CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

北勢線の魅力を探る会さんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
http://blog.canpan.info/hokuseisenn/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hokuseisenn/index2_0.xml
最新コメント
最新トラックバック
北勢線と花 [2017年09月15日(Fri)]
員弁町上笠田の休耕電にひまわり我慢かです。
い〜な いなべ!高校生アイデアコンテストで最優秀賞を取った
い〜なひまわりプロジェクト「笑顔があふれるいなべ市」のひまわり畑です。
ひまわり色の北勢線とパチリ
CIMG1349sl.jpg

めがね橋の南阿、明智川の西岸に語り部の山田さんが植えた白い彼岸花が満開です。
東岸の赤い彼岸花はまだまばらでした。
IMG_2804s.jpg
Posted by 近藤 at 22:39
北勢線の魅力を探る会リーフレット [2017年09月06日(Wed)]
北勢線の魅力を探る会リーフレット
170924掲示用 編集版.pdf
Posted by 近藤 at 23:08
全国近代化遺産活用連絡活用協議会桑名大会開催報告 [2017年07月28日(Fri)]
7月26〜27日、全国近代化遺産活用連絡協議会桑名大会開催されました。
1日目は、近代建築の保存と活用がテーマで、六華苑と諸戸住宅についての基調講演とパネルディスカッションがありました。
0726-1.jpg

基調講演「日本の近代化と西洋建築」加藤耕一さん(東京大学)
0726-2.JPG

パネルディスカッション
0726-3.JPG
笠原一人さん(京都工芸繊維大学)と水谷芳春さん(桑名市)

2日目は、鉄道部会の「現役鉄道遺産の保護と活用」をテーマに事例発表とパネルディスカッションが午前中に、午後からは地視察がありました。北勢線の魅力を探る会も事例の一つとして発表しました。
0727-1.JPG

「末広橋梁」葛山拓也さん(四日市市教育委員会)
0727-2.JPG

「関西鉄道の鉄道遺産」稲富正充さん(亀山市まちなみ文化財室)
0727-3.JPG

現地視察は、六華苑、諸戸庭園、諸戸水道遺構、北勢線。
水谷芳春さんの説明
0727-4.JPG

「六華苑新収蔵品展」桑名の鳥瞰図(吉田初三郎)
0727-5.JPG

給水塔
0727-6.JPG

諸戸水道貯水池の説明を聞く
0727-7.JPG

馬道駅から北勢線に乗車
0727-8.JPG

3日目は四日市の現地視察。午前は、潮吹き防波堤、末広橋梁、午後は、あすなろう鉄道。
潮吹き防波堤の模型の前で葛山さんの説明を聞く
0728-1.JPG
潮吹き防波堤
0728-2.JPG

末広橋梁を三岐の貨物が渡る
0728-3.JPG

末広橋梁が開く
0728-4.JPG

あすなろう鉄道日永駅、パステルカラーの車両は二年後には無くなる
0728-6.JPG
内部駅で「四日市の交通と街づくりを考える会」代表上野さんの説明を聞く
0728-5.JPG


Posted by 近藤 at 23:28
全国近代化遺産活用連絡協議会桑名大会 [2017年07月21日(Fri)]
7/27 全国近代化遺産活用連絡協議会桑名大会 2日目で活動発表します。
近代化遺産チラシ表.jpg
近代化遺産チラシ裏.jpg
Posted by 近藤 at 07:41
第29回北勢線の魅力を探る「ぶらくわな 町屋御用水を巡る」 [2017年07月20日(Thu)]
第29回 チラシです。これから各所に後援依頼をします。
第29回チラシ用.pdf

柿安感謝祭(一時掲載)
17.7.30感謝祭チラシ【表】OL.pdf
17.7.30感謝祭チラシ【裏】OL.pdf

Posted by 近藤 at 22:41
第29回 ぶらくわな 町屋御用水を巡る 下見 [2017年07月20日(Thu)]
7月4日(火)第29回の下見をした。
今回のテーマは「町屋御用水」
桑名歴史の案内人、伊藤通敏さんから見どころを説明していただく。
 町屋御用水は寛永3年(1626)桑名藩主松平定行によって作られた上水道です。繁松新田の町屋川(員弁川)から取水し、自然の勾配に従って桑名城下南西の吉津屋御門まで開渠で通され、ここから先へは地中の樋管で城下へ配水していました。
全長約2Kmあり、全国で6番目に出来た水道です。この水道は明治37年に諸戸水道が開通するまで約280年もの間、桑名の町の人々の生活を支えてきました。
 今回は町屋御用水の痕跡を訪ねて、町屋川に残る取水口から終端の七里の渡し場跡までを歩きます。
○西別所駅集合
CIMG1515[1].jpg
○矢田揚水場
CIMG1544[1].jpg
 町屋川下流部左岸地域の農業用水の取り入れ口。現在ではかなり市街化されている桑名市北部の平坦地ですが其処此処にはいまだ農地が残っています。それらを潤す貴重な農業用水です。
○桑名市水道、町屋水源地跡
 昭和3年それまで使用されてきた諸戸水道に替わる水道施設として新たな水道の水源地がここに設置されました。町屋川の伏流水を汲み上げてポンプで上野の浄水場へ送られ、桑名町内へ配水されました。この水源地は昭和42年頃まで使われました。
○町屋御用水取水口
CIMG1569[1].jpg
 町屋御用水の取水口は直接川の表面水を水を取り入れる構造で、取水量を調節するための水門が設けられています。ここからコンクリート製の導水路で堤防と国道258線の下をくぐって創建時の町屋川左岸であったと思われる川成町地内に入ります。
○サンジルシ醸造工場
CIMG1614[1].jpg
 サンジルシ醸造は文化元年(1804)桑名潘の命により「みそ・しょうゆ醸造業」として現在の船場町に創業され、桑名の地場産業として発展してきました。昭和47年現在地に移転、この工場は昭和11年(1936)に東洋紡の製絨工場として開設されました。構内には会社の沿革を記した説明板と会社と郷土の発展に寄与した佐藤信之助氏の銅像が建っています。
本番は、祝日のため休業。残念ながら門の中に入ることはできません。
○御用水親水広場
CIMG1659[1].jpg
 町屋御用水は近鉄とJRの線路を暗渠で抜けると新地地内へ入り、広い道路の真ん中を流れます。護岸は石張りで整備され、ここに水面へ降りられるように階段が設けられ、親水広場になっています。壁面に御用水についての説明板が設けられています。
○新福橋
CIMG1681[1].jpg
 新地は正徳年間(1711〜16)に足軽屋敷として開発された土地で、東海道沿いの福江町から新地への出入りのために町屋御用水に橋が架けられました。新地の「新」と福江町の「福」を採って「新福橋」と名付けられました。
○水車跡
 江戸時代にこの付近に江間四郎左衛門という人が御用水の余剰水を使って水車屋を営んでいたという話が伝わっています。そのため桑名の人はこの付近を水車(みずぐるま)と呼んでいました。
○掛樋跡
 御用水は桑名城の外郭堀に架橋された掛樋(水道橋)で渡って城下へ入り、願證寺の西側を外郭堀に沿って北進していました。ここの町名は現在でも「掛樋」です。
○伝馬公園
CIMG1761[1].jpg
 江戸時代中頃まではここから北側にかけて願證寺という大きなお寺がありました。願證寺は元は長島にあって長島一向一揆の中心となったお寺でしたが織田信長に攻められ廃寺。のちここに再興。しかし高田派への改派について内紛があり再び廃寺となりました。

当日は、時間がかかりすぎるためコースに組み込みませんが、願本寺、天武天皇足洗井、楊柳寺、法盛寺、光明寺も回りました。

CIMG1792[1].jpg
CIMG1789[1].jpg
CIMG1800[1].jpg
CIMG1810[1].jpg
CIMG1854[1].jpg

○新橋跡
 桑名城の外郭堀には防備の関係から当初は城下西北の美濃方面への出入り口である三崎門橋と東海道筋南端の七曲見附の2箇所しか橋は架けられていませんでした。しかし城外の矢田磧や新地にも武家屋敷が設けられると、登城の便のため正徳年間(1711〜16)にこの場所に新たに3番目の橋が架けられました。
○吉津屋御門跡
 東海道が枡形に屈曲しており番所がありました。町屋御用水はこの付近から暗渠となって道路の下に潜ります。

この日は、暑くお腹も空いてきたのでお寿司屋さんでちらしランチを食べて、終了となりました。

後日、春日大社から七里の渡しまでを、一人で歩きました。
○春日神社
CIMG1066.jpg
 正式には桑名宋社と呼び、桑名神社(三崎明神)と中臣神社(春日明神)の両式内社からなります。古来から桑名の総鎮守です。境内に神供用として用いられてきた御前水井があり、市の民俗文化財に指定されています。この井戸の水は水質が良いので明治元年明治天皇が桑名に宿泊の際、御膳水として供されました。
○通り井跡
 下水道工事により東海道の真ん中に井戸の跡が見つかりました。この井戸から道路の下を流れる御用水を汲み上げていたようです。この付近で2箇所見つかっており、目印に「井」と彫った石が填め込まれています。
○七里の渡し場跡
CIMG1070.jpg
 東海道の江戸からの玄関口です。江戸時代はここから熱田まで海上七里を渡る船が出ていました。鳥居は伊勢国に入って最初の鳥居であることから「伊勢一の鳥居」と呼ばれ、伊勢神宮の遷宮毎に建て替えられます。町屋御用水はここが終端で、余水はここで揖斐川へ排水されていたと思われます。
Posted by 近藤 at 21:56
匠の里で甦るナローゲージを訪ねて [2017年07月12日(Wed)]
 6月、桑員3市町の広報誌で北勢線が合同特集されました。
広報くわな6月号
広報とういん6月号
いなべ市情報誌LINK7月号

7月1日、「広報くわな」に応募された方たちと東員駅周辺の「くろがねもーち」、猪名部神社、北大社車庫を訪ねました。

2017_0701-01.jpg
 「くろがねもーち」は社会福祉法人いずみが運営する喫茶・軽食の施設です。店で働く「なかま」も農作業に関わっている地元で生産する米や野菜で作ったモーニングやランチが好評で、この日も野菜一杯のモーニングで腹ごしらえをして出発しました。

2017_0701-02.jpg
 猪名部神社では世話役の方たちが、「夏越」の神事の時に拝殿の前につり下げる茅の輪を作る作業の真っ最中で、また、境内の大楠に産卵、育児するアオバズクを撮影する人たちも集まっていました。宮司さんから毎年4月に渡来するアオバズクのことや、猪名部神社が旧員弁郡最大の岡古墳から明和町斎宮に至る東経136度57分の線上に当たることなど神社の珍しい話を聞かせて頂きました。

2017_0701-03.jpg
 北勢線の車両を3ヶ月毎に点検・修理する北大社車庫では、ちょうど入庫していた車両のふだん目にする機会のない駆動部を見せて頂き、塗り替えの際に車体の傷を鉄板でカバーしたり、既製品がないために手造りの部品で補修していることなど、車両のメンテナンスの苦労話を聞かせて頂きました。
Posted by カァーくん at 09:33
7/1北勢線に乗って、車庫見学と朝の町巡りツアー [2017年06月24日(Sat)]
匠の里で甦(よみがえ)るナローゲージを訪ねて

シンボルツリーから名づけられた東員町にある「くろがねもーち」で、おいしいモーニングを食べて出発。ついで奈良時代、東大寺を建立した大工猪名部百世(いなべのももよ)の先祖が主祭神の猪名部(いなべ)神社を参詣します。そして全国でも珍しい「ナローゲージ」車両の点検・修理が行われている北勢線の車庫の内部を10人限定で見学します。

6-4kitaoyasiroshako.jpg
6-2inabejinja.JPG
6-1くろがねもーち.jpg

【とき】7月1日㈯ 午前8時30分〜正午
【場所】西桑名駅午前8:30集合9:44発乗車→東員駅9:10着→
    9:25くろがねもーちでモーニング10:00→10:10猪名部神社10:30→
    10:45北大社車庫見学11:35→東員駅11:50着、12:02発乗車

【定員】10人(先着順)
【料金】2000円(モーニングとお土産に猪名部ジンジャーエール付)
  電車代は各自
【問・申込】北勢線の魅力を探る会 電話1(プッシュホン)080‐3073‐3313 (近藤)
Posted by 近藤 at 20:09
第29回下見マップ [2017年06月20日(Tue)]
第29回の下見を7月4日(火)に開催。
8時30分、西別所駅集合。
下見マップ⇒ 第29回下見マップ.pdf
Posted by 近藤 at 22:07
第28回報告書 [2017年06月05日(Mon)]
第28回北勢線の魅力を探る報告書
「春深し山里かけるナローゲージ」
第28回報告書3.pdf
Posted by 近藤 at 23:01
| 次へ