CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

新老人の会・北竜町(北海道)

2011年2月から、82歳でブログに初挑戦。日々の新老人生活をつづっていきます。


プロフィール

干場一さんの画像
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
カテゴリー
最新記事
コメント
みき子
郵便局杯争奪パークゴルフ大会 (09/19) 美紀子
会長杯パークゴルフ大会 (05/06) 山本富美子
新老人の会北海道支部 (09/02) 小林弘道
新老人の会北海道フオーラム (08/10) 小林弘道 札幌
新老人の会北海道フオーラム (08/09) 柏葉  明
日野原会長パークゴルフに挑戦 (08/02) 柏葉  明
日野原杯争奪パークゴルフ大会 (07/23) 島田 洋子
日野原杯争奪パークゴルフ大会 (07/22) 島田 洋子
新老人の会北海道支部事業 (07/04) 札幌 小林弘道
ひまわり大学 (06/18)
リンク集
月別記事
http://blog.canpan.info/hoshiba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hoshiba/index2_0.xml
原子力発電に思う [2011年12月24日(Sat)]
原子力発電に思う



平成23年3月11日発生の東日本大震災の被害に日本国中の総べての人を悲しみのドン底に落としいれた地震の発生と津波の為に死者15000人余,尚今も5000人の行方不明者があると聞いています。 加えて原子力発電所の事故による核被害者が毎日増加発生が危惧されている現実です。
その後国及び関係機関が復旧とその後対策に万全の対策に努力されている。。。。。
その中で特に気になる原子力発電事業に係る件福島原子力発電所の甚大なる被害発生でのその後の對応です
国内の原子力発電所の総てが再点検中にありますが再稼働に向っているところがあります。
福島原発の災害の中でその発生原因追究と対策で未だ解明されていない部分が沢山あり、その詳細についても国民に知らされていない事が多く国民が一番心配している処であろます。

この様な中で再稼働を申請されている会社もありますが百パーセント地震にも津波にも安全ですか。
20000人の犠牲者が生命の危険を体感したのですこのことが仕方のない事と片付けられる事ではないと。
電気のコストと命の重さを充分意識すべきこと。。。。国政も事業者も地元関係者(補償対象地域)だけでなく国民全員で百パーセント安全に留意し関心を持つべきと思いますが皆さんの思いはいかがですか・・・・・・・・
新老人の会お話交流会 [2011年12月18日(Sun)]
新老人の会お話交流会


お互いに気軽に話し合える機会をとの会員の声で開催されているお話交流会第41回目を平成23年12月15日午後1時30分、かでる2・7、10階の会場に15名の会員が出席「平成23年の出来事」と題して柏葉会長の司会で卓話者、民 亮一さんから平成23の出来事を、国内政治、国際外交、経済金融、スポーツ文化科学、災害事故事件、北海道内、有名人の訃報、と今年の漢字「絆」それぞれ主な説明があった事項を参考に出席会員からの今年1年の出来事発表

小林ー福岡の婦人の戦争体験記を
    3・11の東日本大震災
松野ー米寿の年、 春大病を克服
    ベースメイカーを入れてから富士山登山7回
鈴木ー89歳を迎えて フィリピンでの戦争体験
蛯沢ー療養に専念の1年
     親戚の東日本の震災相遇
     友人の死亡
鈴木ー80歳で食糧不足と挺身隊参加の戦争体験
干場ー日野原会長百歳記念ジャンボリー大会参加
     親鸞聖人750回忌法要参加
細川ー東日本大震災
     開戦、終戦の戦争体験
須貝ー歩行困難との闘い
    日野原会長ジャンボリー大会参加
    親鸞聖人750回忌法要参加
岩本ー84歳 10人兄弟の消息
    現役時代の税務事務
    孫の結婚式
    慢性膵炎との闘い
横田ー92歳 終戦時外国から引き上げの苦労
野呂ー可もなし不可もなしの1年
     年賀状欠礼の反省
     東日本大震災
高橋ー原発事故えの思い
司会ー皆さんの今年1年を聞いて感激しています。新しい年の幸福を祈念し解散。


年賀状 [2011年12月12日(Mon)]
年  賀  状


師走の刻を迎えました。
毎年必ず行う年中行事のトップ、年賀状交換、新年を寿ぎ、お互いの健康、消息を確認し合う事で何処の家庭も日本の風習として永年実施をしていると思う。
年賀状の宛名を書きながら新らためてその人との想いでに浸りながら,また消息を想像しながら過去を振り返えっている。
年頭に配達された年賀状を拝見し近況の確認と家族の様子を知りびつくりしたり安心をすることが出来る。
短い文面での年賀状の交換ですがその目的とされる年賀の挨拶、家族、友人、仲間の近況確認をしながら昨日逢った人何拾年も面接していない人の過去の想い出を再現し自分のv生活のカテとして大切にしています。
私ことですが職業現役時代は600通の年賀状でしたが現在の住所録では300通に減じました
年賀状の交換については10人10色それぞれの人が各人各様考えが変わりますが私は名刺を交換を交わした人総てを基本とし、中止は相手方に従う事としまいりました。
当初は総べて毛筆の手書きでするものとしてきました。その後プリント技術の普及があり印刷に変わりましたが宛名だけはぜひ毛筆と考えて実行してまいりました。
先日の道新の「いずみ」欄に百歳の婦人の方が今も尚年賀状を毛筆で記している記事を拝見し感銘いたしました。
元旦の朝郵便局員さんから受け取った年賀状をT枚毎名前(家族)住所を確認しながら想い出をたどり変わりのない事に幸せを感ずる一時で年賀状の最大の目標に満足の一日を送っているわたくしです



投函を待つ年賀状。

新老人の会会員の集い [2011年12月04日(Sun)]
新老人の会北海道支部会員の集い


新老人の会北海道支部平成23年度最後の行事第6回会員の集いが平成23年12月3日札幌パークホテル パールルームに72名の会員参加を得て午後0時30分野呂事務局長の司会で
方波見会長の開会挨拶に続いてミュージックタイム。
今回は和ハーモニー音楽療法療法研究会理事長中山ヒサ子さんのコーデネーターで独唱鈴木孝柱さんフルート林加奈子さんギター金田聡さんピアノ中嶋真由美さんのメンバーで開催
1)冬によせて
 冬ーフルート「林さん」紅と雪のバラードーデュエット「鈴木さん中山さん」チムチチェリーーピアノ連弾「中嶋さん中山さん」
2)ギターソロ
 タンゴ、アン、スカイー[金田さん」
3)ギターとフルートのユニット
 ボアーデル1900 シシリエンヌ アルルの女 私のお気に入り以上4曲をギター「金田さん」フルート「林さん」のユニットで
4)川の流れのようにーカチューシャーミルー見上げてごらん夜の星をー上を向いて歩こうー鈴木さんの独唱ほかで
約1時間の演奏ですっかり音楽に酔いしれた後パーテイに入る
パーテイ
全員飲み、歌い、食べ、笑い、語り合い思い切り楽しい一時の中で石林会員「百歳」元気な歌の披露もあり思い出の多い会合になりました。
最後に「今日に日はさようなら」を全員で合唱して解散。
尚和ハーモニー音楽療法研究会は2004年日本音楽療法研究会に認定登録され、特別顧問に日野原会長が就任しており、北海道よりN,O、P法人として認証されております。
会は和を尊び協調して学び合い音楽療法の普及、実践の研究を行っています
今後ともよろしくお願いいたします。


会長開会挨拶