CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
クリスマス&忘年会[2013年12月27日(Fri)]
12月24日、生活介護全体でクリスマス&忘年会が行われました。
「職員だけ忘年会があるのはおかしい!」
という考えから始まったこの会も、今年で2回目。
今年は、クリスマスと忘年会を一緒に行いました。お得感満載です手(チョキ)

最初はクリスマス会。
法人に寄付でいただいた段ボールで出来たクリスマスツリーの飾りつけから。
装飾をつけていくことで、気分も盛りあがってきます。
電飾もピカピカと光ってとてもキレイですぴかぴか(新しい)DSCF3373.JPG

特別ゲストでサンタクロース(?)も登場exclamation×2
DSCF3383.JPG
会場は大盛り上がりでしたわーい(嬉しい顔)

サンタで盛り上がった後は、忘年会です。
今年の忘年会は、クレープ作り。みんな真剣に準備をしています。
DSCF3399.JPG
いちごやバナナ、みかんなど果物をたくさんのせて・・・。
おいしくて大満足でしたexclamation×2
DSCF3410.JPG
みなさん、一年間お仕事お疲れ様でした。
来年もよろしくお願いしますねグッド(上向き矢印)
DSCF3407.JPG

第2回インシデントプロセス法研修[2013年12月16日(Mon)]
サポートホームの松原です。
先週金曜日、講師に小野先生をお迎えしてのインシデントプロセス法5回連続研修の第2回を行いました。
IMG_3738.jpg
今回は長坂所長に進行役をお願いして事例検討を進めていきましたひらめき
事例提供の金田世話人は、登録世話人(アルバイト)時代を含めると5年ほどのキャリアの持ち主。長坂所長や参加世話人からの質問や情報収集にしっかりと返答していく姿は非常に頼もしく感じられ、キャリアに加え入居者さんとの普段の関わりの深さを垣間見ることができましたわーい(嬉しい顔)

今回の事例は、小野先生曰く「説得の失敗」という事例でしたが、これまでに色々な対応をしたうえに辿り着いてしまった少々強引な対応というものでした。
とかく一人仕事になりがちな世話人業務。自身が気づかないうちに権利侵害、虐待につながっていく恐れもあります。
大切なのは「共感」すること。
そんな基本に立ち返ることができた、ステキな研修でしたぴかぴか(新しい)
とてもホットなひととき 〜オーディズム・ミュージシャンコンサート〜[2013年12月15日(Sun)]
昨日は外は寒かったですね
でも・・・久しぶりに『なないろの落書き』に登場する岡は
ココロもカラダもぽっかぽかな体験をしてきました。いい気分(温泉)

昨日は『NPO法人ゆう』さんの10周年記念イベント
〜オーディズム・ミュージシャンコンサート〜
小柳拓人・真由美コンサート&トーク  
に出かけてきました。るんるん

ぽっかぽか体験その1
・第一部
市内在住の、自閉症児者によるピアノ演奏
3人の方たちの楽しそうにピアノを弾く姿、その中の一人の男の子のピアノの先生のお言葉・・・
寝転がったり、どこかへ行ってしまったりして、ピアノを触らずにレッスンが終わるコトもあるそう。
「一番まずいのは(この子はできないと)お母さんが先にあきらめること」
先生は彼らとの出会いは神様が出会わせてくれている。 彼らには偏見を持たない、いっさいマニュアルはない。この場合はこう。次の人が来ても全くわからない。0「ゼロ」からの出発。
これこそ個別の支援なんだと思いました。ぴかぴか(新しい)見習わなきゃあせあせ(飛び散る汗)

ぽっかぽか体験その2
・自閉症児のおかあさん『まりぃず』さんによる演奏
こうままのブログより。。。何回聞いても泣ける・・・と書いてあったけど目頭が熱くなるなんてもんじゃありませんでした。もうやだ〜(悲しい顔) 自分の子育てとかぶって滝のように涙が流れてきました。うちもお兄ちゃんに相当我慢させてたなぁ・・・・

ぽっかぽか体験その3
・第2部の小柳拓人くんのピアノ・フルート演奏 真由美さんのトーク
真由美さんは多動で会話の成立しない拓人くんが、音楽がなっているときだけじっとしているところを見つけ出し、「特異を得意にかえて」いきました。

・時間通り練習をはじめる
・毎日同じメニューをこなすと落ち着く
・指番号を必ず守る
・「あと5回」と言うとかならず5回練習する
自閉症の特性はピアノ練習にはとっても好都合とも言われていました。
まさにストレングス 彼の強みです。

大きくなってからはパソコンを取得し、現在19歳・・「働く男」です。
お仕事はPCのデータ入力 一般社員の2.5倍の速さで社内でNO1だそうです。

ぽっかぽか体験その4
こうままがコンサートの開始前に言った
「このコンサートは出入り自由です。そのうち声が聞こえてくるかも・・横揺れ 縦揺れ あります。」
笑えるけどホットするコメントでした。 

ぽっかぽか体験その5
『ゆう』のスタッフさんのえがお(((o(*゚▽゚*)o))) 本当にステキ!!

何もかもがあったかいコンサートでした。o(^▽^)o揺れるハート

参加が叶わなかったうちの理事長が「体がふたつあったら。。。」所長が「新城でもコンサートやりたいですね。行きたかったです。」
と何度も言っていました。

おふたりの分もしっかり楽しんできましたよ。

最後に、この企画でサンタさん姿で走り回り、PC操作に大忙しだった理事長の豊田さん・・・
サビ管研修の時に
「豊田さんの顔、どこかで見たことがあります。」なんてのたまった岡をお許し下さい。
どこかというのは『こうまま』のブログでした。失礼いたしました。

こちらからこうままのブログで
「大成功!!コンサート&トーク」がご覧になれます
大成功!!コンサート&トーク

大反響!! 第7回市民福祉フォーラム[2013年12月04日(Wed)]
感動と共感の
第7回市民福祉フォーラムから4日目。
新城市並びに新城市教育委員会へ
提出するフォーラムの
事業報告書(収支報告書含む)作成が
いつになくスムーズに運びました。グッド(上向き矢印)

それはその反響があちらこちらから
私たちのところに届き、
うれしいからです。わーい(嬉しい顔)

新城市の穂積市長さんのブログでは
2日間にわたり取り上げて頂きました。
「障がい者雇用」のこと
「健常者が変わる方が早い」

新城市のこども未来課で
ここ数年、講師を務める荻野氏の
臨床感あふれるブログ。
こう父初参戦!!!

ところで本日、障害者権利条約が
参議院本会議で承認
されました。

日本国内の諸々の法律が
いよいよ世界基準に近付いて
整備されて行きます。

「働くこと」
障害のある人の労働権が
どのように保障されていくのか
注視して行きたいと思います。

それが京丸園鈴木社長さんの
熱い思いに応える、私たち福祉の
プロとして役目だと思います。

〜余談〜
障がいのある人が起業する。
健常と言われる人が
必要に応じて雇用される。
それこそ、とてもワクワクしますぴかぴか(新しい)
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml