CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
小さな頃に見た机の「落書き」
その時のわくわくする気持ちを
もう一度。。。

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
東三セルプ共同研修会[2012年02月20日(Mon)]
「かもしれない」運転は、ある意味「だろう」運転
でもあるのではないだろうか。
考えると夜も眠れません。

おおはらです。

2月18日(土)。
「東三セルプ共同研修会」
に参加させていただきました。


第1部
釜ヶ崎のボランティア・ケースワーカー
入佐明美氏による、講演会。


「生きる喜びをわかち合うために
〜日雇い労働者と出会って33年〜」

そこには、
「聴く」ということの、本来のカタチがありました。

僕たちが最も大切にしなければならないもの
がありました。


長坂会長の開会挨拶にあった、

「このタイミングに、この会で、入佐先生のお話を
聴くことができる。本当にありがたいことです。」
(一部おおはらアレンジ(汗))

まさに、その通りの内容でした。


第2部
交流会を楽しむ。

その@
鎌田博幸氏による、
グループで楽しむことのできるレクリエーション。


そのA
情報交換会
「明日のことを話してみましょうか!?」
(自由な語りの場)

↑コレありの☆


その@があったことにより、
そのAがより有意義な時間に。

あたりまえのように流れていく時間の中に、
深いものを感じました。勉強になりました。


それにしても鎌田さんってすごい。
あの雰囲気形成能力(おおはら語)に、いつも憧れを感じます。



とても素敵な研修会でした☆
「ほのくに」の皆様、本当にお疲れさまでした。




交流会(そのA)の様子については、
言葉より写真で。



次回、なないろの落書き。

「タノシカッタ交流会」

お楽しみに。














この記事のURL
http://blog.canpan.info/house77/archive/439
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

rainbowhouseさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/house77/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/house77/index2_0.xml