CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
平成24年度第1回新城市地域自立支援協議会全体会[2012年09月29日(Sat)]
昨日、平成24年度第1回新城市地域自立支援協議会全体会が
開催されました。

全体会らしいと言えばそれまでですが、
上半期の各専門部会、連絡会等々の報告に終始していました。

普段の定例会に出席している機関・団体の長、代表者プラス
若干構成員が拡大したような、そんな会でした。

自責の念を込めて言わせていただければ、
本来、定例会の内容は参加者である各機関の実務者が
各機関に持ち帰り、その機関・団体の長、代表に報告しているはず。
とすれば、あの報告の繰り返しは本当に必要なのか…。

報告だけで審議、議論のない全体会。
そんなことを思いながらも、事務局の時間を気にした進行に
協力すべく、普段定例会に参加している者として口を閉ざしていました。

全体会が初めて開催されてから数年間、時には制度や
資源をリメイク、もしくは拡大する提言をしたり、
それなりに「施策提言」らしきことを、全体会に諮っていた時も
ありましたが…。

それでも、より多くの人に「自立支援協議会は
動いているよ!!」と知ってもらう機会だと前向きに、
前向きに、考えることとして。

しかし、全体会のみ参加されている
委員さんからのコメント、感想はなかなか的を得ていました。
さすがです。


IMG_0580.JPG

医師会を代表されての熊谷Drの意見は
障害区分の認定システム、
そして新城市の認定調査員のスキルにも言及したもの。
穏やかな口調ではありましたが、
調査結果と現状の乖離を示唆していました。


そして、今回の最大の収穫は、福祉課の夏目課長さんが
自らマイクを取って、来年度新城市に新たな社会資源が
生まれることを語ったこと。

IMG_0581.JPG

平成25年度新城市に
「成年後見支援センター(仮称)」が
立ち上がります。

運営は新城市社会福祉協議会。
平成25年4月〜準備委員会。
平成25年10月〜センター立ち上げ(予定)。

このセンター立ち上げに至る
圏域アドバイザー事業(昨年度の連続研修会)からの働きかけ、
そして、新城市社協の瀧川会長と
NPO法人東三河後見センターとの会談等々。

こんな大切なこと、そして新たな社会資源の創出。
まるで福祉課の行政施策で生まれたかのように
サラッと報告で済ませるのは如何なものか。

仕掛けをすれば
必要なことには
新城市は動いてくれる?!

それだけは信じていたいと思いますが…。


第1回ウィル連絡会議[2012年09月27日(Thu)]
秋分の日も過ぎ、グッと過ごし易くなりましたねわーい(嬉しい顔)
秋の夜長、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

初めての投稿となります。
東三河北部障害者就業・生活支援センター ウィル
生活支援ワーカー 黒瀬です。


昨日
三河北部障害者就業・生活支援センター ウィル
“平成24年度第1回連絡会議”


を、新城市文化会館にて開催させて頂きました。


DSCF1826.JPG
第1回の開催ということで、新城福祉会常務理事よりご挨拶。

DSCF1828.JPG
愛知労働局山岸様よりお言葉も頂きました。

2部構成の連絡会議。進行は勿論我がセンター長、渡辺が担当ぴかぴか(新しい)
第1部は、
東三河北部圏域ってこんなところ?
就業・生活支援センターってどんな機関?
この圏域にはどんな資源があるの?
を、図や各事業所の方々のご協力で共有。
DSCF1833.JPG

DSCF1836.JPG
各事業所のみなさま、急なお願いを快くお引き受けくださり、感謝、感謝ですハートたち(複数ハート)

第2部は、グループディスカッション
テーマは
「この地域だからこそできる就労のカタチ」
   〜ストレングスモデル〜
DSCF1855.JPG
時間の関係で全てのグループのご意見を頂戴できませんでしたが、中には「第2の人生で高原野菜の会社を立ち上げ障がいをもった方を雇う」なんていう素敵な夢も語ってくださった方もみえましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
DSCF1860.JPG

最後になりましたが、初めての開催で配慮の至らない点が多々ありましたが、愛知労働局様、愛知県産業労働部様はじめとする多くの関係機関のご参加ありがとうございました。

今後圏域で年2回の連絡会議を開催していきますので、よろしくお願い致しまするんるん
栗ーム![2012年09月23日(Sun)]
9月22日。秋分の日。
秋の気配が訪れたこの日は、余暇活動日でした。
今回のプログラムは『ポコアポコさんのコンサート』と『秋のケーキ作り』の豪華2本立て!!

ケーキ作りは何度かやってますが、秋のケーキってなんだろう??
そこで今回使った食材はこちら。
DSCF1134.JPG
★さつまいも
★栗
★きのこ(の山)

DSCF1801.JPG
まずはクリーム作り。ここはがんばりどころです。
で、このクリームに栗ペースト(最初の画像の右下)を加えると“マロンクリーム”ができるんです。
これが、めちゃウマーなのですぴかぴか(新しい)

DSCF1159.JPG
みな真剣ですね。

DSCF1149.JPG
きのこもしっかり生えてきましたグッド(上向き矢印)

DSCF1150.JPG
今回使ったスポンジはお菓子やさんで、特別に焼いてもらった手作りのスポンジですハートたち(複数ハート)
それをみんなに伝えると、「あーやっぱりーるんるん」と納得の声ひらめき
イチゴのショートケーキもいいけれど、秋のケーキもいいですね。ご馳走様でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ちなみに今回のタイトルは「OH!タムにはみんなでケーキをつくるざんしょ!!」でした。
我ながら秀逸だと思います。次も励みます手(グー)
職員研修の写真[2012年09月22日(Sat)]
愛知県新城警察署交通課
大野課長(警部)様

2012.9.JPG


交通安全講習、ありがとうございました。
職員研修[2012年09月22日(Sat)]
今日は午後から職員研修が行われました。
今日のテーマは「交通安全について」ということで、講師には新城警察署交通課長、大野様をお招きし、愛知県内、新城市内の交通事故状況についてお話いただきました。
話に聞き入ってしまい、写真を撮り忘れ、研修の様子をアップできなかったのが残念もうやだ〜(悲しい顔)
法人内でも大きな事故ではありませんが、小さな事故が続いておりましたので、良い機会ではなかったかと思います。
日頃、お弁当配達、ヘルパー業務、日中活動の中で、利用者さんを同乗させたり、時間に追われることが多いかと思いますが、今日の研修を思い出して、法人内から悲惨な事故を出さないようにしたいですねわーい(嬉しい顔)
そして、私の伝達研修を受けて、今回の研修を設定していただいた長坂さん。ありがとうございました。
初めてのカレー販売[2012年09月21日(Fri)]
ヒグラシは鳴かず。
聴こえてくる虫たちの声もどことなく品がなく。
が、食べ物はうまし。終電は遅し。

山から海に移った
おおはらです。



IMG_6888.jpg
ジャーン!! 山健Tシャツ。


これを着てカレーの移動販売に行ってきました。
忙しかったけど、めっちゃ楽しかった。


山健と一緒に販売ができた気がして。

これからもよろしくね。












最高のお土産[2012年09月20日(Thu)]
岡崎市手をつなぐ育成会さま
見学(9月19日)、お疲れ様でした。

岡崎市からの親御さんたちの見学は
今年で3年連続。
実に回数にすると4回目になるかと思います。
(きっかけは美合養護学校での「進路指導」講話でした。)

見学コースはいつも通りにレインボーはうすからスタート。
法人全体の概要説明の後、生活介護、
就労移行(昼食工房)を見学。
事業実践のDVD上映。
GH・CHである矢部ホームを見学。
そして、昼食工房の日替わり弁当を食べて頂き、
午後からはお菓子やさん(就労継続支援B型)へ。

2012.-9.19-1.JPG

2012.9.19.-2.JPG

朝は雨でしたが、見学が終わる頃には
雨も上がり、しばし外で質疑応答時間。

2012.9.919.-3.JPG

今回の見学の関心は
グループホーム、ケアホーム。
それを経営してくれる事業所を
どうやったら作れるのか?
真剣に真剣に聞かれました。


ところで、今回とても嬉しかったことが1つ。
それは昨年も見学に来てくれたAさん
(20歳の自閉症の子供さんを持つ親御さん)の報告。

「昨年の見学で、相談支援事業と自立支援協議会の
大切さを知りました。
うちの子は、プールが大好きなんです。
だから、岡崎市でも移動支援でプールの
利用
ができるようにして欲しいということを、
地元の相談支援専門員さんに相談しました。
その結果、今年は無理でしたが、来年から
利用できるようになりました。
岡崎市も少しずつですが、変わってきましたよ。」

他の街から見学にみえて、
レインボーはうすの実践や
当法人の社会資源を素晴らしいと
思っていただけるのは嬉しいのですが…。

大切なのは自分の街に戻ってからの実践です。
Aさん、とても勇気がいることだったと思います。

岡崎市の日中一時支援の拡大、
そして移動支援の柔軟な対応等、
確実に変化して来ています。

個別のニーズが地域の課題となり、
街を変えているのだと思います。

岡崎市手をつなぐ育成会さま、
そして、Aさん
最高のお土産をありがとうございました。

あけぼの作業所竣工式[2012年09月12日(Wed)]
1.JPG

とにかくデカイ!!

