CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年02月17日

羅心版

はじめまして・・・
高次脳機能障害者家族ピアカウンセラーの佐々木智賀子です。
初めてブログを書いております。
今後は私の日々を皆様にご報告していければと思っておりますので
どうぞ宜しくお願いいたします。
先日、1月16日(土)は 仙台市医師会館で
宮城県高次脳機能障害研修事業 広域研修会が行われました。
講師の先生は国立成育医療センター リハビリテーション科 医長 橋本圭司先生でした。
前半2時間は
*「高次脳機能障害の特性と対応方法」
*「高次脳機能障害者の地域生活支援」・・・と題しまして御講演いただきました。
高次脳機能障害をわかりやすくご説明いただき、私にも今日から直ぐに出来そうな
症状別の対応の仕方やリハビリ方法を教えて頂きました。
二時間という長い時間も先生が創り出す空間は本当に楽しく心地よく
大変勉強になるものでした。
後半一時間は公開形式の「羅心版」でした。
ここに私も参加させて頂きました。
以前、羅心版は見せて頂いた事はあったのですが実際に参加させていただき
少し認識が変わりました。
見せて頂いた時には主役の方の為の時間なのかと思ってましたが
実は元気をもらったのは私のほうでした。
誰かの為に何かを懸命に考えることは一見「人の為・・」に感じるのですが
そこには自分自身のことを考える事にも繋がってました。
自分自身を振り返ったり、私もやってみようかな・・・と思ったり
自分だけだとこれまでは考えたこともないような話題を考えることによって
新しい考え方をしている自分自身がいました。
何より楽しい空間からは元気が貰えることを私だけでなく
会場にいらっしゃった皆様もお感じになられたのではないかと思います。
私はあらためて橋本先生のファンである気持を
さらにバージョンアップして更新いたしました。先生、是非また宮城に・・
びすた〜りにいらっしゃって下さいませ。

この記事へのコメント
コメントを書く