CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年12月20日

大崎での高次脳機能障害研修会報告

12月16日、宮城県大崎市にある大崎合同庁舎大会議室にて、
高次脳機能障害研修会「みんながわかりあって生活していくことをめざして」を開催しました。
前日の夜に降った雪が道端や田んぼに残る寒い日でしたが、
当事者の方やご家族、医療関係者や支援者などなど52名の方にご参加いただきました。

内容は、はじめに、当法人の就労支援センターほっぷのパートナーであり、夫が高次脳機能障害であることから宮城県内でピアカンセラーとして活動している佐々木智賀子が「家族として支援者として」と題して講演しました。
妻として、また、支援員としての思いを語り、今回は、中学生の次女が書いた作文も発表されて、父親が高次脳機能障害になった子どもの立場からの思いも語られました。
会場では涙を流す方の姿も見られました。

そして、高次脳機能障害の当事者Nさんがご自分の受傷から現在、将来への思いを講演しました。Nさんは現在、長町遊楽庵びすた〜りにて経理補助として働きながら就労へのトレーニングに頑張っていらっしゃいます。
そして、地元での取り組みとして大崎太陽の村の支援員安藤優仁さんより高次脳機能障害の方の事例を発表いただきました。当事者の方が安藤さんに今日の研修会に託した言葉も発表されました。



参加した方のアンケートに半数の方が記載いただき、高次脳機能障害が身近な問題なんだとあらためて感じたとか、当事者の方の言葉が聞けたことが良かった、今後の支援に結びつけていきたいなど前向きな感想を多くいただきました。

宮城県各圏域での研修会も来年2月の仙台でのイベントを残して、年内は大崎が最後でした。
各圏域で研修会を開催したことで、目に見える成果、そして、目には見えていないけれど、種はまかれたなと感じる成果も含め、予想を超えた成果が生まれています。
何よりも、全地域で直接の人的なつながりが拡大し充実したということが大きな成果でした。
来年の活動にこれをつなげていき、高次脳機能障害の方やご家族、みんなが笑顔で暮らせる宮城にしていきたいと思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く