CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月24日

第2回 YY(わいわい)カフェを開催しました!テーマはボランティア!

ぴかぴか(新しい)第2回YY(わいわい)カフェ
ボランティアでつながろう!クリスマス交流会

■日時:12月22日(金)13:30〜16:00
■場所:やまぐち県民活動支援センター 交流コーナー
■参加:内訳( )内が人数
 任意団体(5)、NPO法人(認定含む)(4)、コミュニティ(3)、
企業(2)、中間支援団体(1)、個人(1)、就労支援団体(お菓子)(1)

DSC05858.JPG
ボランティアをテーマに第2回YYカフェ(意見交換会)を開催しました。
さまざまな所属・分野からのご参加があり、飛び交う意見も多岐に渡り、
賑やかな意見交換会となりました。

会場にはなぜかダーツがexclamation×2

DSC05889.JPG
実は、障がいを持つ方や、車いすの方、子どもからお年寄りまで、
老若男女問わず誰もが楽しめるスポーツとしてダーツを取り入れていらっしゃる
団体より、ダーツ体験コーナーも設けていただきました。
ダーツというツールを通して、自団体の活動をより広く知ってもらおうという
活動の一環として紹介披露されました。県の「あいサポート」にも認定され、
県庁での認定式の様子がTV放映されたばかりだそうで、嬉しいご報告もありました。
YYカフェの始まる前に参加者の皆さんと楽しくダーツ体験しました。

事業所に出かけなくても支援できる、
支援のカタチ、
「そこの商品を買う」という行為。


カフェのお菓子は、就労支援事業所で販売されているワッフルやラスクをご用意しました。
とても美味しいと好評でした。
いろいろな支援のカタチ、センターでも機会を逃さずご紹介して行けたらと思います。

受付時間の間にもクリスマスの雰囲気がイイ感じで盛り上がってきました。
テーブルにはセンタースタッフMの得意技(??)の1つである、
天然素材を使ったクリスマスリースなどで
テーブルコーディネートさせていただきました。準備から楽しんでます。
DSC05887.JPG
まず、自己紹介では所属と名前、特技を書いてもらい、全員発表しました。
「特技」については、ご自分の得意分野はもちろんのこと、
笑顔、誰とでもしゃべれる、どこでも寝られる、食べること、エトセトラエトセトラ・・
とても楽しくお話いただきました。

ひらめきこの「特技」、実は、ボランティアにも繋がっていきます!
詳しくは後ほど♪


ボランティア受入団体として、2団体が体験談を披露。
ボランティア募集の際の手法やツールも詳しく話され、
参加者の共感や疑問も交え、本当にさまざまな意見が出ました。
例えば、「ホームページでの募集について、どうしてそんなに応募があるのか?気をつけていることは?」
との具体的な質問に対し、「どうして応募してきたかは募集側も実は、理由がよく分からない。
ただ、HP上の文言(コメント)や、SEO(検索エンジン対策)はかなり意識している。
キーワードもポイントになっているのでは?」との回答。
会場内に「SEOとは?」の空気を察し、ITに詳しい企業の方から「〜のことです。」との専門知識を活かした発言も出て、
募集する側の広報手段、その内容にまで詳しく話が及びました。

介護施設でのボランティア募集担当者からは、「ボランティアに来ていただく」という視点に重きを置かれ、
ボランティアする側の立場に立って丁寧な対応をされている様子がうかがえる内容でした。

ボランティア募集側と、ボランティアする側、
双方が気持ち良く活動するための人間関係と環境が
いかに大事ということを改めて会場内で認識し合えました。目
かわいい

失敗談やもう少し工夫が必要だったな、という観点からもお話しされ、
そこからの改善点、気をつける点も見えてきました。
DSC05868.JPG

その後も
立場の違いを超えた貴重なご意見がわんさか出てきます。
話の内容は広がるばかり、その内容もどんどん濃くなってきます。
ボランティアがテーマなので話の
枝葉がぐんぐん伸び、さあ、これからどうまとめていこうかと、
思っていたところに、

「ボランティアを
どのようにして集めているのか?
募集しようにも情報が少ないのでどうしたらよいのか?」
との質問がありました。


HP、FB、ブログ、ツイッター、などSNSを活用してどんどん情報を集めていけそうですが、
実際のところは、どんなボランティアさんが存在するのか、ボランティアさんに何を求めているのか?
自団体のHPなどから情報発信をしていても、自分の団体を見つけて、知ってもらわなければ、
そもそもの募集にならない。。。
そこで!パンチボランティア先を探して、ボランティアする場所・内容の情報が
たくさん集まっているツールをご紹介しました。

「あいかさねっと」 ご存知でしたか?


DSC05871.JPG

正式名称は、やまぐち社会貢献活動支援ネット。
ボランティア情報を集めて、ボランティアする側、ボランティア募集する側の両面から、
皆さんのボランティアへの意欲を応援する、山口県が運営するマッチングサイトです。
ボランティアする、したい、して欲しい、という方々へツールの1つとして、
「あいかさねっと」へのアクセス方法・活用法をご説明しました。

ネットで「山口県 スーパーネット」を検索した後、
あいかさねっとへ簡単アクセス出来ます。



自分(団体)の得意分野、ボランティアする内容、メールアドレスなど基本情報を入力して、
IDとパスワードを設定。
マッチングの場合、すぐにメールが届くシステムになっています。

県ではボランティアしたい方と、ボランティアを募集する方を
お繋ぎするボランティアバンクとして、「あいかさねっと」へのたくさんの登録を呼びかけしています。
この機会にぜひ「あいかさねっと」へのご登録もご検討ください。

また、現在センターの交流コーナーでは、センター蔵書のうち、
ボランティアのノウハウやツールに関する記事が掲載されている
冊子などを展示中です。そちらもどうぞご覧になってご活用ください。

交流コーナー写真.jpg

師走のお忙しい中、ご参加ありがとうございました。
みなさんのあたたかい心がボランティアにつながると思います。
ボランティアのプレゼントを待っている人たちのために
これからもご活躍をお祈りしています。
posted by ほしちゃん at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1327258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック