CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 世界の終末で、僕は一体何を感じるだろう。 NO.1 | Main | 東日本大震災から1年 »
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category archives
a hot news
a hot comment
a hot track back
世界の終末で、僕は一体何を感じるだろう。 NO.2[2012年01月06日(Fri)]
 スイーツ×スイーツ×スイーツ
        Sweets×Sweets×Sweets
  東京 スイーツ、全国のスイーツ、人気 sweetsから
        新発見 sweetsまで紹介する、
           おすすめスイーツガイド



Candle JUNE

生きることに向き合う姿勢と深度が半端じゃない。
死ぬことに向き合う姿勢と深度。
出した答え。
一番共感できた人かもしれないです。
"生ききる"という新しい価値観に驚嘆しました。
死を目指して今を生ききるという理にかなった生き方。
ロウソクに魅せられた人生そのものなのかなと思いました。


小林 武史

巡り巡る生と死を、逆らうことなく受容する。
Mr.Childrenや桜井さんに影響を及ぼしている小林さんらしいというのか、流れのまま生き死ぬ姿勢。
そして最後の時は人生や肉体であるピアノと迎える。

ただ美しいです。


マエキタ ミヤコ

どこまでも“他”思いな方なんだなぁ。
最後の時ですら、無い後世のために自分が残せる足跡を残すだなんて。
それが自分の欲求に正直ということなのだろうけど。

いつかこんな気持ちを持てたら素敵だなと思いました。
女性らしいチャーミングな強さを持っている方です。


乙武 洋匡

墓参りなんだ…。
お父さんを亡くされているのを初めて知った。
同時に、尊敬する従兄を思い浮かべた。
彼も同じことをするかもしれないと。
人に対して、しっかり尊敬の念を持ち、毎日を大切に生きている。
質問者のGAKUさんにも同じ。
心が伝わる文章が彼の人間性を物語っている。

インタビューでは最後に、一秒先も分からない未来を想像する、希望に満ちた話もしてくれていることに感動した。


ナイス 橋本

僕も同じです。
好きな人といたいです。
でも面白いのは、相手がいないけど、そんなこと言っちゃってるとこ。
楽観的というか、笑える人生だなと思った。もちろん良い意味で。


セヴァン・カリス=スズキ

軸がしっかりしていれば、マイナスなことからプラスを生むことが出来る。
大切な地球と好きな人,ことが最後にあればいい。
環境活動に従事している人間らしく、あらゆる雑念を削ぎ落としたシンプルな答えに、広い宇宙を感じました。


東田 トモヒロ

旅をしていたら長期間家族に会えないよな…家族は大事じゃないのか?いや、それとも違う。
東田さんの生活と、家族が別の場所にあるということ?
でも最後は家族の笑顔に囲まれて大好きな料理に舌鼓を打ちたいというところに共感しました。


ハセベ ケン

山の頂上で何を感じるんだろう。
見える世界は美しいのか醜いのか。
でも、笑って過ごしたいと思って山に登るのだから、キレイな世界なんだろうな。
もしかしたら、自分の軌跡を顧みるのかもしれませんね。

その場を想像しただけで幸せになれる。


akko (My Little Lover)

人間性を表すようなユルさと明るい最後に、こちらまで幸せをもらえる気分。
そんな力の入ってなさが素敵で、見習いたいです。


松本 圭介

僕自身も哲学って好き(哲学に好きも嫌いもあるかは分からないが)で、物事の突き詰め方が合理的で、クレバー。
今を突き詰めろ。
未来の為に今を。
過去から継承される教えを学び説く僧侶が見出だすのは今と未来なんだ。
なんか素敵だ。
恒例の質問がはっきりされていないんです。
でもそれが答えなのかもしれない。
今なんだ、今。


川原 尚行

小さな喜び。
最後を迎えるにあたって、共通する一つのキーワードかもしれないと感じました。
理性的に考えて、大それたことはできない。
心に灯る一つの炎だけをあたためて終わる。
医者として、人間として自分を認められる場所で最後を迎えるなんて人間冥利に尽きますよね。


高橋 歩

なんかワクワクしてきた。
最後なのにワクワク。
得ては捨て、得ては捨て。
ゼロになることに好奇心を抱ける、楽しめる、それがワクワクの原動力か。

楽しい時間がここにも広がる。


澤 穂希

なんか色んな想いが込み上げて、感想が浮かびません。

ただ、常々、人に対して腰が低く"感謝"の人という印象です。
テレビで拝見していると、口下手だったりするんですが、一つのもの(サッカー)を愛する気持ちが強烈で、アツいんですよね。

W杯、泣きました。
女子サッカーを観始めてまだ10年足らずですが、成長が伝わってきましたから。
勝利する者とはこういう存在なんだと思い知りました。

世界の終わりの時も、澤さんらしいのほほんとした空気感が伝わってほっこりしました。



以上。





共通して"笑顔"と"愛"がキーワードと感じました。
ここに書かれている方みんな、人を笑顔にする能力に長けている。
それぞれの世界を強くカタチにして持っている。
生涯○○。
みんな自分に誇りを持ち、仕事を自分の肉体にしている。

仕事のプロフェッショナル、人生のプロフェッショナルなんですね。

強く憧れます。

しかしながら、受け入れる人とそんな事考えられない人がいる。
答えは僕が出すこと。あなたが出すこと。
それが答えなんですね。


時節柄、とても意義深いメッセージをくれる問い掛けだったのではないかと思います。
実際に3月10日、またはそれ以降に沢山の人が最後の夜を迎えた。
生と死、愛や笑顔、日常的には浅はかになることを、掘り下げて考えることの大切さを教えてもらったと同時に考えました。
その尊さに泣きそうになりながら。


そして誰しも限界が無い。
諦めにも似た最後を描く方もいましたが、根本には「やり残したことがある」という気持ちが見え隠れしました。

何だろう、答えなんか無いけど、この29通りの結集がとりあえず答えなんだろう。

奥さん、寝るって!笑

GAKUさんは、GAKU-MC=歌。
最後まで自分を鳴らし、家族に光を与える。

やっぱり笑顔で。

結論、世界は笑顔で終わる。


僕ならどうだろう。

最初に「大好きな人と抱きしめ合って」と言いましたが、やっぱりやり残したことがある。あり過ぎる。

でもそれを想像はしないでしょう。

過去に出会った大切なもの・こと・人に想いを馳せながら、目の前にいる世界一大切な人を最後まで幸せにして、幸せを共有して死にたい。

死に様を探すということは、生き様を見直すことでもある。

だから、今この瞬間を精一杯生ききり、世界が終わる瞬間に向けて、幸せな死に様を見せられるようにしたい。






スイーツ×スイーツ×スイーツ
        Sweets×Sweets×Sweets

by Tatsuya Umezawa
(080-2023-8050、be_hero_in_shifukunoworld0728@yahoo.co.jp)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/houkiboshi/archive/109
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/99814
 
コメントする
コメント
a profile

梅澤達也さんの画像
link collection
http://blog.canpan.info/houkiboshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/houkiboshi/index2_0.xml