CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
すっかり定着した個別支援会議[2011年10月30日(Sun)]
ひと昔前、拡大ケース会議とか、サービス調整会議と呼んでいた
いわゆる「ケア会議」、「ケース会議」。

私たちの街でも自立支援法施行後は「個別支援会議」と
呼ぶようになり、はや5年。

ご本人を中心に、そしてご本人の思いをみんなで
聴かせていただくことからスタートする個別支援会議。

この手法がすっかり定着、日常化した感があります。

この日(10月28日午後)は、入所施設から地域生活に移行、
そしてアパートでの一人暮らしを希望するTさんの個別支援会議。

様々なご事情により小林相談員のサービス利用計画作成の
対象となっている方。
よって、小林相談員の呼び掛けの下に、地域の民生委員始め
多くの関係者が集まりました。

小林相談員が招集した会議のテーマは、
「Tさんの望む生活を聞いて、一緒に考えてください」。



参加者は全員、本人の「僕もアパート暮らしをしてみたい。」を聴きました。

彼の入所施設時代を知る
小林相談員からの意味深いコメント。

「Tさんは自分の部屋の鍵を
自分で持つことが夢だったんです。」

それを受けてそれぞれの機関がいつまでに何をするのか
を確認、Tさんの新しい生活を応援するために
動くことになりました。

今新城のような小さな街でも、このような個別支援会議が
一週間に2回〜3回ぐらいのペースで開催されています。

これが地域を変えて行く原動力になっているのだと
個別支援会議に出る度に実感させられます。


ところで、県事務所の黒屋さん、
そして知多の高山さんから学ぶきっかけを
頂いた北海道浦河町の「べてる」の実践。

Tさんは入所施設から地域の暮らしに戻ることで、
べてる」的には「自らの人生の本来あるべき苦労」を
始めたのではないでしょうか。

自らの夢を叶えるには、自らの苦悩と努力が
必要なのは、誰も同じ事ですから。
まるっと1日、さくらの里周辺で![2011年10月29日(Sat)]


今週の新聞広告
皆さんのお手元にもあるはず笑顔

明日 30日(日)
レインボーはうす周辺の
3ヶ所で
ステキなイベントがありますよ〜キラキラ

ちょこっと紹介

健康ひろば新城保健センター・・災害非常食試食食パンなりきりナース体験女の子

新城消防防災フェスタ新城市消防防火センター・・ちびっ子防火衣着用体験カメラ消防車試乗車

しんしろシルバーまつり新城市シルバー人材センター・・めだかすくい・ザリガニ釣り熱帯魚新鮮農産物のあおぞら市場みかん

家族そろって楽しめるイベント
巡回バスも出ますよ〜トランペット



そこで
大好評頂いている
販売車による「鳳来牛すじカレー」


「レインボーのお菓子やさん」の焼き菓子。。。保健センターにて


たくさんの皆さんに遊びにきて
もらいたいです笑顔


でびゅー ぱみゅぱみゅ[2011年10月27日(Thu)]
「あちきは、カゴの中の鳥でありんす」

おおはらです。







野菜界の 「ハリウッド」。

グリーンセンター。





ついにデビューです。



そう。
グリーンファームで収穫された野菜たち。



名俳優、女優たちの中に並んでも
この堂々たる存在感。


まるで「○たなべさん」みたい(笑)


ちなみに、
見た目だけでなく、中身(味)も抜群です(○たなべさんと一緒)。



どうぞ、ごひいきに〜〜〜。










収穫[2011年10月24日(Mon)]
秋。


「もみじ」とかけまして、「文化祭の準備」ととく。

そのこころは。

どちらも「紅葉(高揚)」します。



シュールな夢をみていたい おおはらです。


みてください。この素晴らしい大根。


そう。


グリーンファームの畑

で収穫された「大根」です。


この、透き通るような「白さ」。
この、まっすぐな感じ。
まるで自分のこころの中を見ている気になります。


グリーンファームメンバーの愛情を受け、

台風にも負けずにたくましく育った大根たち。


さて、その行き先は??




乞う、ご期待!!



イベントに出店!! その2[2011年10月24日(Mon)]
新城市主催のウルトラビッグイベント
新城ラリー車
ダンロップ、コカコーラ、そして地元新城で障がい者雇用を推進している力こぶ
ヨコハマゴムなどビッグメーカーが協賛
10.21〜10.23





もちろん、ここにはカレーの移動販売車
「昼食工房」が参戦炎



自らも現場の先頭を走る
就労系の渡邊サービス管理責任者走る





来週の日曜日は
2011健康・消防防災・シルバーフェスタ〓
「健康ひろば」には「お菓子やさん」が
「しんしろシルバーまつり」にはカレー移動販売車「昼食工房」が
出店します。ぜひ、お越しください。
会場はレインボーはうすのある「さくらの里」周辺です。

お待ちしています。笑顔
イベントに出店!! その1[2011年10月24日(Mon)]
秋は市内各所でイベントが開催されています。

移動販売車「昼食工房」、「レインボーのお菓子やさん」は、
本当にたくさんの企業さん、団体さんから声をかけていただきます。
ありがたいことです。笑顔



毎月恒例の軽トラ市
10.23





毎年恒例の(株)あみや商事バザー
10.22〜10.23


生活介護の石川サービス管理責任者も笑顔で応援笑顔




初めて声をかけていただいたJAまつり
10.22〜10.23


踊るレインボー[2011年10月22日(Sat)]
10月22日(土)余暇・社会参加活動が行われました。
今回も頑張るぞ!!と職員も鼻息荒く待っていたのですが、あいにくの雨・・・。
でも、雨はまったく気にしないレインボー利用者&職員。
みんなとても元気です。

第1部『宝さがし〜職員からの挑戦状〜』

前夜から職員は隠し場所に頭を悩ませていました。
難しすぎてはいけない。しかし
「簡単すぎだよ♪」
と言われるのも、これまたくやしい。
相談の結果、やっぱり難しいほうがいいとの結論になり、
分からない時は職員がサラッとヒントを出すということで、
みんなには苦労してもらいました。
その分、見つけた時の嬉しさは大きかったようで、よかったよかった。

宝物は、地域で活動されている授産施設さんが製造されているクッキー。
その場でおいしく食べる方もいれば、お家に持ち帰られる方もいて。
満面の笑みを見ることがなによりです。


第2部『よさこいおどり〜北剱連と踊ろう』

さてさて。第2部は打って変わって身体を使って楽しみます。
私は初めて生でよさこい踊りを見ましたが、圧巻でした!!
よさこいチームの「北剱連(ほくぎれん)」さんにご協力を
お願いしていたのですが、いやあ、素晴らしかったです。
踊りも、会場の盛り上げ方も。
踊りだけではなく、大型紙芝居を利用してのステージもあったり。
大盛り上がりでした!



また、軽トラ市のイメージキャラクターの「のんすけくん」も一緒に
参加してくれて、北剱連さんに教えてもらったのんすけ音頭を
さっそく一緒に踊りました。



のんすけと一緒に写真もパシャパシャ。
最後に北剱連メンバー全員と記念撮影も。



本当は屋外で行う予定だったのですが、雨で会場が食堂になって
しまいました。少し手狭な場所だったため北剱連さんにはご迷惑を
おかけしました。
やっぱり、身体を動かすと気持ちいいですね!
北剱連さん、ぜひまたお願いしますね!!

第3グループの献立[2011年10月19日(Wed)]


本日のレインボーはうすの給食笑顔

あの
『給食会議』(7月18日のブログを見てくださいね)で決定した
第3グループのメニューです

エビフライ
ポテトサラダ
コーンスープ
プリンキラキラ

お子様ランチみた〜いドキドキ大
って言うご意見もありましたが・・・

ほとんどの利用者さんから
大絶賛拍手でしたまる

また
皆さんに給食の献立を考えてもらいますからね

おいしい
メニューを
考えておいてくださいよ〜ごはん
再び南三陸町に。続き。[2011年10月02日(Sun)]
宮城県登米市にあるJDF(日本障害フォーラム)の
みやぎ北部支援センターは
昨日(10/1)その役割を終え、閉じました。


4月下旬から27クールでしょうか。

支援員が、事務局員が途切れることなく、
入り続けた足跡が事務所に
たくさんの写真として残されていました。

センターとして間借りさせていただいた(福)惠泉会若葉園。

お若いにもかかわらず、とても器の大きい、
人情味あふれる、イケメン赤松所長さん。
美味しい手づくりパンの差し入れ、ありがとうございました。


今後JDFは、女川町にあるみやぎ東部支援センターだけを残し、
北部も含めて支援活動を続けて行くとのことです。


ところで、南三陸町ではJDFも参加する
南三陸障害福祉関係懇談が、もう既に来年の3月まで
予定が入っています。

さすがに、驚きました。


そして、このお二人がそれを可能にしたと
言っても過言ありません。
後ろは北部支援センターとしての最後の支援会議が行われた気仙沼の「みのりの園」。

左が三浦薫センター長。右が大野事務局長。

新城で待っています。
再び南三陸町に[2011年10月02日(Sun)]
初めてのJDF被災地派遣から5ヶ月。
再び、南三陸町を訪れました。
もちろん、今も役場は仮庁舎のまま。災害対策本部も。



南三陸町には新城市からも職員を派遣してきたこともあり、
穂積市長さんにも特別の思い入れがあることがわかります。
山の舟歌(新城市長ブログ)
(南三陸町も過疎と高齢化の町。人口規模は旧鳳来町とほぼ同じ。)


奥に見えるのは避難所のあったベイサイドアリーナ。
その前にはプレハブの図書館がありました。



南三陸町志津川地区の瓦礫の山は随分撤去されましたが、
いくつもの重機が動いていました。
女性職員さんが自らの命と引き換えに、
町民に最後まで避難を呼びかけた
あの災害対策庁舎の建物も鉄骨だけが見えます。


でも、二つの季節を過ごしたことが草の緑からわかります。

仮設のガソリンスタンドやプレハブのコンビニが営業を再開。
また、先週初めには秋サケの初水揚げもありました。
少しずつですが、復興に向けて動き始めていることを
感じます。

しかし、その一方で高潮になると海岸近くの道は
冠水して通行できなくなってしまうなど、ライフラインは
ほぼ復旧したものの、大きな痛手も現存しています。


町のあちこちの高台に仮設住宅がつくられていました。
3ヶ所ほど、訪問させていただきましたが、
同じ仮設でも外観は随分異なっていました。



グループホーム「希望が丘」の精神障がいのある人たちが
避難所生活をしていた観光施設(コッテージ)「平成の森」。
まずはレストランとして営業再開していました。
とっても美味しいランチが出てきました。



ところで、私の今回の目的は(福)洗心会「風の里」の
三浦薫センター長さんとの話し合いでした。

被災地の支援者の方の壮絶な体験。
そして今日までの歩みと復興に向けた思い。

三浦センター長さんは普段講演活動を
している方ではありません。
にもかかわらず、私たちの学びと気づきのために
力を貸してくれることになりました。

何百キロも離れているけど、出会いを「絆」に変えてゆく。

私たちのような無名なローカルな法人、事業所でも、
強い意志を持てば、それが可能になることを知りました。

「相手を信じ、求め続けること」


またこれは、JDFみやぎ北部支援センターの大野事務局長に
間に入っていただき実現したことです。

この場を借りて、心から感謝します。

「ありがとうございます。」

そして、これからも微力ながら
一緒に南三陸を応援していきたいと思います。
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml