CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
山口県内活動団体のブログ
(山口県県民活動スーパーネットに登録されてる団体のみ)
※ブログを開設している団体は、センターまでお知らせください!

2019年03月08日

「NPO法人会計基準のキホンと活動計算書の作成」開催報告

今年度のNPO法人会計講座は、長門と山口の2会場で開催しました。
山口会場においては、開催2週間前に定員に達したため、
申込みを締め切るという大盛況の開催となりましたグッド(上向き矢印)

講師は、岡山NPOセンター NPO事務支援センター長の加藤彰子さん。

DSC07241.JPG

初日の長門市は、昨年9月に開所したばかりの「長門市しごとセンター」で開催。
参加者は、主に長門、萩で活動している13法人(設立を検討中の団体を含む)、19名。

2日目の山口市会場には、山口、宇部、下関、周南など県内各地から、
14法人(申請中の団体含む)22名の参加がありました。

まずは、NPO法人として基本的なことのおさらい。

NPO法では、役員名簿や定款等、常時備え置かなければならない書類と、
作成された日から起算して5年が経過した日を含む事業年度の末日まで
備え置かなければならいない事業報告書等があります。
これらは、NPO法人のすべての事務所に備え置くとともに、
社員(正会員)や利害関係者から閲覧の請求があった場合には、
正当な理由がある場合を除いて、閲覧させなければなりません。
(NPO法第28条)

【常時備え置かなければならない書類】
@最新の定款
A最新の役員名簿
B認証書(設立時の認証書含む)
C最新の登記事項証明書


【5年間備え置かなければならない書類】
@ 事業報告書(様式自由。写真などもOK)
A 活動計算書
B 貸借対照表(公告の必要あり)
C 財産目録
D 10名以上の社員名簿
E 前事業年度全員の役員名簿
(年度途中から役員、年度途中で辞任した人も含む)

※法人設立後、上記の書類を作成するまでの間は、
設立認証申請時の事業計画書、活動予算書、設立時の財産目録を備え置きます。

これらの作成した書類はプリントアウトし、
閲覧時にいつでも見せられるように、ファイリングしておきましょう。

NPO法人の閲覧書類は、内閣府ポータルサイトに掲載されていますので、
ご自分の法人の情報を、是非、ご確認ください。

DSC07253.JPG

さて、ここからは本題。
◆「NPO法人会計基準」とは?
・財政状況を分かりやすく伝えるための会計のルール
・法人皆が同じ方法で作成することにより、比較が可能に。
 (自法人の過去と現在。同業他団体との比較など)

◆「活動計算書」からわかること
・法人の規模。
・その年にいくら収益があって、いくら使ったのか(費用)。
・何に使ったのか。(事業費の内容に注目)
・人件費の支払い。
【ポイント】
@ 書式が決まっている(3列表示)
A 費用は「事業費」と「管理費」に分ける。
そしてそれぞれを「人件費」と「その他経費」に分ける。
B 勘定科目も決まっている。ないものは追加。
C 事業収益の科目は、定款の事業ではない。(明瞭、簡潔に)
D 0円の科目は記載しない(人件費の場合は0円でも記載)
E 合計があっているか確認する。

◆「貸借対照表」からわかること
・「資産の部」−「負債の部」=正味財産(利益の累計額)
・資産に対して負債が多くないか?
・役員からの借入金。
【ポイント】
@ 「資産の部」…「流動資産」と「固定資産」に分ける。
A 「負債の部」…「流動負債」と「固定負債」に分ける。

◆「財務諸表の注記」
・重要な会計方針は必ず最初に記載。(法人が選択した会計方法)
「財務諸表の作成は、NPO法人会計基準(2010年7月20日 2017年12月12日最終改正 NPO法人会計基準協議会)によっています。」
   ↑
この2行を書いたからには、NPO法人会計基準に則った書類を作成しましょう。
以下のうち該当する項目は、必ず注記すること。
@ 事業費の内訳または、事業別損益の状況(任意だけどオススメ)
A 施設の提供等の物的サービス、ボランティアによる役務提供の内訳(任意)
B 使途等が制約された寄付金等の内訳
C 固定資産の増減内訳
D 借入金の増減内訳
E 役員及びその近親者との取引の内容

◆「財産目録」
・貸借対照表を詳しくしたもの
・NPO法人会計基準では、貸借対照表の附属明細的位置づけだが、
NPO法では作成が義務づけられている。(事業報告書類)

お話の後、実際に活動計算書と注記を作成してみる練習問題に挑戦。

参加者からは、
・注記のことを初めて知った。今年度の会計報告で作成したい!
・活動計算書を改めて見直して、完璧な活動計算書を目指す!

など、とても前向きなお声をいただき、講師の加藤さんも大変喜んでおられました。

DSC07254.JPG

会計は日々の記録がとても大事です。
4〜3月の事業年度の法人は、
これから事業報告書の作成で忙しくなると思いますが、
わからないことがあれば、是非当センターまでご相談ください。

また、もう少し専門的なことを聞いてみたいという方は
専門家に聞く定例相談会も随時実施しております。
相談料無料で個別に相談に乗っていただけますので、
こちらもどうぞご活用ください。

2日間、講師の加藤さんには大変お世話になりました。
参加者のみなさん、ご参加ありがとうございました。
posted by ほしちゃん at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから報告

2019年03月06日

【ご案内】利用者意見交換会 NPOとインターネットの情報発信

今年度事業のまとめや、次年度の計画に、大忙しの3月。
そんな中、センターでは、今年度の情報発信を見直してみよう!
ということで、意見交換会を開催します。
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/kokai/boshu/boshu1_d.php?no=5367

◆日時 3月29日(金)14:00〜16:00
◆場所 やまぐち県民活動支援センター 交流コーナー
◆参加費 無料
◆定員 15名
◆対象 NPO、地域づくり関係者、センター利用者、情報発信に関心のある方など、どなたでも

ブログ、Facebook、Twitter、LINE・・・みなさん活用できていますか?
「これがよかった!」「こんなことが困る」「これって大丈夫?」など、
わいわい語り合いましょう。

また、SNSを利用する際のポイントや注意点を、センタースタッフがお教えします!
お茶を飲みながら、気軽におしゃべりしましょう♪

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/kokai/boshu/boshu1_d.php?no=5367
posted by ほしちゃん at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから告知・PR

2019年02月27日

【定員に達しましたので締切りました】NPOの労務〜基礎編〜

【定員に達しましたので締切りました】

お待たせしました。
予告しておりましたとおり、『労務について知りたい。』『人を雇うのに必要なことは?』
そんなNPOスタッフのための労務の基礎講座を開催します。

こんなことにお困りではありませんか?
・人を雇うときにどんな手続が必要?
・月1時間だけ働く人にも労災は必要?
・雇用保険に入れるのは誰?
・最低賃金法?
・有給休暇、社会保険加入についてどう対応する?
・役員報酬と給与の違いは?
・就業規則はどうつくればいい?

NPO法人や任意団体であっても、人が仕事すれば労働法との関係が始まります。
常勤・非常勤スタッフ、ボランティアなど、さまざまな働き方が存在するNPO。
基礎的なことを確認し、働きやすい職場環境、スタッフの定着や人材確保につながるような労務マネジメントについて、一緒に学びましょう。

講師:村上 智宏さん(村上労務経営事務所代表、特定社会保険労務士・行政書士)

◆日時 3月15日(金)13:30〜16:30
◆場所 山口市男女共同参画センター 2F 視聴覚室(山口市中央2-5-1)
◆参加料 無料
◆対象者 NPO、コミュニティ団体、中間支援センタースタッフなど
◆定員 20名程度 団体から複数でのご参加をおすすめします。
◆申込み FAX、Eメール、または電話でお申込ください。
◆問合わせ先 やまぐち県民活動支援センター
住所 〒753-0064 山口市神田町1−80 防長青年館(パルトピアやまぐち)2階
TEL 083-934-4666
FAX 083-934-4667
Eメール yamas@mbs.sphere.ne.jp

今回の会場は、いつものパルトピアやまぐちではありません。
お間違えのないようお願いいたします。
年度末の忙しい時期ですが、みなさんのご参加をお待ちしています。

チラシ・参加申込書は、こちらをご覧ください。
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/kokai/boshu/boshu1_d.php?no=5365
posted by ほしちゃん at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから告知・PR

2019年02月26日

【ご案内】今話題のSDGsって何!? カードゲーム[2030SDGs]

暖かい日が続いていますね。みなさん、いかがお過ごしですか?
3月、それは事業年度末。どこも気ぜわしい日々が続きます。
センターの3月も、、、セミナーが続きます!
今話題の、SDGsについてセミナーを開催します。
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/kokai/boshu/boshu1_d.php?no=5363

最近、よく見聞きする「SDGs」。
気になるけどわからない、そんな疑問を解消するためのセミナーを開催します。
カードゲームを通して、SDGsの世界について理解を深めましょう。

◆日時 2019年3月23日(土)11:00〜17:00(昼食休憩あり)
◆場所 パルトピアやまぐち(防長青年館)3階 中ホール(山口市神田町1-80)
◆内容
「SDGs」気になるけどよくわからない、自分には関係ないと思っている方も多いかもしれませんが、わたしたちの日々の暮らしと密接なつながりがあります。
地域の生活と経済を支える中小企業が地域に存在し続けるために、市民が生活するために、どのような取り組みが大切なのか?それがあることによってどんな変化や可能性があるのか?
2030年までの道のりを疑似体験することにより、「SDGsってそもそも何?」「なぜ必要?」といったSDGsの本質を学ぶことができるセミナーです。

講師:2030SDGsカードゲーム公認ファシリテーター 石本貴之 氏(特定非営利活動法人新潟NPO協会 事務局長)

◆参加料 無料
◆対象者 企業・行政・NPO・自治会・学生・市民など(SDGsに関心がある方ならどなたでも)
◆定員 40名(先着順)
◆申込み 3/19(火)必着 月曜日休館 
FAX、郵送、Eメールでお申込ください。
Eメール件名は「SDGsって何!?参加申込」としてください。
◆その他 駐車台数に限りがありますので、公共交通機関の利用や、乗り合わせでのご参加をお願いします(パルトピア外壁工事中につき)。

参加者の振り返りに時間をとっています。
お時間がない方は16時までの参加でも大丈夫です。
日々の暮らしとSDGsのつながりを見いだしてみませんか?
ぜひご参加ください。

参加申込書は、こちらをご覧ください。
http://www.kenmin.pref.yamaguchi.lg.jp/kokai/boshu/boshu1_d.php?no=5363
posted by ほしちゃん at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから告知・PR

2019年02月08日

【ご案内】コミュニティ学習会 地域を動かす未来づくり塾

みなさん、こんにちは。2月は逃げるといいますが、早8日。はやいはやい。
随分とお待たせしましたが、大変要望の多かったコミュニティ学習会の開催が決まりましたのでご案内いたします。

住民アンケートの分析とフカボリで地域の未来を描く 
地域を動かす未来づくり塾

【日時】2019年3月22日(金)13:00〜16:00
(質疑等は16:00〜17:00)
【場所】山口県商工会館6階大会議室(山口市中央4丁目5-16)
【対象者】地域づくり協議会などコミュニティ機関、行政機関、中間支援組織、地域づくりに関心のあるNPO、個人など

地域づくり自治組織で住民アンケートをとった後、「○○は何%でした」という事実で報告することで止まっていませんか?
「集計結果から地域のどんな状況が見えてくるか」分析・深堀りし言語化することで、事業の整理や改善、新たな事業づくりにいかすことができます。

地域内で中学生以上全住民アンケートを実施する際のプロセスや内容、設問設計、集計結果の読み取り方や実施後の展開など、全国の事例を用いて事例とともにそのノウハウをお伝えします。

講師:斎藤主税(さいとうちから)さん(NPO法人都岐沙羅パートナーズセンター事務局長)

すでにアンケートをとったけれど地域づくりへの活かし方が分からない、今からアンケートをとることを検討したい地域へおススメです。

詳しくはこちらをご覧ください♪
posted by ほしちゃん at 17:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | センターから告知・PR