CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
dance!!dance!!dance!![2014年02月22日(Sat)]
みなさんこんばんは!!
まだまだ寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

今日は待ちに待った余暇・社会参加活動日です。
今回は語り場「来年度の余暇活動でやりたいことは?」、新井先生によるダンスレッスンの二本立!!

第一部の語り場では、「来年の余暇活動では○○をやってくれ!」と各班意見が飛び交っておりました。

画像 043.jpg

その中で特に人気を集めたのは、ファッションショー♪
皆さんコスプレや女装の願望があるようです!笑
画像 065.jpg

果たして来年度レインボーはうす初のファッションショーは開催されるのでしょうか?乞うご期待!!

そして第二部では、毎年恒例の新井先生によるダンスレッスン!
画像 096.jpg

外はまだ寒いですが、皆さん汗を流しながら必死に踊り、身も心もポカポカになりました。

画像 107.jpg
新井先生、素敵なダンスをありがとうございました♪


「行かない」んじゃない「行けない」んです。[2014年02月15日(Sat)]
2月11日・・・
あの東日本大震災から2年11ヶ月

NPO法人ゆうさんの10周年記念企画
『大震災 自閉っ子家族サバイバル』
〜どうする防災 みんなで考えよう! わたしたちにできること〜
に参加させていただきました。

都合で第2部
高橋 みかわ氏 講演『大震災 自閉っ子家族のサバイバル』からの聴講でした。

 あの忌まわしい震災から数ヵ月でレインボーの書庫に仲間入りした
『大震災 自閉っ子家族のサバイバル』
その当時、所長が終礼で話した
「あの震災から数ヵ月でこの本を発行された 高橋みかわさんてお方はすごい方だと思います。」
そのすごい方の講話はホントにパワフルでした。ぴかぴか(新しい)

まさに 参加型!!
みかわさん 会場に降りてきて観客席の通路を行ったり来たりダッシュ(走り出すさま)
テンポの早い講話と質問攻めあせあせ(飛び散る汗)
2時間なんてあっという間の中身がぎゅーって詰まったお話でした。

「行かない」んじゃない「行けない」んです。

『避難所』
初めての場所、人が苦手、不安。 これから何があるかわからず不安・困惑・混乱。
自閉症のことをわかっていない人による特異な行動に対する無理解&冷たい視線。
家族(支援者)が周囲に気兼ね、萎縮。

在宅避難を選ばざるを得なかったみかわさん。
家の耐震から物品の準備、自閉っ子のための環境整備。話しかた声のトーンまで気をつける。
自閉っ子のきらくんを混乱させない準備を常日頃から行っていました。

そして『でんと構える』 でこの非常事態を乗り切ったそうです。

第3部のパネルディスカッションでもみかわさん
豊川市の消防次長さんに当事者ならではの熱い思いを伝えていました。
自らアウェイだと言いながらも、豊川の皆さん一緒に考えて行きましょうと話した次長さん
に笑いながらも・・・
う〜ん わが町新城はどうなの?と思いました。

所長におねだりして
『重い自閉症のサポートブック』も購入してもらいました。
興奮冷めやらぬ岡は
みかわさんからサインを頂き、握手までしてもらっちゃいました。
あ〜 なんで一緒に写真を撮ってもらわんかったんだろう・・すごく後悔(>_<)
DSC00241.JPG

サポートブックなるもの・・・あたしは初めて見ました。

本人さんの事 こんなに詳しく事前に知っていたら
支援者が悩んでつまずいたりする事が減って
その分 スムーズに手厚い支援ができます。

毎年 難病の方たちのキャンプにボランティアとして参加している荒川支援員も
お風呂に関してのサポートブックあるよ。ぜんぜんわからない人たちの介助だから
すごく助かる。って話していました。

先回の自閉症の方のピアノコンサート企画に続く今回の企画。
ゆうさんスゴイ!! ヽ〔゚Д゚〕丿
本当にありがとうございました。 
そして
10周年おめでとうございます。ぴかぴか(新しい)
研修のお手伝い[2014年02月06日(Thu)]
1080402_217028745166681_1025482117_n.jpg
田原市障害者総合相談センター長の新井さん
からの要請を受けて
「成年後見制度利用推進研修」の講義の
お手伝いをさせて頂きました。

ちなみに、当法人の小林相談員は
障害者虐待防止・権利擁護研修の2コマを
講義しました。
1624844_217028691833353_1907161438_n.jpg
(※左手奥に見えるのが講義中の小林相談員)

ところで、私のお手伝いのコマは
「成年後見制度」が講義テーマにもかかわらず
キーワードは「意思決定支援」へ。
詳細は新井さんのブログ
「意思決定支援」考。

私はスライドの最後のコマに
現在の自らの問題意識を集約しました。
それは以下のように(若干省略)。

[成年後見制度に思うこと(私見)]
@権利擁護の原点である本人の
意思をどこまで尊重しているのか。
⇒現行の成年後見制度は
「意思決定支援」よりも代行決定を
重視しているのではないか。

A法人後見において利益相反に
ならない仕組みづくり
⇒同一法人で直接支援の
福祉サービスを実施している
場合のルール作りの必要性。
  
B市民後見人の養成と
リスクマネジメント。
⇒市民後見人の人権意識の把握と熟成。
法人が後見監督人的役割を
果たす必要性。

C東三河5市全てで社協が
成年後見(支援)センターを開設した。
⇒東三河の地域性。
社協受託の強みと弱み。

日本政府は1月20日、
国連の障害者権利条約を批准。
2月19日より効力を発する。

権利条約では
成年後見制度が
「障がいのある人が自分で選び、
自分で決めること」を尊重するもので
なければならないとしています。

成年後見制度が変わらなければならない
その必要性を一緒に考えることの
できる時間でした。

ただ、大切なのは現場では
諸々の局面において、使える制度
ここでは成年後見制度ですが、
たとえそれが未成熟であっても
最小限かつ適正に使うことは、
どうしても必要だということです。

だから、私は2つの法人後見組織、
NPO法人東三河後見センターと
新城市成年後見支援センターの
立上げに力を注ぎました。

手嶋先生の講義を真摯に受け止めた上で
私は研究者でも、学者でもないので、
現場の実践者として、
新井さんのコーディネートにより
生の声を届けさせていただきました。

しかし、手嶋先生のある意味「爆弾講義」で
とても通常の研修では考えられない水準まで、
レベルが引き上げられたことは
確かでした。

このような貴重な機会を
井上さん、新井さん、手嶋先生、
ありがとうございました。

そして小林君、お疲れ様でした。
Sigeto Fukasawa × Rainbow House[2014年02月05日(Wed)]
1stアルバムのタイトルは

「最後のMessge]
〜さいしょのメッセージ〜

が良いなと思っています。
使いたいアーティストの方はご自由にどうぞ。

Naoki Ooharaです。



歌の力で日本を元気に。

ということで。

深沢繁人さんによる、
「ホスピタルライブ」
が開催されました。
IMG_1315.jpg
あっ。
間違えた。

IMG_5504.jpg
この方が本物の深沢繁人さんです。

〜プロフィール〜
深沢繁人(ふかさわ しげと)

日本最大級の音楽コンテスト
「島村楽器主催HOT LINE 2010」
において全国2700組の中から優勝。

2011年9月に1stアルバム「青年の肖像」
にて全国CDデビュー。

2013年より鰍アころざし音楽工房に所属。
歌の力で日本を元気に!をテーマに
全国の福祉施設等への訪問演奏活動
「ホスピタルライブ」活動を行っている。



そんな深沢さんが、
新城を元気にするためにやって来てくれました。
IMG_1292.jpg
IMG_9079.jpg

その音楽、歌声を何かに例えるとしたら、
総合公園の芝生広場(歩道寄り)を吹き抜ける夏の昼下がりの風。
もう少し付け加えるとしたら、
子どもとキャッチボールをするお父さん。

“やさしいチカラ”を感じました。


深沢さん、今日は遠いところありがとうございました。
全国の中で新城市を選ばれるあたり、とてつもない才能を感じました(笑)
何故だか、またどこかで会えるような気がしています。
お元気で。
IMG_0581.jpg












東三セルプ共同研修会 そのB[2014年02月03日(Mon)]
あーーー
お酒が飲みたい。


おおはらです。


土曜日、日曜日と若干アクセス数が増えている、
このブログ。

みなさん気になってますねーーー(笑)

では、「タノシカッタ交流会」
写真でお楽しみください。

IMG_4873.jpg
このグループ、なんだか落ち着きました(笑)
写真左は東三セルプのゆるキャラになりつつある、
A事業所のTさん。
今年は3割30本を目指すそうです(笑)

IMG_1564.jpg
テーマ「お父さんと」
※親子ではありません。

IMG_6771.jpg
一番激しかったのがこのグループ。
酒乱の集まりのようです(笑)


この写真のテンションと、今現在のテンションに
差がありすぎて笑えてきます。
「記録」って大事ですね(笑)
以上、おおはらからの報告でした。



東三セルプ共同研修会 そのA[2014年02月03日(Mon)]
只今、脂肪燃焼中。

ここからが真骨頂、
おおはらです。


東三セルプ共同研修会、第2部。
「グループで楽しむレクリエーション」

レクリエーションと言えば、この方。
IMG_6082.jpg

IMG_3071.jpg
そう。
九州が生んだ「アイスブレイク」の天才。
鎌田博幸氏。

今年度のゲームは、
「都道府県五目並べ」

天才が指揮をとれば、どんなゲームでも大盛り上がり。
IMG_0926.jpg
雪解けです(笑)

で、優勝はやはり事務員チーム。
何か「もっている」ようです。


さあ、この後はいよいよ交流会。
あなたの出番です(笑)








東三セルプ共同研修会 その@[2014年02月03日(Mon)]
消費税と反比例であって欲しいもの。

それは体脂肪率。

消費税8%は嫌だけど、
体脂肪率8%はウエルカム。

おおはらです。



さて、2月1日(土)。
東三セルプの合同研修会が開催されました。

まずは会長挨拶。
IMG_0162.jpg
春の「音連れ」を感じました。

第1部
(株)モリトク 代表取締役
(株)まちの豆腐屋プロジェクト 専務取締役
森新一氏による、講演会。
IMG_4274.jpg
「簡単!売れる!商品の創り方」
〜課題から学んだ売上を伸ばす方法〜

商品の企画から販売・営業の方法まで、
演習等を交えながら、丁寧にお話をして下さいました。
すぐに「使える」内容もたくさんあり、
目からウロコ状態でした。


ここからは
おおはらのなんちゃって復命書(笑)

有限会社や株式会社が、
障害福祉サービス事業(日中系)に参入してから約8年。
その専門性を活かし、たくさん稼げる事業所が
どんどん増えてきています(とても良いことだと思います)。

そんな中で、自分たちが生き残っていく為には・・・
      自分たちに求められることとは・・・
※「このまちで」ということが前提にあります。

そんなことを“ふと”考えさせられた時間でした。


後半へ続く。









プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml