんに「NO」と言われたときに、どのような対応をするのか。押すのか引くのか、その際の押し方の工夫が大事であること。
また、考え方でなく「効果」で判断することなどなど…。
今回の事例は正に日常生活に直結する困り場面を皆で考えたわけなのですが、世話人さんたちが日々の支援の中で突発的に起きる出来事に対してどのような対応をしていくのか、今回のような研修を重ねていき、考える癖を身につけていかなければならないと実感しています。
1.JPG

一応は今回でひとつの区切りとなるわけですが、またぜひご指導いただく機会を設けたいと思います!
小野先生、ありがとうございました。
お迎え時の車内でのお話とても贅沢な時間でしたぴかぴか(新しい)
新城市、田原市、再考、振り返り。[2014年07月20日(Sun)]
2014.7.13.jpg

この世界で仕事を始めて
気が付けば35年。
賞味期限を意識し始めた昨今。
そこに舞い込んだ
田原市のゼミナール14への
お声掛け。
本当に良い機会を頂きました。
新井さん、本当にありがとうござました。
(ゼミナール14前篇ゼミナール14後篇)

話したいこと断片的でしたが、
お伝えできました。
わかる人には解って頂けたと思います。

とにかく嬉しかったのは
全国区の戸枝氏と荻野氏に挟まれたこと。

そして私のお話を
すぐ隣の戸枝氏が
首を縦に振りながら聴いて下さったこと。
もちろん、かなり舞い上がっていて
記憶は定かではありませんが・・・。

田原市の自立支援協議会の
明日に向かって、私は一つだけ
お伝えさせて頂きました。
「居住支援」について。

北欧では「福祉課」とは言いません。
「住宅及び福祉課」と言います。
まず、「住まい」です。
もちろん農耕民族と遊牧民族の文化は
異なりますが…。

でも、今はまずもって「住まい」です。

田原市のとても完成度の高い
自立支援協議会にあって
なぜ、個の課題として「住まい」が
上がってこないのか。
単純に不思議でなりませんでした。
ひと昔前、身障療護施設・入所更生施設と
いわれた施設入所支援があるので
3障がい全ての地域生活支援を受け止めて
いるということでしょうか。

ところで、戸枝氏の講演は
やはり予想通り圧巻でした。
貫禄ではなく「覚悟」です。
そんじょそこらの福祉人とは
「覚悟」違います。
(もちろん彼をよく知る人からすれば
彼だから当たり前という人も
いるかもしれませんが・・・。)
日本の障がい児・者福祉を
「背負っていく覚悟」です。

20年前にスウェーデン、
ストックホルムの
ある医療施設で聞いた言葉を
思い出しました。
非常に発達した医療技術により
過去救えなかった新生児の命を
救えるようになったが、
福祉にとって一番の問題は
「助けた命の質」だと。

戸枝氏はどんなに重たい事例からも
逃げることなく、向き合い
ケアワーカーの喜びと悲しみを
知り尽くした上で、
ソーシャルワーカーとして
「助けた命の質」を問い続ける
実践を重ねていました。

超重症心身障がい児と言われる
子供たちの生きているその笑顔、
懸命に伸ばそうとする小さな腕、
そして水を掴む小さな手。

戸枝氏は会場に水を打ったように
深い、深い感動を私たちに与えました。

「覚悟」

追伸 「こうまま」こと荻野さんへ。
児童の課題への言及。的を得ましたね。
きっぱりと素敵でした。
シンポジストでありながら
会場のお母さんたちに
ペアレントメンターの研修を
しているようでした。
何よりも懇親会で田原のお母さんたちに
囲まれた荻野さん。
親でありながら支援者である、
そのバランスに
皆さんが引き込まれているようでした。

新井さん、写真お借りしました。
大切にさせていただきます。
ありがとうござました。
バルネロ・ムジーク・コンソートがやってきた![2014年07月19日(Sat)]
みなさんこんにちはわーい(嬉しい顔)
今月も楽しい余暇・社会参加活動の日がやってきました。

まずは久しぶりの「みんなの語り場」exclamation
今回のテーマは「みんなの頑張っていることを教えて!」です。「リーフ入れがんばってるよ」「チューブやってるよ」などお仕事のこと、「部屋の掃除」「お洗濯」などホームや家出の生活のこと…皆の色々なお話を聞いて、今まで知らなかった意外な一面を見ることができました。

DSCF4545[1].JPG
Nさんは「赤いアメリカの車を弟にプレゼントするために、リーフ入れのお仕事をがんばっています」と発表してくれました。素敵ながんばりエピソードですね黒ハート

語り場の後は、桜の木で作ったリコーダーグループ「バルネロムジークコンソート」さんによる、リコーダーコンサートが始まりました。
余暇活動初登場ですが、実はレインボーはうすとは昔から何かとご縁のある皆さんですぴかぴか(新しい)

DSCF4571[1].JPG
あまちゃんのテーマやさんぽ、茶摘みなど皆のよく知っている曲を中心に演奏していただきました。
途中、ハンドベルの体験コーナーやピアノソロもあり盛りだくさんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

DSCF4625[1].JPG
中でも一番盛り上がったのが、皆の大好きなアナと雪の女王のテーマ「LET IT GO」
DSCF4623[1].JPG
嬉しそうなこの表情exclamation×2お気に入りの曲の生演奏に感激する利用者さんを見て、こちらも大感激してしまいましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

音楽の力ってすごいですねexclamation×2
バルネロムジークコンソートの皆さん、素敵な演奏をありがとうございましたるんるん

グループホームからこんにちは。[2014年07月15日(Tue)]
リバウンドを制する者はホームを制す。


久々の登場にしてはインパクトに欠ける、
おおはらです。



最近、巷で「おおはらがレインボーをやめたらしい」
とのうわさが流れているとか、いないとか。


やめてないですから(笑)


実は、、、


世話人デビューしました。 
キター―ーーー!!!

一時痩せたのに戻りました。
キター――ーー!!!




ここで少し話しが変わります。

『ゴールデンタイム』
その人がその人らしく最も輝く時間帯。

多くの利用者さんにとっては日中活動の時間が
まさにゴールデンタイム。
その時間を共に過ごす支援者にとってもゴールデンタイム。



が、その時間、多くの世話人は毛布にくるまってます。
じゃあ、いつ輝くの!?


「4(16)時でしょっ!!」


『明日もみんなが「らしく」輝けるように』
そんなことを想いながら、日々「らしく」やってます。

ちょっとだけ僕ら世話人の『ゴールデンタイム』をご紹介します。
ちょっとだけよ。
IMG_3067.jpg
おだシェフ。
「お母さん、僕たち味噌汁が作れるようになりました(笑)」

IMG_4025.jpg
あと5分。
時間を確認し、おおはらはその場を離れます。
おだくん、後は頼んだ(笑)


こんな感じで「らしく」やってますので、
今後ともよろしくお願いします。







見通しを持ちたい。【ワークシステム】[2014年07月15日(Tue)]
この仕事、あとこれだけやったら終わりだ。
とか、
この人の挨拶、あと5分で終わる。
とか、
この荒川先生の研修1時間だから18時には終わる。

とか・・・・人間だれしも見通しが持てると安心します。揺れるハート

ワークシステムとは 「なにをするのか」「どのくらいするのか」「どうなったら終わりか」
●一連の流れを明確にし、見通しを持ちやすくする。
写真 2.JPG

この見通しを持たす方法が人それぞれ
どのやり方が本人にピッタリ合うのかを探し出すのが支援員のお仕事ぴかぴか(新しい)

この研修では
個人ワークで担当している利用者さんのスケジュールを作ったり、
グループワークでワークシステムを考えたり
荒川先生のわかりやすい研修で構造化についてものすごく勉強になりました。
写真 3.JPG

約束の1時間は過ぎてましたが、もっともっと詳しく知りたくなる研修でした。ひらめき

オレンジに荒川あり。手(チョキ) 6月 7月と2回にわたったとっても実のある研修
本当にありがとうございました。




新城市と田原市、再考。[2014年07月11日(Fri)]
この仕事に身を置いていて
実感するのは行政の企画力と決断力が
いかに大きなウェイトを占めているか
ということです。
2014.1.1-2.JPG

今年の3月議会で新城市西部福祉会館の
要綱が改正されました。
高齢者のディサービスは民間が
たくさん整備したので、市の建物で実施する必要はない。
逆に新城市では障がいの重たい人の受け入れ先が
不足しているので生活介護事業を
実施すべきとしました。

これは新城市地域自立支援協議会における
地域の課題として、
「新城市では障がいの重たい人たちの
昼間の活動の場が絶対的に不足している。」
ということに対する行政側の回答でした。

実際、障害者自立支援法施行後、市内では
民間の力で就労系の事業所は沢山できましたが、
障がいの重い人たち、とりわけ最重度の人たちの
受け入れ先は設備面も含めて
絶対的に不足している現実が続いてきました。

レインボーはうすの生活介護は定員24名、
新城市社協の地域活動支援センターは定員10名。
現在、重度の人の社会資源はこれだけです。

ヘルパー利用で在宅生活を何とか継続している人。
通える場所があれば本当は毎日でも利用したい人。
これから特別支援学校を卒業してくる人。
市内相談支援事業所にはそんな
彼ら、彼女たちの声が届いています。

ということで来週月曜日、新城市西部福祉会館の
指定管理に向けて、新城市社会福祉協議会と
当法人(新城福祉会)が競争入札という形で
プレゼンを行ないます。

嬉しいことは、結果がどうあれ、来年度新城市に
定員20名以上の生活介護事業所が誕生することです。
大きな大きな一歩です。
最重度の人の受入れが可能になります。
高齢者のデイサービス用に整備されたものなので、
特殊浴等の入浴設備もあります。
また医療ケアを実施するベッド等を
設置するスペースも十分あります。
2014.1.1-1.JPG

さらにいろんな絵が描けます。
例えば。
レインボーはうすの倍の床面積があるので、
単独型日中一時支援として
「放課後等デイサービス」の
試行実施も可能になります。

地域活動支援センター事業では、
思いっきり柔軟な日中活動として、
サテライト型サロン活動の可能性もあります。

さらに、ふれあい相談センターの事業では
基本相談という意味で、高齢と障害の垣根を
超える取り組みに当法人としてチャレンジできます。

小さな小さな新城市ですが、
障がい者の支援施策として
しっかりと舵取りをしてくれました。

ところで、同じく新城市こども未来課
こども園では、今年度から園に看護師を
配置して、気管切開をされているお子さんを
受け入れが始まりました。
これまた、行政力の凄いところです。
10年前の新城市では考えられないような
大きな変化です。

そんな新城市ですが、障がい福祉の分野を
田原市と比較した時、諸々の課題も見えてきます。

行政と民間との協働の仕組み、システムが
田原市では見事なほど構築されています。

行政と民間とで情報が共有されて、
諸々の事業展開、社会資源創出において
「選択」と「集中」が実践されています。

そんな田原市の実践が浮き彫りとなる
tahara seminar vol.14(田原ゼミナール)
です。

そして戸枝さんが
熱く地域福祉の未来を語ります。

豆腐のことで頭がいっぱい[2014年07月10日(Thu)]
豊川市にある
社会福祉法人  清源会
「もくせいの花」さんのこだわり豆腐
皆さん 食べたことありますか?

宮城県産 「ミヤギシロメ」という大豆100%のお豆腐を
レインボーの職員で注文しました。

お豆腐の種類もさることながら、
油揚げ、がんも、豆腐プリン、豆腐ドーナツ
もくせい 豆腐.JPG

これらの発注から集金、商品仕分けを昼食工房で行いました。  

なんせ注文数が多いもんですから、間違えがあっちゃいけないと
ここ1週間、頭ん中豆腐でいっぱい(笑)

仕分けして商品がバッチリ合った時の気持ち良さは快感でした。ぴかぴか(新しい)

お豆腐は【こゆい味】と大評判。手(チョキ)
ドーナツもプリンも甘さ控え目でとってもヘルシーでおいしかったです。黒ハート

【もくせいの花】のスタッフさん、昼食工房のお弁当注文と
お豆腐の製造、から配達まで本当にありがとうございました。
もくせい 利用者さん.JPG

素敵な振替休日!(^^)![2014年07月08日(Tue)]
笑顔がとってもキュートな昼食工房の利用者Mさんわーい(嬉しい顔)
6月30日より市内の大型スーパーで実習をさせていただいています。

実習担当の後藤就労支援員より様子を聞くと、とっても頑張っている様子。
どうしても見てみたい親ごころで
先週の金曜日・・・振替休日 【くノ一】になり、ペットボトルの陰から様子をうかがう。

きちんと手を前で合わせて、緊張した様子でお客様をお出迎え。
「いらっしゃいませ。」と笑顔をたやさずおじぎをする姿に思わずホロリ。もうやだ〜(悲しい顔)

その後、すごい笑顔で近づいてくる男性がひとり。
レンテック大敬さんに就職したJさん
「どうしたの? おやすみ?」の問いかけに
「車を買ったんです。今からとりに行きます。」

えっ えっ えっ!!!exclamation×2

レインボーを利用していた時は「お金がない」を連発していた彼が
くるま〜っ車(セダン)
すごい!!

さすがだよ。 Jさん
場ピアゴ駐車.JPG
(Mさんの実習先に駐車してあるJさんの前の車 至る所にテープで補強あり。)
どんな車を買ったかは内緒。 職員さんはJさんの職場を覗いてみてね。

朝から「レインボーのお菓子やさん 6周年記念クッキー」を取りに行って
初めてお菓子やさんの利用者さんの出勤風景を見て、
マイクロ お菓子や.JPG
その足で初めて2階のオレンジの作業場を見学して、
DSCF4442.JPG

そしてMさんとJさんの頑張りを見てぴかぴか(新しい)

本当に素敵な休日でした。揺れるハート
おめでとう、11歳になりました!![2014年07月07日(Mon)]
本日、7月7日
社会福祉法人新城福祉会は
満11歳になりました。わーい(嬉しい顔)
2014.7.7.JPG

法人の誕生日は七夕ぴかぴか(新しい)
皆が忘れないためにexclamation

でも、今年は特別…exclamation&question
法人有志による恒例のお祝い会バー
大きな大きなヤマ(※)を越えるまで
おあずけもうやだ〜(悲しい顔)…かなメモ

社会福祉法人新城福祉会
お誕生日、
おめでとうございます。演劇

追伸 
岡さん、こんな感じで良かった!?

※大きな大きなヤマ
2014.7.7-1.JPG
法人の認可申請書には
及ばないものの
「指定管理申請書」の
厚さもなかなかのもの。
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml