CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

新老人の会・北竜町(北海道)

2011年2月から、82歳でブログに初挑戦。日々の新老人生活をつづっていきます。


プロフィール

干場一さんの画像
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
カテゴリー
最新記事
コメント
みき子
郵便局杯争奪パークゴルフ大会 (09/19) 美紀子
会長杯パークゴルフ大会 (05/06) 山本富美子
新老人の会北海道支部 (09/02) 小林弘道
新老人の会北海道フオーラム (08/10) 小林弘道 札幌
新老人の会北海道フオーラム (08/09) 柏葉  明
日野原会長パークゴルフに挑戦 (08/02) 柏葉  明
日野原杯争奪パークゴルフ大会 (07/23) 島田 洋子
日野原杯争奪パークゴルフ大会 (07/22) 島田 洋子
新老人の会北海道支部事業 (07/04) 札幌 小林弘道
ひまわり大学 (06/18)
リンク集
月別記事
http://blog.canpan.info/hoshiba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hoshiba/index2_0.xml
パークゴルフの一年 [2011年11月16日(Wed)]
北竜町パークゴルフの一年

3月下旬の融雪剤散布に始まった本年のパークゴルフば整備
平成23年3月22日の北竜町パークゴルフ協会の総会で決定したスケジュールに基ずきオープン待ち、5月3日の会長杯大会に始まり協会が主催した大会19回の他
第17回J、A、Lカツプ全日本選手権大会が全国から選抜された選手618名「男392名女216名」参加による全国規模の大会、日野原会長百歳記念全道大会が開催されました。
N、P、Oひまわり大会2回、サンフラワーパーク感謝大会4回、夢食堂大会2回と数多い大会参加者1862名がそれぞれの大会優勝を目指して激しい競技を闘いました。
ひまわりパークゴルフ場に利用者21、930名「昨年比1214名増」内シーズン券5,082名利用料合計7,669,780円の実績を残すことが出来ました。

パークゴルフは子供から老人まで総ての人が楽しむ事が出来、ゲームを通じて体力つくり、人の交流に併せて新しい仲間つくりそれぞれの組織内での親睦等その結果が喜ばれています。
特に本年は全国大会、全道大会の開催で多くの技術の高い人が集まり地域の技術向上に貢献され地元の人も大変満足出来た年であったと思います。
又大会の為のコース造りに関係者が精進し自慢の出来るコースになり将来を楽しむ事が出来ると思います。
来年度もひまわりコースが全国的に有名になり数多いゴルファーが)北竜町に来て戴けることを祈念致します。
コース管理に精進戴きましたN、P、O関係者の皆さん、各種大会に参画されお世話戴きましたP。G協会関係者の皆さんに心から感謝申しあげます。
コースクローズ大会 [2011年11月07日(Mon)]
北竜ひまわりパークゴルフ場コースクローズ大会


平成23年度の北竜町パークゴルフ協会の事業計画42件日本選手権、外の大会、研修会が4月28日ひまわりパークゴルフ場のコースオープンから11月6日のコースクローズ迄数多い道外道内の愛好者に好かれたコースとして昨年を大幅に上廻る人数がゲームを楽しむ事が出来ました。
パークゴルフを通じて親しく交流する友も沢山増えたことでしよう。
平成23年11月7日会員男子36名女性11名合計47名の参加を得て最後の大会を開催
成績は次の通り
 男 性 の 部
  優勝  田中 盛亮   106    6位  川上 博章   117
  2位   竹林 孝夫   109  7位   谷本  明   117
  3位   四辻  進   115   8位   川島  巧   118
  4位   中山六三郎  116   9位   川島  武   118
  5位   青木 哲郎   117  10位  山本 俊章   119
 女 性 の 部
  優勝  小林フミ子   117    6位  干場 俊子   124
  2位   大路恵美子  119    7位  森  きり子   127 
  3位   川島 景子  121    8位  時永恵美子   129 
  4位   田中 末子  123    9位  青木 悦子    132
  5位   四辻 明子  123    10位 北島喜代美   143

 大会終了後会員の協力を得てネット備品等の片付け完了し解散、完全クローズ致しました。





人 と 縁 [2011年11月03日(Thu)]
人  と  縁

諺「縁は異なもの味なもの」何時 何処を問わず人の縁は発生する機会は沢山ある
社会生活の中で発生する縁  趣味を通じて・・・・旅行中に・・・・行事の中で・・・・昔馴染み
42年の公務員生活定年退職をして、これからの人生を考えて一人でも多く交流をすることが基本に先ずゲートボール同好会に加入し併せて永年お世話になった皆さんに御恩返しのため子供から老人の皆さんが楽しめるパークゴルフの普及をと思いコースを造成し仲間を集めて同好会を作りました。
その後交流を進めながら知識向上をのため地元老人クラブ・道立北海道老人大学・全国組織、新老人の会に加入し各団体の活動でパークゴルフ同好会によって交流をしてまいりました・
この度宮城県気仙沼市の千葉さんからお便りを頂戴しました、その縁は千葉さんがパークゴルフの愛好者でN・P・G・NEWS「日本パークゴルフ協会会報」の愛読者です、
平成23年9月1日発行の4号紙面に投稿した私と日野原会長とがパークゴルフに参加した記事「日野原会長が東北大震災のお見舞いに気仙沼しへ」。北竜町雨竜町で開催の日本パークゴルフ選手権大会で優勝し萩さんとの出会い等数多い縁の繋がりで生まれた縁結びを感じました。  袖すり合う縁であってもこの縁を大切にしなければ何もなかった事になる。大切にする人をすばらしいと思います。
お便りの中で東日本大震災がもたらした気仙沼市の被災状況、千葉さんが津波が押し寄せ学校の三階で闘った一夜の記録を拝見し心からお見舞い申し上げます元気をつける事が出来れば幸いと感じました。
これからパークゴルフを通しての交流・北海道と宮城県-気仙沼市と北竜町との永い交流
最後に千葉家と干場家の交流を祈念いたします。

贈りいただきました 東北復興 ゆめ多幸鎮 オクトパス君