全景、撮影不可…たらーっ(汗)
すみません。

7.JPG


待望のテープカット。
山脇豊川市長さんを始めとする主賓の皆さま。
そして(福)若竹荘の袴田理事長さんと並ぶ利用者さん代表2名。
3.JPG


竣工式の会場となった
2F吹き抜けホール
4.JPG


ここは一体、何?
給食提供の厨房?!
6.JPG


製パン事業の工房でした。
大きい!!!
5.JPG

定員80名
延べ床面積1,482u
総工費351,120千円
東三河最大の日中活動事業所
地域生活支援の拠点として再スタート



療育作業室に設置された
完全個室型作業スペース
8.JPG

あけぼの作業所の昔を良く知るカメラマンよりわーい(嬉しい顔)

竣工、おめでとうございます。


追伸
今月の22日(土)、10:00〜12:00の時間で
地元の人も含めて一般の人向けに見学会が
予定されているそうです。
第3回東三河北部相談支援専門員連絡会[2012年09月10日(Mon)]
9月7日(金)に新城保健所会議室にて
第3回東三河北部相談支援専門員連絡会を開催。

今回は2部構成で実施。
1部では通常の各相談支援事業所からの報告(個別支援会議、
相談事例)を行い、2部で専門アドバイザーとしてNPO法人ゆうの
荻野ます美氏を招いて、事例検討とミニ講義を実施。
ミニ講義のタイトルは
「大人の発達障害のある方を支援する」
そして、ここが今回の最大ポイント。
サブタイトル「相談支援で知っておいてほしいこと」
1.JPG
直接支援に従事する職員対象の研修とは異なり、
今回は相談援助職に対するアドバイス。
しかも、原理原則の定番講義ではなく、3事例と
向き合いながらのアドバイスを中心とした講義。

荻野氏をかなり悩ませてしまったか…。
その道の専門家に相談された様子が
ブログ「こうくんを守れ!!!」から伺えます。

ただし、丸投げした意識は全くなく、
個別の事例検討に対して、荻野氏の専門性から、
客観的なアドバイスを求めたというのが本音。

相談援助におけるアセスメントの重要性は
多くの方がもう充分承知。
ただし、そのアセスメントが成り立つためには
対人援助技術が必要。
よって、対人援助において
障害特性をどのように理解して
ご本人と向き合うのか、そこを問題にしたかったのです。

そして、荻野氏からの最後のスライド。
相談支援専門員へのメッセージ?!
今回の事例提供者への警告、注意喚起?!

『「自己理解」の支援をなくして、
発達障がいのある方の就労相談は成り立ちません。
しかし、その過程で過去をふり返る際に、
特性に合わせた配慮がないと、
返って本人を苦しめることに
なってしまいます。
相談員が、発達障がいの特性が理解できない又は、
受容できない場合は、専門性のある方に
協力を依頼してください。』
2.JPG

「自己理解」を支援するとは?

『本人の「自己理解」を支援する過程で、
支援者(相談員)が「本人理解」をし、
それを「共通理解」にして、
就労支援などの次の段階につないでいくこと。
そのために、支援者(相談員)が本人の情報を引き出し
本人と一緒に整理して
本人が見て(書いて)確認する
という3ステップが必要になります。』

「こうまま」、
いつも多くのふり返りと気づきを
本当にありがとうございます。

ぜひ、また事例検討にご参加ください。
感激!![2012年09月06日(Thu)]
今日はとってもうれしいことがありました!!グッド(上向き矢印)

なんと、大阪の方より、レインボーのお菓子屋さんの
クッキーを食べ、とても美味しかったexclamationと、
喜びの声を頂きました。


『大阪在住の家族です。
先月、湯谷温泉へ旅行に行き、宿泊した旅館で
レインボーハウスさんのクッキーを
いくつか買いました。
今日になって初めて食べました。
とてもおいしかったです。
子供がほとんど食べてしまい、
親には少ししか回ってこなかったのが残念です。
こんなにおいしいクッキーは
なかなかないと思います。
これからもおいしいお菓子を作ってください。
また湯谷温泉に行く際には、
このクッキーを大量に買い占めて
帰りたいと思います。』


私どもお菓子やさん一同、
感激して、うるうるする方も…。
クッキー、1つ1つに心を込めて…。
より多くの皆さんに食べて頂けることを願って、
日々、頑張っています手(グー)

2012-09-06 11.56.49.jpg

小さなお店の中には、可愛くて
美味しいお菓子がまだまだたくさんあります。ぴかぴか(新しい)

この機会にお店にもお立ち寄り下さいね。車(セダン)
| 次へ
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml