CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

新老人の会・北竜町(北海道)

2011年2月から、82歳でブログに初挑戦。日々の新老人生活をつづっていきます。


プロフィール

干場一さんの画像
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
カテゴリー
最新記事
コメント
みき子
郵便局杯争奪パークゴルフ大会 (09/19) 美紀子
会長杯パークゴルフ大会 (05/06) 山本富美子
新老人の会北海道支部 (09/02) 小林弘道
新老人の会北海道フオーラム (08/10) 小林弘道 札幌
新老人の会北海道フオーラム (08/09) 柏葉  明
日野原会長パークゴルフに挑戦 (08/02) 柏葉  明
日野原杯争奪パークゴルフ大会 (07/23) 島田 洋子
日野原杯争奪パークゴルフ大会 (07/22) 島田 洋子
新老人の会北海道支部事業 (07/04) 札幌 小林弘道
ひまわり大学 (06/18)
リンク集
月別記事
http://blog.canpan.info/hoshiba/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hoshiba/index2_0.xml
会員の集い,講演会 [2011年09月16日(Fri)]
第5回会員の集い、文化講演会


新老人の会第5回会員の集い、文化講演会が平成23年9月14日午後1時30分、かでる、2・7ホール520研修室で開催、折角の機会沢山の出席を期待した主催者の意に反し、32名の出席でちよっとガッカリ・

講演は「響け時計台の鐘」と題して文化史研究者 前川 公美夫氏の札幌を歌った時計台の鐘の作曲者高階 哲夫氏について詳細な説明、紹介がありました、
高階 哲夫氏は大正10年3月東京音楽学校本科卒業、大正9年3月同校本科卒業の相沢 ます子と大正11年8月結婚をする、
(高階 哲夫氏は富山県滑川市の生まれで同市に時計台がある)
大正13年2月3日大阪中央で初演 
札幌での初演は大正14年2月14日で高階ます子の独唱

昭和2年3月22日「時計台の鐘」の楽譜出版
レコードの発売は昭和6年 安部 秀子が唄つたもの

その後吹奏楽のための時計台の鐘、  新アレージ曲の時計台の鐘、 テンポのある時計台の鐘等を C・Dにより聴く。

続いて時計台の建築から現在までの歴史について 文化史研究の立場でその移り変わりを高階哲夫氏本人は勿論、氏の姉 子供たちに面接、詳細研究された内容についての説明がありました。

「響け時計台の鐘」と題した本が出版されております是非一読をお奨めいたします。



コメント