CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月27日

「NPOの労務〜基礎編〜」開催報告

日時:2019年3月15日(金)13:30〜16:30
会場:山口市男女共同参画センター 2階 視聴覚室
講座名:NPO事務局基盤強化セミナー「NPOの労務〜基礎編〜」
参加者:19名(県内各地域のNPO法人、任意団体、中間支援組織など)
講師:村上 智宏さん(特定社会保険労務士・行政書士 村上労務経営事務所)

講師.jpg

この講座では、団体が人を雇ったとき、必要な手続きについて
厚生労働省などが発行している資料を見ながら、
押えておくべきポイントを説明していただきました。

以下、雇用する際の手続き等について参考になるリンク先を紹介します。


【労働保険】
厚生労働省HPより「労働保険の成立手続はおすみですか」

厚生労働省HPより「平成31年度 雇用保険料率」

厚生労働省HPより「年度更新申告書の書き方」

厚生労働省HPより「雇用保険事務手続きの手引き」(平成30年8月)


【社会保険】
日本年金機構HPより「厚生年金保険・健康保険制度のご案内」

全国健康保険協会(協会けんぽ)HPより
「平成31年3月分(4月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額」


【労働基準法】
厚生労働省HPより「モデル就業規則について」

【その他】
厚生労働省HPより「平成30年度雇用・労働分野の助成金のご案内(簡略版)」


会場.jpg


特に、就業規則について深く掘り下げられ、
・10人以上の労働者(パートを含む)がいる場合は必ず作成して届けなければならない。
・10人未満の事業所でも労使間でトラブルを避けるためにも作成されておいたほうがよい。
・作成される場合には、団体(法人)ごとではなく、事業所単位で必要。
・作成した就業規則は、労働者に周知して初めて効力が発生する。
など基本的なことから、モデルの就業規則を使用して、
必ず記載しなければならない事項や、ルールを定める場合に記載する事項について
ひとつひとつ丁寧に説明していただきました。

参加者からは、
・今さらというような基本的な事を誰にも聞けず、
何となく処理してきたところが多かったので、とてもよい機会となった。
・より詳しく(社会保険料の支払い方など)理解できた
など、普段の事務手続きについて、改めて再確認・見直すきっかけができたようです。

雇用に関しては、保険料額など毎年チェックが必要であったり、
働き方改革法案成立により、2019年4月以降、
法改正に適した労務管理が求められます。

労務に関して、個別に専門家に相談したい場合は、
無料の定例相談会をご活用ください。
posted by ほしちゃん at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック