CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
野中方式、継続は力なり[2016年09月03日(Sat)]
東三河北部圏域の
相談支援体制整備事業(愛知県)として
上原久氏を講師に招いて
野中方式による事例検討会(研修会)が
スタートしたのは平成21年5月。
と言うことで、8年目に入り、
当圏域のアドバイザー事業による
伝統的な研修会となりました。

IMG_1975.JPG

今日は平成28年度第1回東三河北部ケアマネジメント研修、
上原氏(講師)による進行で野中方式を使って
「対象者(事例)理解を深める」ことを学びました。

IMG_1977.JPG

今回の特徴は事例提供を当圏域外の
「とよはし総合相談支援センター」の主任相談員の
鈴木氏に依頼し、それを西部福祉の
小林所長(野中塾エキスパート研修修了者)がサポート。
IMG_1972.JPG
三者の合わせ技で見事に対象者理解が深まり、
支援度が高くても施設入所ではなく、
本人が望む地域生活を実現する為に
様々なプランが出されました。

継続は力なり。
野中方式を7年間続けてきた
底力を感じる研修となりました。

野中方式が最も活きるのは
事例情報の量と質が
確保された時であることを
誰もが体感できたひと時でした。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/house77/archive/838
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml