CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
すっかり定着した個別支援会議[2011年10月30日(Sun)]
ひと昔前、拡大ケース会議とか、サービス調整会議と呼んでいた
いわゆる「ケア会議」、「ケース会議」。

私たちの街でも自立支援法施行後は「個別支援会議」と
呼ぶようになり、はや5年。

ご本人を中心に、そしてご本人の思いをみんなで
聴かせていただくことからスタートする個別支援会議。

この手法がすっかり定着、日常化した感があります。

この日(10月28日午後)は、入所施設から地域生活に移行、
そしてアパートでの一人暮らしを希望するTさんの個別支援会議。

様々なご事情により小林相談員のサービス利用計画作成の
対象となっている方。
よって、小林相談員の呼び掛けの下に、地域の民生委員始め
多くの関係者が集まりました。

小林相談員が招集した会議のテーマは、
「Tさんの望む生活を聞いて、一緒に考えてください」。



参加者は全員、本人の「僕もアパート暮らしをしてみたい。」を聴きました。

彼の入所施設時代を知る
小林相談員からの意味深いコメント。

「Tさんは自分の部屋の鍵を
自分で持つことが夢だったんです。」

それを受けてそれぞれの機関がいつまでに何をするのか
を確認、Tさんの新しい生活を応援するために
動くことになりました。

今新城のような小さな街でも、このような個別支援会議が
一週間に2回〜3回ぐらいのペースで開催されています。

これが地域を変えて行く原動力になっているのだと
個別支援会議に出る度に実感させられます。


ところで、県事務所の黒屋さん、
そして知多の高山さんから学ぶきっかけを
頂いた北海道浦河町の「べてる」の実践。

Tさんは入所施設から地域の暮らしに戻ることで、
べてる」的には「自らの人生の本来あるべき苦労」を
始めたのではないでしょうか。

自らの夢を叶えるには、自らの苦悩と努力が
必要なのは、誰も同じ事ですから。
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml