CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年04月12日

エクセルの散布図にデータラベルをつけるXY Chart Labeler(エクセル2010以前を利用の場合)

エクセル2013より、散布図にデータラベルを付ける機能が搭載されました。
しかし、3月22日の統計データの活用勉強会の時に、エクセルのバージョンが2013以降に対応している参加者は1割に満たなかったため、エクセル2010以前の利用者に向けて散布図にデータラベルを付ける方法を説明を掲載することになりました。

この記事はIIHOEの川北秀人さんのブログ記事【集落単位の「高齢者率」×「18歳未満同居世帯率」分布図のつくり方】にある内容の散布図を作りたい!という場合に「データラベルの付け方が分からない!」という方向けに詳しくしたものです(もちろんそれ以外の散布図でも利用可能です)。

利用するのはXY Chart Labelerエクセルのアドインです。一旦設定すると、その後散布図のデータラベル作成に便利です。

1.以下のページよりファイルをダウンロードしてエクセルのアドインをインストール。
1030_1.png

2.エクセルにThe XY Chart Labelerを利用可能なアドインに設定する。

Excelのファイルタブから「エクセルのオプション」をクリックする。
1030_2.png


エクセルのオプション画面の左メニューで「アドイン」を選択し、出てきた画面で「設定」をクリックする。
1030_3.png


アドイン画面で「XY Chart Labeler」を選択し、OKボタンを押す。
1030_4.png

エクセルにアドインの設定が完了しました。
1030_5.png

3.The XY Chart Labelerで散布図にデータラベルを付ける。

データラベルをつけたいグラフ(散布図)を選択し、アドインタブのAdd Labels」ボタンをクリック。
1030_6.png

「Add Labels」画面で「Select a Label Range」を選択。
1030_7.png

データラベルに表示したい範囲を選択すると、「Add Labels」に選択範囲が表示される。Enterボタンを押す。
1030_8.png


範囲が選択されたのを確認して「OK」ボタンを押す。
1030_9.png

散布図にデータラベルが付きました!!
例1 JSTATMAPからダウンロードした周南市の校区単位のデータにラベルを付けました。
1030_10.png

一度、2のエクセルのアドイン設定まで完了していれば、2回目以降は毎回3のラベルを付けるところだけになります。

例2 JSTATMAPからダウンロードした周南市の小地域単位のデータにラベルを付けました。
1030_11.png


エクセルの散布図にデータラベルを付ける方法はマクロを使うなど検索すると他にもいろいろ出てきますが、比較的導入しやすいものということでいくつか試したなかの一つをご紹介しました。
エクセル2010以前のバージョンをお使いの方はぜひ試してみてくださいね。




2016年02月02日

jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化3 データのエキスポートと活用

jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化で作成したデータをエキスポートすると下のような、高齢者率と18才未満同居率散布図を作るときにも活用できます。

958_02.png

小地域で必要な地域分だけ選択・異なる集計データも地図コードにあわせてくれるので、国勢調査から直接ダウンロードするよりも簡単です。

データをエキスポートしてみる

1. jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化の後、「エキスポート」ボタンをクリックする
1015_15.png

2.「CSVファイル」をクリックする
1015_16.png

3.「エクスポートファイルのダウンロード」をクリックする
1015_17.png

選択エリアの小地域のデータをエクスポートが完了。

あとはエクセルで散布図を作るだけです。

jSTAT MAPで平成22年度と12年度の高齢者率と18才未満同居率を地図化 はじめに
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化1 エリアの作成
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化3 データのエキスポートと活用

2016年01月30日

jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化

統計データの作成と地図化

1.「統計データ」ボタンをクリックします
1015_07.png

2.国勢調査から高齢者率(65才以上人口の割合)と18才未満同居率を出すのに必要な指標を抽出する
① 集計したい調査データを選択(国勢調査平成22年度小地域)
② ①のなかから分類を選択(年齢別割合 5歳階級 4区分・・・)
③ ②から指標を選択(65歳以上人口の割合)→指標選択ボタンをクリック
1015_41.png

④ ①のなかから分類を選択(核家族世態割合 親族年齢別割合・・・)
⑤ ④から指標を選択(18歳未満の親族がいるの割合)→指標選択ボタンをクリック
1015_42.png


3.指標の選択をすべて終えたら「次へ」ボタンをクリックする

4.地図化するエリアを選択する
① エリアを選択
② グループを選択
③ 集計開始、をクリック
1015_27.png

5.地図に表示する値のグラフ化を設定する
① 個別指定をクリック
② ランクの数を設定する
③ グラフ化するときの値の間隔と色を設定する
④ 『更新」をクリック
1015_28.png

地図化の完成です!!

平成12年度に対しても同じ作業をすることで、平成12年度と平成22年度の比較も可能です。

1015_30.png

ちなみに、ここまでのデータはエキスポートできるのでエクセルで散布図を作る際にも役立ちます。データのエキスポートと活用はこちら

文字を表示したり、短くしたり、異なる集計を横に並べたり、といった説明はまた後日。
次はあまりあかないうちに説明を記事にしたいと思います。
1015_41.png


jSTAT MAPで平成22年度と12年度の高齢者率と18才未満同居率を地図化 はじめに
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化1 エリアの作成
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化3 データのエキスポートと活用

jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化1 エリアの作成

地図による小地域集計 jSTAT MAP

エリアを作成

1.画面左の「エリア」ボタンをクリック
1015_02.png

2.グループ名を入力し、エリアの面の色・枠の色を設定し、次へをクリック
1015_03.png

3.「行政界」ボタンをクリック
1015_04.png

4.行政界エリアを作成する
① 都道府県を選択
② 市町村を選択
③ 集計したい小地域を選択
④ 行政界エリア一括作成ボタンをクリック
1015_05.png

エリアの作成が完了しました。

次は「統計データの作成と地図化」を説明します。

jSTAT MAPで平成22年度と12年度の高齢者率と18才未満同居率を地図化 はじめに
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化1 エリアの作成
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化3 データのエキスポートと活用

jSTAT MAPで高齢者率と18才未満同居率を地図化 はじめに

総務省からでているインターネット上で無料使える地理情報システム、地図による小地域集計 jSTAT MAPを活用して、地域づくり協議会で、自治会で、地域の人に視覚的に少子化や高齢化を理解してもらうためにデータを地図上で表示してみました。

18才未満同居率(左:平成12年度 右:平成22年度 国勢調査の結果より)
1015_31.png

高齢者率(左:平成12年度 右:平成22年度 国勢調査の結果より)
1015_30.png


18才未満同居率、赤いほど同居率が低く、青いほど同居率が高い
高齢者(65才以上)率、赤いほど高齢者率が高く、青いほど高齢者率が低い
信号の色をイメージして色分けしてみました。

1015_35.png


jSTAT MAPでこのような地図を作成するには

1.小地域集計する「エリアをつくる(指定する)」
2.統計データの作成で「高齢者率と18才未満同居率」を選択
3.地図上に表示する
の3ステップで可能です。

市域でなく、小学校区内の自治会単位などより狭い範囲での集計が可能です。
実際の操作は 小地域集計する「エリアをつくる(指定する)」から説明します。

jSTAT MAPで平成22年度と12年度の高齢者率と18才未満同居率を地図化 はじめに
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化1 エリアの作成
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化2 統計データの作成と地図化
jSTAT MAP 高齢者率と18才未満同居率を地図化3 データのエキスポートと活用