CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ランニングマンじゃくて、スーパーマン[2015年06月27日(Sat)]
井の中のおおはら大海を知らず。
されど空の高さを知る。

安心して下さい。
生きてますよ。
とにかく明るく振る舞いたい おおはらです。


昨日は「行動援護ハウス」について勉強する為、刈谷市へ。
(内容については ひ・み・つ)


そして、スーパーマンに出会いました。
「責任」と「覚悟」のマントを背負い、
柔軟かつ、ブレない姿勢。
めちゃくちゃかっこよかったです。


このような機会を与えてくださった方々に感謝です。
本当にありがとうございました。


「これから」について。
自分たちにはどんな「責任」があるのか。
自分たちはどこまで「覚悟」をもつことができるのか。

まずはそこから。
チームで考えていきたいと思います。

IMG_3422.jpg
安心して下さい。
はいてますよ。

じゃなかった・・・

やりますよ。



この記事のURL
http://blog.canpan.info/house77/archive/695
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
「責任」と「覚悟」をチームで受け止めようとしていることに感謝です。もちろん、私たち一人一人の「自覚」あってのチームです。

天才やカリスマと言われる人たちには「無限性」が漂っていますが、基本、1人の人間の力は「有限」です。

だから、「責任」と「覚悟」のある組織づくりを目指したいですね。

ところで戸枝氏の講演、私は1月の「ふわりんクルージョン」で聴きましたが、日本という国の障がい児・者福祉を背負っている、その「責任」と「覚悟」の大きさが桁違いですね。

そんな人が愛知県に居る、それだけでもありがたいことです。
Posted by:長坂  at 2015年06月29日(Mon) 18:07

プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml