CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ホープいばらきのぶろぐ
茨城NPOセンターコモンズが立ち上げた災害ボランティアチームです。
東日本大震災を受けて茨城県内及び福島県いわき市などの被災地を中心に
ボランティアによる支援活動を行っています。

« 11月6日パオ広場と映画祭 | Main | ホープいばらき活動報告会を実施します! »
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
いばらきでも除染してみっが!![2011年11月09日(Wed)]
こんにちは。
ホープいばらき事務局の小野村です。

事務局より、水戸市での除染活動のお知らせです。
興味のある方がいましたら、ぜひご参加ください。

!注意! 除染活動を行う際にガイドラインを設けていますので、
       よくお読みの上、ご参加ください。



●活動趣旨●  
    福島県では、自治体、任意団体、個人などさまざまな形で除染活動が行われています。
   また、その方法も、土を削ったり、高圧洗浄器を使ったり、植物や微生物を使ったものまで
   さまざまです。これが、最も有効だという方法が見出されておらず、試行錯誤しながらとい
   うのが現状です。ですが、やらずに放置したままにするよりは、やって身の回りから少しで
   も放射性物質が少なくなれば、被ばくのリスクを減らすことができるのも事実です。
    また、この除染の問題は、私たちの住む茨城県でも向き合っていかなくてはならないこ
   とだと考えています。ですが、除染と言ってもどうしたらいいのか分からないという方も多
   いと思います。そこで、福島県内で除染活動を行なってきた経験のあるメンバーを中心に
   茨城県内でも除染の活動を行うことになりました。

●日時● 平成23年11月23日(水) 10:00〜16:00
               27日(日) 10:00〜16:00

●場所● チューリップのお庭 ※ボランティアで運営している乳幼児の野外での遊び場です。
      水戸市中丸町トチ山535−1

●内容● @放射線の測定 
      A草刈り 
      B放射線の測定 
      C数値の高い所の土を削る
      
      ※刈った草は敷地内に一箇所にまとめます
      ※削った土は土嚢袋に入れ、敷地内に一箇所にまとめます

●実施主体● ホープいばらき ガイガーイエロー隊 * チューリップのお庭の会

●協力● ふくしま除染委員会

●申し込み・問い合わせ● 
認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ ボランティアセンター ホープいばらき 事務局
      〒310−0022 茨城県水戸市梅香2−1−39 労働福祉会館2階
      電話:090−2854−0460
      E-mail: commons.vcenter@gmail.com

●ガイドライン●

    〈参加条件〉
        ◎ 35歳以上の男性 無条件 40歳以上の女性 無条件
        ◎ 35歳未満の男性 40歳未満の女性
        ・ 0.12マイクロsv/h以下の場合参加可
        ・ 0.13マイクロsv/h以上の場合、
          作業場所以外の0.12マイクロsv/h以下の場所にて活動内容の記録、
          作業の段取りなどに限定
        ・ ボランティア保険加入 ※ホープいばらき事務局で加入手続きができます
        ・ 大きな外傷がある場合は不可
        ・ 1回目の除染活動前に事前説明の受講を義務付ける
(内容は活動に関する注意点など)

    〈服装持ち物(個人)〉
     レインスーツorナイロン製のジャンパー、長袖、長ズボン、長靴、マスク、タオル、
     帽子、着替え、ビニール袋、ゴーグル

    〈服装持ち物(ガイガーイエロー隊)〉
     ゴム手袋、腕章、手指洗浄用の石鹸水と水道水、ガイガーカウンター、記録具一式
     高圧洗浄機、角スコップ、デッキブラシ、土嚢袋

    〈注意点〉
     レインスーツなどを着用し作業を行うため、水分補給は頻度を多くする
     水分摂取前は「うがい」を行う。手洗いは流水で(石鹸水があればベター)

    〈活動内容補足〉

    0.12μsv/hを基準にした理由

    0.12×24×365=1051.2  1時間の放射線量×24時間×365日
    1051.2μsv/y=1.0512μsv/y≒1msv/y(以前の一般人の年間被爆限度量)
    空間線量測定値なので屋内にいる時間を考慮して、若干のオーバーは誤差で処理
    ただし活動場所がない可能性があるので 水戸市の平均0.1μsv/hを基準に再設定
    0.1×24×365=876μsv/y 1msv/yまで124μsv/yの余裕があるので、
    1日の活動時間を6時間、現地の線量を1μsv/hと設定
    1回の除染活動で6μsv被爆すると仮定し、
    年間20回まで活動に参加できると規定する。
    ただし10代女性は無条件で0.12μsv/hを基準にし、
    屋内での記録員作業以外認めない。
    10代男性は年間20回の規定を月に1回(年間12回まで)とする。
    35歳未満の男性、40歳未満の女性は年間20回まで。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/hope_ibaraki/archive/52
コメントする
コメント
プロフィール

さんの画像
ホープいばらき
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hope_ibaraki/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hope_ibaraki/index2_0.xml