CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年12月27日

国勢調査−小地域集計 高齢化率で散布図作成の事例

国勢調査の小地域集計データを利用して、A市について町丁目字名単位の高齢化率と18歳未満同居率・独居高齢世帯率をグラフ化してみました。
統計データを加工して地域づくり計画にいかしましょう。

高齢化率と18歳未満同居率の散布図
958_01.png

赤:A市の平均
緑:中心市街地に近いエリアで高齢化率が40%を超えるところ
オレンジ:中心市街地に近いエリアで高齢化率が60%を超えるところ
ピンク:中心市街地に近いエリアで18歳未満同居率が40%を超えるところ
この図から分かることの例
・【緑とオレンジ】中心市街地に近いエリアでも高齢化率40%を超えるところ、60%を超えるところがあることが分かる。
高齢化率が60%を超えている地域でも、中山間か中心市街地に近いエリアか、交通アクセスや周辺の施設配置状況で、自治組織としてしなければならないことは変わってくる。
・【ピンクとオレンジ】ピンクとオレンジは中心市街地に近い同じ小学校校区内にある。オレンジの地域は高齢化率が60%を超え、ピンクの地域は18歳未満同居率が40%を超える。
同じ小学校校区内でも年齢構成は大きく異なるので、自治組織としてしなければならないことは変わってくる。

高齢化率と独居高齢世帯率の散布図
958_01.png

赤:A市の平均
水色:高齢化率40%以上、独居高齢世帯率25%以上の中山間地域
ピンク:中心市街地に近いエリアだが高齢化率が40%を超え、独居高齢世帯率25%を超えるところ
緑:中心市街地に近いエリアで高齢化率が40%を超えるところ
オレンジ:中心市街地に近いエリアで独居高齢世帯率25%を超えるところ
この図から分かることの例
・中心市街地に近いエリアでも、独居高齢化率が25%を超え4世帯に1世帯は65歳以上の一人暮らしであるエリアがある。
・aとbは共に高齢化率は60%前後の中心市街地に近いエリアであるが、aはbの倍の独居高齢者世帯である。中山間地域でも、独居高齢者率が1/4超えているところと、その半分以下の所がある。
地域の特性を見るのに、中山間や中心市街地近くなど位置(周辺施設)情報・高齢化率だけでなく世帯構成のちがいも重要である。




国勢調査 小地域集計のダウンロード方法はこちら
散布図の作り方(Excel2013バージョン以降はこちら)

2014年12月25日

統計GISの活用1.町丁目字名等の高齢化率を地図に表示

同じ小学校校区のコミュニティ組織の中でも、地域によっては人口構成が大きく違います。人口構成が違えば、地域づくり必要な仕組みも変わります。
地図上で色分けして自分達の住んでいる地域や周辺について表示してみましょう。

例)山口県全体の65歳以上人口割合、山口市中心部の65歳以上人口割合
955_191.png955_22.png


1.「e-Stat統計GIS」にアクセスして「カスタムセット作成」をクリック
955_01.png


2.地図表示したい統計データを選ぶ
・調査名:国勢調査
・年:平成22年
・集計単位:小地域
955_02.png


3.地図上に表示する調査項目を選択する
※2を設定して少し待つと、選択した統計データのなかでどの調査項目を表示するか選択できるようになる。
年齢別割合の中で、統計に出したい項目を選択する
955_03.png


4.3で選択後、「確定」「マップに設定」ボタンを順にクリックする
955_04.png


5.地図が表示される
955_05.png

6.「選択地域を中心に拡大」するボタンで表示したい地域を拡大表示(今回の場合、山口県を選択)
955_14.png


7.「統計表を設定」ボタンをクリック
955_15.png

統計表の設定画面が表示される
955_16.png


8.「グラフ設定」する
955_17.png

①.ランキングを選択
②.統計項目を選択(今回は65歳以上人口割合を選択)
③.ランキング分類方法(地図上で表示するデータを何階級で等間隔どう階級分けするか選択)
 ここでは自分で値を入れる任意階級以外にも、選択地域分布・全国分布などをも選択できま す。
 地域を拡大・縮小したときも同じ色分けにしたいので、任意階級を選択しました。
④.階級別に色を設定します。
 信号のいろで、高齢化率が高いほど赤、低いほど青にしてみました。
⑤.統計データの間隔を入力(%を数値入力)
 ③で任意入力以外を選択した場合は自動で数値が入るので入力不要

9.「縮尺設定」する
①の縮尺の数値にあわせて②の最小縮尺を設定し、③の「適用」ボタンをクリック
955_18.png

65歳以上人口割合(調査項目で選択した項目)で色分けされた地図が表示されます。
955_191.png


地図を山口市市役所周辺に拡大してみます。

10.「ラベル設定」する
955_20.png

①.ラベル表示は「表示」をクリック
②.ラベル項目で「町丁・字名等」「65歳以上人口(8−②で選択した項目)」
③.文字サイズを設定
④.「適用」をクリック

町丁目・字名等と各エリアの65歳以上人口割合(調査項目の値)が地図上にはいったものが表示されます。
955_21.png

自分の住んでいる地域(校区)周辺をみると、近隣との違いがよく分かります。
955_22.png


※小地域データを利用して山口県全域を表示する場合は、地図の色分け描画に時間がかかることがあります。1分くらいお待ちください。


地図の拡大・縮小・移動などはこちらのアイコンの説明をご覧ください
955_06.png955_07.png地図を移動する
955_08.pngクリックした点が画面中心になるように地図移動
955_09.png選択した範囲を中心に拡大する
955_10.png選択した範囲を中心に縮小する
955_11.png1つ前の作業にもどる。1つ前の作業にすすむ。
955_12.png縮尺を変更する+をクックすると地図を拡大、−をクリックすると地図を縮小

統計GISでは、地図上に統計値を表示することで、住んでいる地域の特性への理解や今後の取り組みにいかしていただけるとうれしいです。

資料)e-Statの活用術 小地域(丁町・字等別)地図を作りたい

2014年12月24日

まるごと広報講座のご報告


12月20日(土)13:30〜パルトピアやまぐちにて
岡山NPOセンター 副代表理事・ディレクター 
イシハラタツヤさんを講師に迎え、
「まるごと広報講座」を開催しました。
たくさんのご参加ありがとうございました。

イシハラさんアップ.jpg

認定NPO法人、NPO法人、財団法人、地域づくり支援センター、
子ども会育成協議会、任意団体、など様々な分野で活躍中の皆さんで、
会場内はとても活気に満ちていました。

全体.jpg

「情報開示は義務(デメリット)ではなく、権利(メリット)である」
イシハラさんの優しい口調の中、キラッと強く印象に残った言葉です。
「何のために 何を 誰のために伝えるのか」
をはっきりさせていくワークショップで、
ぐんぐんと具体的に進んでいきました。

ワークッショップ.jpg

情報開示をスタート地点として、それだけで終わらない、
ゴール地点、すなわち、活動への参加・支援の行動へ導くためのツールとして
考えていくことの大切さを話されました。

参考資料.jpg

会場内のサンプルパンフレットコーナー(ほとんど副センター長の私物♪)
も大人気でした。
〜広報は、片思いのラブレター〜 イシハラさん資料より
自由な発想で、「いいな」「読みたいな」と
思わせる魅力的なパンフレットやブログで、
たくさんの「共感」=「各団体さんの想い」を伝えてくださいね。




posted by ほしちゃん at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告

2014年12月20日

さぽらんて大交流会取材


さぽらんて大交流会に取材&参加してきました。
sapo大段幕.jpg

<山口市協働ラウンドテーブル>(第5回)
〜テーマ:こども時代を豊かに過ごせるまちへ〜と題して、防長青年館パルトピア山口の大会議室は、多くの参加団体さんの熱気に包まれていました。
渡邉さんと中村さん.jpg

「さぽらんて」と「山口市」が中心になって、それぞれの団体さんが手を繋いで、
いろいろなつながりが強くなって連携していくようになれば、こどもたちの環境がもっと素晴らしいものになると、大実感!

031.jpg

各団体さんの活動や努力によって、「たくさんの温かい眼」にこどもたちの未来もしっかり見守られているんだと大変心強く思いました。更なるご活躍をお祈りしています。(マエダ)
posted by ほしちゃん at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 団体・イベント訪問

2014年12月11日

「e-Stat 地図で見る統計 (統計GIS)」ってどんなもの?

e-Stat 政府統計の総合窓口 地図で見る統計(統計GIS) 」とは
インターネット上で無料で利用できるGIS(地理情報システム)です。

国勢調査の小地域集計・メッシュデータなど、全体で把握したい、近隣と把握したい、小学校校区内のより小さなエリアを分析したい時にデータを地図上に表示することが可能です。
地図をもちいることで、位置関係を把握しながら視覚的に統計値を把握することが可能です。

※以下、統計データは国勢調査の小地域集計を利用。地図データの赤が濃いところが高齢化率が高いところ薄いところは低いところ

例1)平成12年度 山口県周辺 75歳以上人口割合
blog_954_01.png

10年後(最近)のデータでみると以下

例2)平成22年度 山口県周辺 75歳以上人口割合
blog_954_02.png
全体的に赤が濃く、特に中山間や日本海側で高齢率の上昇が大きい

住んでいる市町のことが知りたいと思ったら、拡大してみてみる

例3)平成22年度 防府市周辺 75歳以上人口割合
blog_954_03.png
北側の高齢化率が高いが、それ以外防府駅周辺も一部高い

住んでいる地域のことが知りたいと思ったら、さらに拡大してみてみる

例4)平成22年度 防府駅周辺 75歳以上人口割合
blog_954_04.png
防府駅周辺でも75歳以上人口が40%を越えている地域がある

例5)平成22年度 防府駅周辺 75歳以上人口
blog_954_05.png
例4ではわからなかった75歳以上の人数がわかります。


※例4と5の割合と人数を同じ地図データの中に表示することは、この統計GISでは仕様上できません。1つのデータのみ表示可能です。


操作説明・使い方の説明は、また後日。


使ってみたい方は地図で見る統計(統計GIS)